トップページ  サイトマップ  運営者情報  リンク集

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 季節の花ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンクをひと押し、応援いただけるとうれしいです。(^o^)
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ



●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。 当サイトに掲載している野花の写真(画像)は、すべてフリー素材写真(画像)として自由にお持ち帰りいただけます。お持ち帰り方法は、写真(画像)のご使用についてのページをご覧ください。
  トップページ  サイトマップ  運営者情報  リンク集

ヘビイチゴ(蛇苺) … 毒なんてないのにね

2008年05月14日 02:18

ヘビイチゴ(蛇苺)

写真の撮影地 京都市伏見区日野 (ヘビイチゴ蛇苺)の写真をクリックすると、大きな写真でご覧頂けます)


 近くの雑木林を歩いていて見つけました。


 ヘビイチゴ蛇苺です。


 ご存知の方も多いと思います。あまり良い印象をお持ちでないことも知っています。毒がある、と信じて疑わない方もいらっしゃいます。


 今日はその、ちいさな”誤解”を少しだけ解くことができたらいいな、と思っています。


ヘビイチゴ(蛇苺)

写真の撮影地 京都市伏見区日野 (ヘビイチゴ(蛇苺)の写真をクリックすると、大きな写真でご覧頂けます)


 まあ、名前が名前ですから、忌み嫌われても仕方ないことかもしれませんが、ヘビイチゴ(蛇苺)は蛇が食べるイチゴ、というわけではありません。


 もちろん毒などもありません。


 もし、食べてみたいという方がおられるなら、一度ためしてみてください、だいじょうぶです。食べても何の問題もありません。


ヘビイチゴ(蛇苺)

写真の撮影地 京都市伏見区日野 (ヘビイチゴ(蛇苺)の写真をクリックすると、大きな写真でご覧頂けます)


 突然襲ってきた全身のしびれに、彼は喉をかきむしり……、なんてことはぜったいありません。(ミステリー小説なんかに、よくありそうですが)


 ただ、ひとつ。


 おいしくない。


 それだけです。


 ふわふわとした、異様な食感が気持ち悪いのと、味がないのとで、たぶん二度と食べたいなどとは思わない。


 ただそれだけです。


ヘビイチゴ(蛇苺)

写真の撮影地 京都市伏見区日野 (ヘビイチゴ(蛇苺)の写真をクリックすると、大きな写真でご覧頂けます)


 ヘビイチゴ(蛇苺)という、名前の由来ですが、”こんなまずいものは、蛇にでも食わせておけ……”。


 それでヘビイチゴ(蛇苺)なのだそうです。蛇にとっては、きっといい迷惑なのでしょうけれど。


 ところで、ヘビイチゴ(蛇苺)は、なんとバラ科の植物なんですよ。意外でしょ。でもほんとうにバラの仲間なのです。


 姿形から、バラとの近似点を探し出すのは難しいですが、花びら(花弁)の間に先のとがった萼片(がくへん)が確認できます。(写真でもご覧頂けると思います)

 そしてそのすぐ下にやや大きい鋸歯(きょし=のこぎり状のギザギザ)状の副萼片が見えます。じっと見ていると、このあたりがバラの仲間なんだなという雰囲気を持っているようにも思えます。


 名前を抜きにしてこの写真をご覧頂けたなら、きっと”ヘビイチゴ(蛇苺)”への印象も少しは変わるかもしれない、そんなふうに思うのですが。


 ヘビイチゴ(蛇苺) バラ科ヘビイチゴ属の多年草 Duchesnea chrysantha


 分 布   日本全国
 生育地   畑、道端、雑木林周辺
 花 期   4月~6月
 花 色   黄色
 花の大きさ 1.2cm~1.5cm


 このヘビイチゴ(蛇苺)がバラの仲間だと云うことがよくわかる、よく似た野バラ(ノイバラ)が私たちの比較的身近にも咲いています。ちょうど今頃が花の頃です。ご参考までに。


ノイバラ


写真の撮影地 京都市伏見区日野 (ノイバラの写真をクリックすると、大きな写真でご覧頂けます)



当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 季節の花ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンクをひと押し、応援いただけるとうれしいです。(^o^)
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ



●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。 当サイトに掲載している野花の写真(画像)は、すべてフリー素材写真(画像)として自由にお持ち帰りいただけます。お持ち帰り方法は、写真(画像)のご使用についてのページをご覧ください。
  トップページ   サイトマップ   運営者情報   リンク集


コメント

  1. りんがむ | URL | -

    かげさん、こんばんは。

     黄色い5弁花は、この時期たくさん咲いていて見分けるのに苦労しますね。キジムシロかな、それともハイキンポウゲかしらん、ひょっとしてヘビイチゴ? ここがこうで、あそこがこうだから、ええと……、みたいな。それはそれで楽しくもあるのですが。
     ヘビイチゴの実、見た目がいかにもですから、毒があるように思えても無理もありませんね

     ありがとうございました。

  2. かげ | URL | h8SlrcxY

    ヘビイチゴのシーズンですね。
    もう少しするとヤブヘビイチゴも出てきますよね。
    バラ科の花はたくさんあるしべがいいですね~
    ただ黄色い花のものは微妙なのが多くて、花だけだとわかりづらくて。
    この実、毒だと思っている人って結構多いですよねぇ・・・

  3. りんがむ | URL | -

    とても恐縮してます。でもうれしいです。

     tanpopoさん、お越しいただいてありがとうございます。

     幸せ、なんていわれると恐縮してしまいます。でも、とてもうれしいです。
     お近くに雑木林なんかがあるなら、その周辺でノイバラを見ることができるかもしれませんよ。
     息子さんといっしょにいちどお出掛けになられてはいかがでしょうか?
     またいろんな野の花、探してきますね。
     では、また。

  4. tanpopo | URL | DMUUwyv6

    今日も

    ヘビイチゴもノイバラも初めて見ました~!!
    自分にない世界をみせていただき幸せを感じます(^^♪ありがとうございました★☆★

  5. りんがむ | URL | -

    薔薇の領域は怖くて踏み込めないのです。

     薔薇が好きな方について、いつも思うことがあります。

     ”イカれてる” 

     いえ、批判ではありません。その惚れ込みようが尋常ではないのです。薔薇を語らせたら、死ぬまで語り続けてもまだ足りない。そんな方が多いように思います。だから、生半可な知識では会話に入れない。怖いです。

     それはともかく、オールドイングリッシュローズの中でもより原種に近い種類の中にはこの蛇イチゴによく似たものがあります。でも、たぶん、野バラ(ノイバラ)がいちばん近いのではないかと思っています。
     たとえば、ロサ・ムルチフローラなんかがそうです。私たちの身近にもよく似た野薔薇が普通に咲いています。ヘビイチゴ(蛇苺)の記事に追加でノイバラの写真を載せておきましたので、ご覧になってみてください。

     蛇がこの蛇いちごをぱくついて、にんまりしている。そんな絵がもし撮れるというのなら山籠もりだってなんだってするのですが……。

  6. さざなみ | URL | LtMzB4og

    黄色なんです((b´∀`))ネ♪

    バラ科ですか。
    今日、ちょうど職場の統括が植物好きでいらっしゃるので、バラ祭りのお話をしていました。
    ハイブリッドティーローズの、内側は白か淡いピンクで、花びらの外側が濃いピンク。
    なので濃いピンクの縁取りのようなバラを以前みたことがあるけど、バラ祭りにもあるでしょうか?と。
    この蛇イチゴは、オールドイングリッシュローズみたいな形ですね?
    何年までは、オールドイングリッシュローズで、何年以降はハイブリッドティーローズが台頭してきたとか伺ったのですが、確かな年数は忘れてしまいました。
    蛇イチゴ、名前がなんですが、もし蛇の大好物だったりしたら、ちょっと可愛いですね♪

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://linghum.blog119.fc2.com/tb.php/122-ec6f0691
この記事へのトラックバック


最新記事


BBS7.COM
MENURNDNEXT
Flower Explorer資格取得支援情報室美容室・サロン設計ならビューティーデザインショップ無料ブログパーツ ブロパ.jp相互リンク.com相互リンク検索エンジン:暮らしと趣味婚礼のしきたりとマナー相互リンク集ブログ足の臭いの悩み・原因と対策・解消法 暮らしと資格の情報室 金魚の飼い方・育て方
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。