トップページ  サイトマップ  運営者情報  リンク集

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 季節の花ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンクをひと押し、応援いただけるとうれしいです。(^o^)
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ



●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。 当サイトに掲載している野花の写真(画像)は、すべてフリー素材写真(画像)として自由にお持ち帰りいただけます。お持ち帰り方法は、写真(画像)のご使用についてのページをご覧ください。
  トップページ  サイトマップ  運営者情報  リンク集

春 … ベニバナボロギク(紅花襤褸菊)の煉瓦色

2008年04月02日 02:19

ベニバナボロギク(紅花襤褸菊)

 写真の撮影地 京都府八幡市内里 (写真をクリックすると、800×599 pixelでご覧頂けます)

 いきなりこんな写真で、”いったい何これ?”と思われたかもしれませんね。

 これは、ベニバナボロギク紅花襤褸菊の蕾です。まだ出来たばかりです。

 トゲみたいなのが生えていて、およそ蕾とは考えにくい形をしています。サボテンの仲間にもこんな形のものがありましたよね。この蕾の大きさは、およそ7mm前後、結構小さいです。

ベニバナボロギク(紅花襤褸菊)

 写真の撮影地 京都府八幡市内里 (写真をクリックすると、800×599 pixelでご覧頂けます)

 蕾が少し成長すると、こんな形になります。トゲはどこかに行ってしまったようです。いったい何のためのトゲだったんでしょう。

 よく見ると、ちょっと縦に長くなって円筒形に近い形になっているのがわかりますね。

ベニバナボロギク(紅花襤褸菊)

 写真の撮影地 京都府八幡市内里 (写真をクリックすると、800×599 pixelでご覧頂けます)

 さらに成長すると、こんな感じです。だいぶ長細くなりました。まわりに萼片らしきものが生えてきて、やっと蕾らしくなってきました。

 これで花が咲く用意ができたわけですが、この写真を撮った4月の1日は、残念ながらまだ花を咲かせている個体が見あたりません。そこで、ここからは、昨年の記事、ベニバナボロギク(紅花襤褸菊)2007/12/01 に掲載した写真をご覧いただくことにします。

benibananoborogiku_03

 写真の撮影地 京都府八幡市内里 (写真をクリックすると、800×599 pixelでご覧頂けます)

 上の写真からさらに成長すると、茎の脇芽からも蕾が現れて来ます。なんだか元気がなくなってうなだれているように見えますが、これがベニバナボロギク(紅花襤褸菊)の特徴でもあります。これでふつうなのです。

 ベニバナボロギク(紅花襤褸菊)

 写真の撮影地 京都府八幡市内里 (写真をクリックすると、800×599 pixelでご覧頂けます)

 これがベニバナボロギク(紅花襤褸菊)の花です。

 紅花というよりは、オレンジ色もしくは煉瓦色に近い色をした花色をしています。本来の花期は8月から12月頃なのですが、春先にも花を咲かせる事があります。この写真は昨年の12月に撮ったものですので、春先に咲く花とは若干印象が違うこともあります。

 ベニバナボロギク(紅花襤褸菊)

 写真の撮影地 京都府八幡市内里 (写真をクリックすると、800×599 pixelでご覧頂けます)

 ついでにもう一枚。

 今回は、春のベニバナボロギク(紅花襤褸菊)の蕾の成長の様子を、昨年ご紹介した写真を交えてご覧いただきました。


 ところで、”定点観測”という言葉をご存じでしょうか。

 元々は、今和次郎(こん・わじろう)という方が大正末期に提唱した都市住民の行動などについて研究する学問(考現学)の手法のひとつです。

 同じ場所(定点)から継続的にある一定の視点をもって観察し、以前のものと比較してその差異を分析する。いまでは、マーケティングや様々な分野でも応用されています。

 今回ご覧いただいたベニバナボロギク(紅花襤褸菊)は、カメラの撮影位置も固定していませんし、過去に撮影した写真も加えていますので定点観測とは言えませんが、ある野の花の一年を定点観測の手法で追いかけてみる、というのもおもしろいかな、とか今思っています。

 なにぶんめんどくさがりな私のことなので、本当に実現できるかどうかは定かではありませんが。



ベニバナボロギク(紅花襤褸菊) キク科ベニバナボロギク属の一年草 Crassocephalum crepidioides

 生育地   伐採後の山地、草刈の跡地、空き地   
 分 布   関東方面から西
 花 期   8月~11月
 
 ベニバナボロギク(紅花襤褸菊)は、元々アフリカ原産の帰化植物で、日本では1950年に福岡県で最初に確認されました。花序全体が頭を垂れているような姿に特徴があります。

 ベニバナボロギク(紅花襤褸菊)の名前の由来ですが、紅色+花が終わった後の丸く広がる白い綿毛がぼろ布に似ているから+キク科の花だからということのようです。

 写真のベニバナボロギク(紅花襤褸菊)は、茎に赤紫色の部分が多く見られますが、個体によってはもっとふつうに緑色の茎をしているものもあります。

 草丈は大きくても1mくらいで、花が終わった後の白い綿毛は遠くからでもよく目につきます。


当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 季節の花ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンクをひと押し、応援いただけるとうれしいです。(^o^)
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ



●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。 当サイトに掲載している野花の写真(画像)は、すべてフリー素材写真(画像)として自由にお持ち帰りいただけます。お持ち帰り方法は、写真(画像)のご使用についてのページをご覧ください。
  トップページ   サイトマップ   運営者情報   リンク集


コメント

  1. かげさん、ありがとうございます。 | URL | -

     かげさん、こんにちは。

     ベニバラボロギクの花は、暖かいかんじがしていいですね。いわれてみるとたしかに、つぼみは”ちっこい南瓜”なかんじです。

     今日通勤途中に、ベニバラボロギクの様子を見に行きましたが、あまり変化はありませんでした。ここ最近すこし冷え込んでいるせいなのかもしれません。

     ありがとうございました。

  2. かげ | URL | h8SlrcxY

    ベニバラボロギクの蕾って丸いサボテンみたいですね。
    あ、ちっこい南瓜にも見えるかな。
    去年はうまく花が撮れなかったので、今年はちゃんと撮りたいものです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://linghum.blog119.fc2.com/tb.php/101-7d547788
この記事へのトラックバック


最新記事


BBS7.COM
MENURNDNEXT
Flower Explorer資格取得支援情報室美容室・サロン設計ならビューティーデザインショップ無料ブログパーツ ブロパ.jp相互リンク.com相互リンク検索エンジン:暮らしと趣味婚礼のしきたりとマナー相互リンク集ブログ足の臭いの悩み・原因と対策・解消法 暮らしと資格の情報室 金魚の飼い方・育て方
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。