トップページ  サイトマップ  運営者情報  リンク集

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 季節の花ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンクをひと押し、応援いただけるとうれしいです。(^o^)
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ



●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。 当サイトに掲載している野花の写真(画像)は、すべてフリー素材写真(画像)として自由にお持ち帰りいただけます。お持ち帰り方法は、写真(画像)のご使用についてのページをご覧ください。
  トップページ  サイトマップ  運営者情報  リンク集

ハッカ(薄荷)の香りと田をわたる風と

2010年07月25日 18:54

 田んぼの畦道に沿って歩いていると、淡い紅紫色の花を咲かせているちいさな花を見つけることがあります。その葉を指でぎゅっとして匂いを嗅ぐと、鼻の奥に独特の爽やかな清涼感と香りが広がる草花です。


ハッカ(薄荷)

写真の撮影地 京都市伏見区日野 (ハッカ薄荷)の写真をクリックすると大きな写真でご覧頂けます)


 ハッカ薄荷です。ミントとも言いますね。


 ハーブの仲間として知られるハッカ薄荷)は、大きなものでは1m近い草丈があり、四角い茎を取り囲むように5mm程の、淡い紅紫色のちいさな花をたくさん咲かせます。


ハッカ(薄荷)

写真の撮影地 京都市伏見区日野 (ハッカ(薄荷)の写真をクリックすると大きな写真でご覧頂けます)


 ときおり田んぼの上をわたる風に負けまいと、ハッカ(薄荷)の花穂にしっかりつかまっている蝶々の様子がおもしろくて撮ってみました。


ハッカ(薄荷)

写真の撮影地 京都市伏見区日野 (ハッカ(薄荷)の写真をクリックすると大きな写真でご覧頂けます)


 ところで、ひとくちにハッカ(薄荷)といっても、実は世界中にたくさんの仲間がいて、大きく分けるとペパーミント系とスペアミント系、そして日本原産のジャパニーズミントに分類できるそうです。

 写真でご覧頂いているハッカ(薄荷)が、どの系統のなんという名前なのか、いろいろ調べてはみるのですが、どれも特徴が似ていて、正直なところ勉強不足の私にはよくわかりません。


 ですので、ここではとりあえず、”ハッカ(薄荷)”ということにしておきます。


ハッカ(薄荷)

写真の撮影地 京都市伏見区日野 (ハッカ(薄荷)の写真をクリックすると大きな写真でご覧頂けます)


 ペパーミントとかスペアミントというと、私はすぐにガムや歯磨き粉を思い浮かべてしまうのですが、多くの製品に配合されているミントには、化学的に合成されたものと、天然のものとがあるそうです。

 よく耳にする”メントール”というのがそれで、天然由来の場合、ハッカ(薄荷)の葉から採取した精油を結晶化させたものを”メントール”、そして後に残った液体を”ハッカ(薄荷)油”として利用するのだとか。


 ちなみに、私の故郷では、ハッカ(薄荷)は、とても良く効くかゆみ止めでもありました。


 たとえば、ヤブ蚊などに刺されたとき、田んぼの脇に生えているハッカ(薄荷)の葉っぱを手のひらで揉んで痒いところに塗ると、痒みが和らぎます。

 お薬が手元に無いときにはけっこう重宝します。(とはいっても、近くにハッカ(薄荷)が生えてれば、の話ですけれど……)


 そうそう、ハッカ(薄荷)についていろいろ調べているうちに、おもしろい記述に行き当たりました。


 それは、江戸時代後期の宮崎安貞(みやざき やすさだ)さんという方が書いた”農業全書”という本の中にある記述です。

 農学者だった宮崎さんは、中国の”農政全書”という書物を参考にしながら、長年の経験と研究を元に、元禄9年(1697年)に”農業全書”という本を書かれたのですが、そのなかで、

 (ハッカ(薄荷)は)”薬に多く用ゆる物なり。作るべし。二種あり。一種は竜薄荷(りゅうはっか)として気味のよきあり。是を植ゆべし”

 (中略)

 (ハッカ(薄荷)は)”かげ干しにして薬屋に売るべし。是初物の一にして、古きをば用いず。若し二年にこゆるあらば捨てて売るべからず”

 と書かれています。


 ”作るべし”、”是を植ゆべし”、”薬屋に売るべし”……。


 ”農業全書”とは言いながら、いかにして稼ぐかという確信に満ちたビジネス指南書としての目線も見え隠れしていたりします。

スポンサーサイト

当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 季節の花ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンクをひと押し、応援いただけるとうれしいです。(^o^)
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ



●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。 当サイトに掲載している野花の写真(画像)は、すべてフリー素材写真(画像)として自由にお持ち帰りいただけます。お持ち帰り方法は、写真(画像)のご使用についてのページをご覧ください。
  トップページ   サイトマップ   運営者情報   リンク集


最新記事


BBS7.COM
MENURNDNEXT
Flower Explorer資格取得支援情報室美容室・サロン設計ならビューティーデザインショップ無料ブログパーツ ブロパ.jp相互リンク.com相互リンク検索エンジン:暮らしと趣味婚礼のしきたりとマナー相互リンク集ブログ足の臭いの悩み・原因と対策・解消法 暮らしと資格の情報室 金魚の飼い方・育て方
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。