トップページ  サイトマップ  運営者情報  リンク集

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 季節の花ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンクをひと押し、応援いただけるとうれしいです。(^o^)
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ



●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。 当サイトに掲載している野花の写真(画像)は、すべてフリー素材写真(画像)として自由にお持ち帰りいただけます。お持ち帰り方法は、写真(画像)のご使用についてのページをご覧ください。
  トップページ  サイトマップ  運営者情報  リンク集

ヨウシュヤマゴボウ(洋種山牛蒡)と毒成分

2007年10月21日 17:41

ヨウシュヤマゴボウ(洋種山牛蒡)

 写真の撮影地 京都市伏見区醍醐


 一見すると、まるで”ぶどう(葡萄)”のようにも見えるこの植物の名前は、ヨウシュヤマゴボウ洋種山牛蒡と言います。もちろんぶどう(葡萄)ではありませんし、仲間でも親戚でもありません。


 たぶんお友達でもないと思います。


 それどころか、葡萄(ぶどう)のように見える果実以外のどこを食べても、中毒症状を起こす有毒植物です。だから、まさかとは思いますが、ぶどう(葡萄)と勘違いして食べたりしないでくださいね。

 一説には、果実にも毒性があるという意見もあるそうですが、自分で種(種子)を遠くに運べないヨウシュヤマゴボウ洋種山牛蒡)は、その役割を鳥たちに依存していますので、鳥に果実を食べてもらうために果実には毒性を持たせていない、というのが本当のところのようです。(ただし、ランタナの場合と同じく、種子には毒性分が含まれています)


ヨウシュヤマゴボウ(洋種山牛蒡)

 写真の撮影地 京都市伏見区醍醐


 こちらは、ヨウシュヤマゴボウ(洋種山牛蒡)の花です。実際のところ、花なのか果実なのかよくわからない不思議な形をしていますが、この段階では花と呼んでもいいのではないかと思います。

 でも、こうして眺めてみると、砂糖菓子みたいでとてもきれいです。ここで、ヨウシュヤマゴボウ(洋種山牛蒡)のプロフィールをすこしご紹介しておきましょう。


 ヨウシュヤマゴボウ(洋種山牛蒡) ヤマゴボウ科ヤマゴボウ属の多年草 Phytolacca americana

 生育地   荒れ地、道ばた

 分 布   本州~九州

 花 期   6月~10月


 ヨウシュヤマゴボウ(洋種山牛蒡)は、元々日本固有の植物ではなく、北アメリカ一帯を原産とする植物なのだそうです。そういったこともあって、アメリカヤマゴボウという別名で呼ばれたりもします。

 ヨウシュヤマゴボウ(洋種山牛蒡)は、初夏から秋にかけて総状花序(そうじょうかじょ)と呼ばれる花をつけます。そして、花が終わるとご覧いただいているようなぶどう(葡萄)を思わせる紅紫色の果実を房状に実らせます。

 冒頭でもご紹介しましたが、ヨウシュヤマゴボウ(洋種山牛蒡)は、果実の果肉部分には毒は無いとはいうものの、その種子や葉や茎、根には毒性分を含む有毒な植物です。

 ヨウシュヤマゴボウ(洋種山牛蒡)に含まれる毒性分にいて、ウィキペディアのヨウシュヤマゴボウのページには、”毒成分は、アルカロイドであるフィトラッカトキシン(phytolaccatoxin)、サポニンであるフィトラッカサポニン(phytolaccasaponins)、アグリコンであるフィトラッキゲニン(phytolaccigenin)などである。また、根には硝酸カリウムが多く含まれる”とあります。

そして、”誤食すると、2時間ほど経過後に強い嘔吐や下痢が起こり、摂取量が多い場合はさらに中枢神経麻痺から痙攣、意識障害が生じ、最悪の場合呼吸障害や心臓麻痺により死に至る”とあります。

 ヨウシュヤマゴボウ(洋種山牛蒡)は、どうやら、間違って食べちゃった、では済みそうもない程の毒を持っていると言っていいかもしれませんね。

 ところが、このヨウシュヤマゴボウ(洋種山牛蒡)を食用になるモリアザミの根と間違って食べてしまった、という事故が時々あるのだそうです。その間違いの元は、食用のモリアザミの根がヤマゴボウ(山牛蒡)という名前の山菜として売られたりしていることにあります。

 ヤマゴボウ(山牛蒡)というれっきとした在来種の根菜があるにもかかわらず、野生のモリアザミの根がいくら食用になるとはいえ、ヤマゴボウ(山牛蒡)なんていうややこしい名前で売られていたりする上に、モリアザミの根と,ヨウシュヤマゴボウ(洋種山牛蒡)の根、そして本物のヤマゴボウの根を混同してしている方が、ヨウシュヤマゴボウ(洋種山牛蒡)の根を掘りだして食べてしまい,中毒になるというわけです。

 さらに在来種のヤマゴボウ(山牛蒡)が、この帰化種のヨウシュヤマゴボウ(洋種山牛蒡)より一回りほど小振りではありますが、その姿形がよく似ていて、慣れない人にとっては同じに見えてしまうことが、余計に話をややこしくしているようです。

 とにかく、ヤマゴボウ(山牛蒡)と名の付く物は、お店で売っている物を別にすれば、自分で掘り出して食べるのは危険、と考えたほうがよさそうですね。


 まあ、それはそれとして。


 ヨウシュヤマゴボウ(洋種山牛蒡)の名前の由来について調べてみると、想像通りというか、やっぱりねというか、根が太く地中深くまでのびていて、その姿が野菜のゴボウ(牛蒡)に似ているから、ということのようです。


 モリアザミの根に在来種のヤマゴボウの根、その上に野菜のゴボウの根……。山菜採りがお好きな方は、くれぐれもご用心くださいませ……。


 掲載写真は、無料のフリー素材としてご利用いただけます。気に入っていただけましたら、どうぞご自由にお持ち帰りください。写真のお持ち帰り方法につきましては、写真(画像)のご使用についてのページをご覧ください。



当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 季節の花ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンクをひと押し、応援いただけるとうれしいです。(^o^)
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ



●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。 当サイトに掲載している野花の写真(画像)は、すべてフリー素材写真(画像)として自由にお持ち帰りいただけます。お持ち帰り方法は、写真(画像)のご使用についてのページをご覧ください。
  トップページ   サイトマップ   運営者情報   リンク集


コメント

  1. フーサンさん、こんにちは。 | URL | Gp06xE7A

    Re:ヨウシュヤマゴボウ(洋種山牛蒡)の名前の由来と毒成分

    フーサンさん、はじめまして。りんがむといいます。
    当サイトの管理人をしています。

    とてもややこしい立場にある雑草ですが、
    参考になりましたでしょうか。

    また、何かの折りに
    お起こしいただけるとうれしいです。

    私もfacebook、アカウントは取ったものの、
    いまだによくわかりません。
    教えてもらえるとありがたいです。

    それでは、また。
    ありがとうございました。

  2. フーサン | URL | mHMrci92

    Re:ヨウシュヤマゴボウ(洋種山牛蒡)の名前の由来と毒成分

    ヨウシュヤマゴボウでした。失礼しました。

  3. フーサン | URL | mHMrci92

    Re:ヨウシュヤマゴボウ(洋種山牛蒡)の名前の由来と毒成分

    ヨウシュヤマブドウ 名前と詳細が分かり大変勉強になりました。有難うございます。自分は、先日仕事で、この雑草?(背丈以上に生えていた)を除草しました。紅い汁が服や手についてひどい目(多少)にあいました。なんという名前かとインターネットで探していて、このサイトにめぐり合いました。フェイスブックも初めて登録したので、使い方がよく分かりません。
    今後とも参考にさせていただきます。

  4. れもんさん、ようこそいらっしゃいませ。 | URL | Gp06xE7A

    野の花を見ているだけで、心が和みますね。

    れもんさん、ようこそいらっしゃいませ。

    はじめまして、りんがむです。
    れもんさんも、野の花がお好きなんですね。

    記事リンクのお知らせ、ありがとうございます。

    先ほどすこしだけれもんさんのブログに
    おじゃまさせていただきました。

    心が和む、すてきなお写真を撮られるのですね。
    お知り合いになれてとても嬉しく思っています。

    よろしければ、またお越しください。
    楽しみにしています。

    ありがとうございました。

    それでは、また。

  5. れもん | URL | YCOduVEw

    Re: ヨウシュヤマゴボウ(洋種山牛蒡)の名前の由来と毒成分

    はじめまして。
    花の同定の際に、時々お邪魔させていただいています。
    今回、私のブログの洋種山牛蒡の記事の中でこのブログを紹介させていただきましたが、
    何度トラックバックを試みてもうまくいかず、
    コメントにて連絡させていただきました。
     
    野の花っていいですね!
    これからもますますこのブログを充実させていってください♪

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://linghum.blog119.fc2.com/tb.php/13-10050c8a
この記事へのトラックバック


最新記事


BBS7.COM
MENURNDNEXT
Flower Explorer資格取得支援情報室美容室・サロン設計ならビューティーデザインショップ無料ブログパーツ ブロパ.jp相互リンク.com相互リンク検索エンジン:暮らしと趣味婚礼のしきたりとマナー相互リンク集ブログ足の臭いの悩み・原因と対策・解消法 暮らしと資格の情報室 金魚の飼い方・育て方
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。