トップページ  サイトマップ  運営者情報  リンク集

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 季節の花ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンクをひと押し、応援いただけるとうれしいです。(^o^)
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ



●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。 当サイトに掲載している野花の写真(画像)は、すべてフリー素材写真(画像)として自由にお持ち帰りいただけます。お持ち帰り方法は、写真(画像)のご使用についてのページをご覧ください。
  トップページ  サイトマップ  運営者情報  リンク集

ヤブガラシ(藪枯らし) … またの名を……

2008年06月28日 20:29

 近所の空き地や、どういうわけか建設途中で放置されたままのお家の周りで最近よく見かける蔓植物があります。

 日本全国、北は北海道から南は南西諸島辺りにまで分布しているようなので、ご覧になったことがある方もけっこう多いと思います。

ヤブガラシ(藪枯らし)

写真の撮影地 京都市伏見区日野 (写真をクリックすると、800×599 pixelでご覧頂けます)

 なんともかわいらしい姿をしていますが、その名前はけっこうすごい。

 ヤブガラシ藪枯らしといいます。

 ほかの植物にからみつき、覆い被さるように繁茂して藪全体を枯らしてしまう、ということから付いた名前です。

 なんともアグレッシブな名前ですね。でも実際は、それほど過激な植物ではありません。たしかにはびこるとやっかいではありますが。

ヤブガラシ(藪枯らし)

写真の撮影地 京都市伏見区日野 (写真をクリックすると、800×599 pixelでご覧頂けます)

 こちらが完全な花の姿です。

 花の大きさは、直径約5mm位でとても小さく、かなり近寄ってみないとこんな姿をしているなんてまず気がつきません。

 薄緑色をしているのが花弁(花びら)です。萼(がく)のように見えますが、正真正銘の花弁(花びら)です。4枚あります。そして上向きに立っているのが雄しべです。これも4本あります。そして中央に雌蕊が1本あります。

 花弁(花びら)と雄蕊は開花後半日もしないうちにぱらぱらと落ちてしまいます。で、そのあと一枚目の写真のような姿になります。
 普段目にするのはこちらの方が圧倒的に多いと思います。これを花盤といいます。

ヤブガラシ(藪枯らし)

写真の撮影地 京都市伏見区日野 (写真をクリックすると、800×599 pixelでご覧頂けます)

 ヤブガラシ(藪枯らし)という名前は、こちらの写真を見ていただければ、なるほどね、と感じていただけるのではないでしょうか。
 こんな風に、”これでもかっ!”というくらいに巻き付いて蔓を伸ばしてゆくのです。

ヤブガラシ(藪枯らし)

写真の撮影地 京都市伏見区日野 (写真をクリックすると、800×599 pixelでご覧頂けます)

 実はこのヤブガラシ(藪枯らし)、昆虫たちにとっては大切な蜜源植物でもあります。

 オレンジ色の花盤にじわりとしみ出している液体がご覧頂けると思いますが、これが蜜です。午後から雨がまた降り始めていましたので、念のため指でちょっと取って舐めてみました。

 ほんのりとした甘みがあります。

 やはり、蜜です。

ヤブガラシ(藪枯らし)

写真の撮影地 京都市伏見区日野 (写真をクリックすると、800×599 pixelでご覧頂けます)

 最後は、やはり花盤を横から見た様子です。中央に立っているのが雌しべです。蜜は、すでになくなっています。昆虫たちにおいしくいただかれてしまったようです。

 そうそう、このヤブガラシ(藪枯らし)には別名があります。ある意味、ヤブガラシ(藪枯らし)という名前よりもひどい名前かもしれません。どういう名前かというと、

 ビンボウカズラ(貧乏蔓)

 げ!、貧乏って……、うちらのことやん。

 ”庭の手入れどころではない貧乏な人の住処に生い茂る、あるいはこの植物に絡まれた家屋が貧相に見える、またはこの植物が茂ったことが原因で貧乏になってしまう、などの意味に解釈されている。”

 とフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』には書かれています。

 あんまりといえばあんまりな名前じゃありませんかっ。

 で、ほかになんかええ名前あらへんのん? あんまりやん、と思いましたので探してみました。すると、やってみるものですね、ありました。

 ロウソクバナ(蝋燭花)

 ええやん、ええ名前やん。

 写真を見ていただければ、ああ、なるほど、と思っていただけるのではないでしょうか。
花盤と中央に立つ雌しべが、まさに蝋燭(ろうそく)のようですね。


 ヤブガラシ(藪枯らし) ブドウ科ヤブガラシ属の多年草 Cayratia japonica

 分 布   日本全国
 生育地   藪、草むら、貧乏人の庭先(ちがうって!)
 花 色   緑色 花盤はオレンジ色やピンク色
 花 期   6月~9月頃

スポンサーサイト

当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 季節の花ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンクをひと押し、応援いただけるとうれしいです。(^o^)
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ



●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。 当サイトに掲載している野花の写真(画像)は、すべてフリー素材写真(画像)として自由にお持ち帰りいただけます。お持ち帰り方法は、写真(画像)のご使用についてのページをご覧ください。
  トップページ   サイトマップ   運営者情報   リンク集


最新記事


BBS7.COM
MENURNDNEXT
Flower Explorer資格取得支援情報室美容室・サロン設計ならビューティーデザインショップ無料ブログパーツ ブロパ.jp相互リンク.com相互リンク検索エンジン:暮らしと趣味婚礼のしきたりとマナー相互リンク集ブログ足の臭いの悩み・原因と対策・解消法 暮らしと資格の情報室 金魚の飼い方・育て方
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。