トップページ  サイトマップ  運営者情報  リンク集

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 季節の花ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンクをひと押し、応援いただけるとうれしいです。(^o^)
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ



●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。 当サイトに掲載している野花の写真(画像)は、すべてフリー素材写真(画像)として自由にお持ち帰りいただけます。お持ち帰り方法は、写真(画像)のご使用についてのページをご覧ください。
  トップページ  サイトマップ  運営者情報  リンク集

ナズナ(薺)淡雪の白

2008年01月27日 11:00

淡雪_01

写真の撮影地 京都市伏見区日野 (写真をクリックすると、800×599 pixelでご覧頂けます)

 今朝目を覚まして、寝室の窓の外を見るとうっすらと雪が積もっていました。なんだか、うれしくなって顔を洗うのもそこそこにデジカメを持って外へ出てみました。

 同じ京都府でも日本海側にお住まいの方や、北の地方にお住まいの方にとっては、雪は楽しいどころの話ではないとは思いますが、しばらくおつきあいください。

ナズナ_02

写真の撮影地 京都市伏見区日野 (写真をクリックすると、800×599 pixelでご覧頂けます)

 ナズナです。知らない人などおそらくいないんじゃないかと思えるほど、どこにでも生えている野花です。”ペンペン草”、”シャミセン草”などとも呼ばれています。

ナズナ_03

写真の撮影地 京都市伏見区日野 (写真をクリックすると、800×599 pixelでご覧頂けます)

 ”ナズナはもういいよ”、”見飽きたよ”、という方もおられるかもしれませんので、いつもとは違う表情を撮ってきました。

ナズナ_04

写真の撮影地 京都市伏見区日野 (写真をクリックすると、800×599 pixelでご覧頂けます)

 雪の重みでちょっとうなだれたような格好になっていますが、まるで春を待つ”さくら”の花のようにも見えてきます。

ナズナ_05

写真の撮影地 京都市伏見区日野 (写真をクリックすると、800×599 pixelでご覧頂けます)

 ふだん見慣れた野花も、晴れた日や雨の日や、今日のように雪が降ったりするとまるで違う表情を見せてくれます。あたりまえのことなのですが、そんなとき私は、野花も私たちと同じように”生きている”のだと言うことをあらためて感じます。

ナズナ( アブラナ科ナズナ属の一年草(越年草) Capsella bursa-pastoris Medic.

 生育地   道端、草地
 分 布   日本全国
 花 期   3月~5月

 元々は、ユーラシア大陸原産の野花で、かなり古い時代に日本にやってきて現在日本全国で見ることができます。
 日当たりが良い肥沃な土地を好んで生育しますが、日陰や冷涼な気候、やせた土地にも耐えられる強さを持っています。

 ナズナ(は、秋の初めに芽吹いて冬を越し、翌年の春の早い時期からから再び生長を再開し、夏には枯れてしまいます。その間に開花と、結実を同時に行うちょっと変わった性質を持っています。その年の気候などの条件によっては、12~2月頃の極寒期でも開花することがあります。

 ナズナ(は別名”ペンペン草”、”シャミセン草”とも呼ばれています。種子の形が三味線のバチに似ているためと言われています、確かにそんな風に見えますね。
 
 ”ナズナ(”という名前の由来は、諸説あって、

 夏になると枯れることから、夏には無くなる=”なつな”、がなまったという説、

 白く咲く小さな花が、撫でてやりたほどかわいい=”撫菜”=”なでな”という説。

 さらには、春先のナズナ(薺)の若葉は春の七草にもあるように、七草粥として食用にされてきたことから、昔の古い言葉の、”ナズ”(切り刻む)+菜で、”ナズナ”になったという説もあります。ちなみに、七草粥に入れて食べるようになったのは、平安時代の頃からだといわれています。

 子供の頃、九州の山村で祖母が、このナズナ(薺)を陰干して、煎じ薬にしていたことを覚えています。薬草としても、確かな効能があるようです。

スポンサーサイト

当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 季節の花ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンクをひと押し、応援いただけるとうれしいです。(^o^)
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ



●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。 当サイトに掲載している野花の写真(画像)は、すべてフリー素材写真(画像)として自由にお持ち帰りいただけます。お持ち帰り方法は、写真(画像)のご使用についてのページをご覧ください。
  トップページ   サイトマップ   運営者情報   リンク集


最新記事


BBS7.COM
MENURNDNEXT
Flower Explorer資格取得支援情報室美容室・サロン設計ならビューティーデザインショップ無料ブログパーツ ブロパ.jp相互リンク.com相互リンク検索エンジン:暮らしと趣味婚礼のしきたりとマナー相互リンク集ブログ足の臭いの悩み・原因と対策・解消法 暮らしと資格の情報室 金魚の飼い方・育て方
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。