トップページ  サイトマップ  運営者情報  リンク集

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 季節の花ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンクをひと押し、応援いただけるとうれしいです。(^o^)
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ



●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。 当サイトに掲載している野花の写真(画像)は、すべてフリー素材写真(画像)として自由にお持ち帰りいただけます。お持ち帰り方法は、写真(画像)のご使用についてのページをご覧ください。
  トップページ  サイトマップ  運営者情報  リンク集

春うらら … レンゲソウ(蓮華草、紫雲英、ゲンゲ)

2008年04月08日 06:26

 昨日は、日曜日のぽかぽかとしたうららかな春の陽気とはうってかわって雨模様の日となってしまいました。

 京都でも時折降りしきる強い雨と風に舞う桜の花びらを見ると、雨と風を恨めしく思いつつも、そこにまた散り逝く桜の風情を感じたりもして、悲喜こもごもといったところです。

 それはそれとして、日曜日の午後、ホトケノザの群生を写真に収めた後うちに帰り、我が家の愛犬(シーズー♂)の散歩にでかけた折りに、田んぼの周辺で私にとっては今年初めての野の花に出会いました。

レンゲソウ(蓮華草、紫雲英、ゲンゲ)

写真の撮影地 京都市伏見区日野 (写真をクリックすると、800×599 pixelでご覧頂けます)

 レンゲソウ蓮華草紫雲英ゲンゲです。

 かつては、ちょうど今頃の季節から、田んぼ一面に敷きつめたように咲くレンゲソウを見ることができたものですが、いまではそれもほとんど見ることができなくなりました。

レンゲソウ(蓮華草、紫雲英、ゲンゲ)

写真の撮影地 京都市伏見区日野 (写真をクリックすると、800×599 pixelでご覧頂けます)

 九州の山間の村で育った私にとっては、春のレンゲ畑はとても思い出深い風景として、今でもありありと心に残っています。(写真のレンゲソウの傍らには、やはり子供の頃によく摘んで遊んだスズメノテッポウも見えます)

レンゲソウ(蓮華草、紫雲英、ゲンゲ)

写真の撮影地 京都市伏見区日野 (写真をクリックすると、800×599 pixelでご覧頂けます)

 当時は、現在のように甘いお菓子など滅多に口にすることも出来なかった私たち村の子供達にとってレンゲソウは、”甘いおやつ”でもありました。

 レンゲソウの花を摘んで口に含んだときの、甘いはちみつの味が懐かしく思い出されます。

レンゲソウ(蓮華草、紫雲英、ゲンゲ)

写真の撮影地 京都市伏見区日野 (写真をクリックすると、800×599 pixelでご覧頂けます)

 レンゲソウの上にごろりと横になると、春の陽気や草の萌える匂いや、ふかふかとした感触がとても心地良かったことがいまでもありありと思い出されます。

 なんだか思い出話ばかりになってしまいましたが、現代の子供達がそうした体験をしたいと思っても、なかなかそれが出来る場所がない事を思うと寂しい限りです。

 けれど、それは紛れもなく、私たち大人がそうしてしまったのですね。心が痛みます。

レンゲソウ(蓮華草、紫雲英、ゲンゲ)

写真の撮影地 京都市伏見区日野 (写真をクリックすると、800×599 pixelでご覧頂けます)

 絢爛豪華に咲く桜の花が去った後、野山には本格的な春がやってきます。

 これから野山は虫たちや、鳥たちや、野の花たちでにぎやかになります。

 まさに ”いのち萌え出ずる春” の到来です。


 レンゲソウ(蓮華草、紫雲英、ゲンゲ) マメ科ゲンゲ属の一年草(越年草) Astragalus sinicus

 生育地   水田、春先の休耕田、河原
 分 布   ほぼ日本全国(中国原産)
 花 期   四月~六月
 花 色   紅紫色

 レンゲソウ(蓮華草、紫雲英、ゲンゲ)は、化学肥料が広く使われるようになるまでは、緑肥(りょくひ=田んぼの肥料、草肥)や乳牛のえさにするために利用されていました。

 夏の終わり頃、稲刈り前に田んぼの水を抜いて種を蒔いておくと、翌年の春には田んぼが一面のレンゲソウ畑になります。
 農村地帯ではごくふつうに見られた春の風物詩とも言えるレンゲソウ畑も、昭和の終わり頃を境に、今ではあまり見ることもなくなりました。それでも、ところによっては数こそすくなくなったものの、田んぼの周辺などで、その頃の名残を残すレンゲソウの群生を見ることができます。

 レンゲソウ(蓮華草、紫雲英、ゲンゲ)は、緑肥や乳牛のえさとしてだけではなく、すぐれた蜜源職物として利用価値が高く、現在でもはちみつの採取に利用されています。


当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 季節の花ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンクをひと押し、応援いただけるとうれしいです。(^o^)
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ



●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。 当サイトに掲載している野花の写真(画像)は、すべてフリー素材写真(画像)として自由にお持ち帰りいただけます。お持ち帰り方法は、写真(画像)のご使用についてのページをご覧ください。
  トップページ   サイトマップ   運営者情報   リンク集


コメント

  1. かげさん、ありがとうございます。 | URL | -

     かげさん、おはようございます。

     私も、通りすがりにゲンゲを見つけたときには、”おぉ~!、咲いていたか♪”と、愛犬のことも忘れて、駆け寄ってしまいました。

     数はささやかですが、やっぱりいいものですね。昔のように摘んで蜜を味わうと言うことは、今ではしませんが、なつかしい甘い味の記憶がよみがえります。

     私の田舎では山の緩やかな斜面の棚田がゲンゲの赤い色で埋め尽くされて、それは見事でした。

     窒素を固定するための緑肥という働き、化学肥料に比べれば、効率は悪いかもしれませんが、自然と共存しながら、それを利用する。昔の人の知恵はすごいですね。

     ありがとうございました。

  2. さざなみさん、ありがとうございます。 | URL | -

     さざなみさん、おはようございます。

     安曇野のレンゲ草は私も見たことがあります。すばらしい光景ですよね。(とはいっても、さざなみさんとおなじで写真だけですけど)

     むかしアニメの”アルプスの少女ハイジ”の中にも、アルムの山の花を摘んで持ち帰ったハイジが、しおれてしまった花に自分のしたことに心を痛める、という描写があったように記憶しています。

     やはり、野の営みは野に任せておいて、私たちはそばでそれをただ見つめるというのがいいのかもしれませんね。

     安曇野に比べると緯度が低いせいか、京都のほうがいくぶん早く咲くのでしょう。咲いている数はささやかですが。

     TBありがとうございました! はじめてのことなので、びっくりしています。それから、”やはり野に置け蓮華草”について、日頃思っていたことを記事にしてみました。賛否はあるかとは思いますが、正直な思いです。

     お言葉に甘えてTB、させていただきましたがはじめてのことなので、やり方がまちがっているかもしれません。そのときは迷わず”却下!”しちゃってください。

     ありがとうございました。

  3. かげ | URL | h8SlrcxY

    おお~ゲンゲ、開いたばかりですね~
    ゲンゲがいっぱいの田んぼは遠くからでもわかりますよね~
    眺めてもよし、味わってもよしですね。
    根に根粒菌を共生させているから、植物の成長に必要な窒素分を固定して畑にはいいんでしたよね。

  4. さざなみ | URL | LtMzB4og

    もう咲いているんですか!?

    さきほど帰宅しまして、あし@を見てビックリ!
    もうレンゲソウが咲いているのかと、飛んで来ました(笑)。
    私も、かなり前の失恋色いっぱいのトピに、レンゲソウを取り上げました。
    ちょっとそこにTBもお願いしたいです。
    レンゲソウって、信州安曇野に一面に咲いているのをガイドブックで見かけて、行ったことはないのですが、今年は行ってみたいと思ってました。
    信州だと5月の連休過ぎ1週間後くらいと聞いていたので、京都は早いんですね?
    実は、りんがむさんにレンゲソウもリクエストしようと思っていたんですよ。
    でも、まだ時期ではないと思ってました。
    拝見できてとっても嬉しいです。

    レンゲソウと言うと―――
    手に取るなやはり野に置け蓮華草
    ―――これが思い浮かびます。

    きっとこの花は、手折って花瓶に挿しても萎れてしまうんじゃないでしょうか?
    そんな可憐な儚げなイメージですよね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://linghum.blog119.fc2.com/tb.php/105-647ce086
この記事へのトラックバック


最新記事


BBS7.COM
MENURNDNEXT
Flower Explorer資格取得支援情報室美容室・サロン設計ならビューティーデザインショップ無料ブログパーツ ブロパ.jp相互リンク.com相互リンク検索エンジン:暮らしと趣味婚礼のしきたりとマナー相互リンク集ブログ足の臭いの悩み・原因と対策・解消法 暮らしと資格の情報室 金魚の飼い方・育て方
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。