トップページ  サイトマップ  運営者情報  リンク集

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 季節の花ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンクをひと押し、応援いただけるとうれしいです。(^o^)
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ



●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。 当サイトに掲載している野花の写真(画像)は、すべてフリー素材写真(画像)として自由にお持ち帰りいただけます。お持ち帰り方法は、写真(画像)のご使用についてのページをご覧ください。
  トップページ  サイトマップ  運営者情報  リンク集

キツネアザミ(狐薊)

2008年05月28日 01:58

 京都の南、伏見区の日野は滋賀県の浜大津へと続く外環状線の山手にあり、
雑木林や深い森や田園風景などの、いわゆる”田舎”の風情が残る静かな土地です。

 その日野の雑木林へ行ってみました。

キツネアザミ(狐薊)

写真の撮影地 京都市伏見区日野 (野花の写真をクリックすると、800×599 pixelでご覧頂けます)

 以前、

ウマノアシガタ(馬の脚形) … 川原辺に咲く

という記事の中でちらっとお話ししましたが、
地元の地主の方とそのお友達が山の自然を護りながら、フナ釣りを楽しんでおられる池のある場所です。

 その池の周辺に今、アザミ(薊)が花を咲かせています。

 キツネアザミ狐薊という名前です。

 紅紫色のもしゃもしゃした花の姿が、どこかユーモラスな野花です。


キツネアザミ(狐薊)

写真の撮影地 京都市伏見区日野 (野花の写真をクリックすると、800×599 pixelでご覧頂けます)

 キツネアザミ狐薊)という名前は、アザミ(薊)に似てはいるけれど、
アザミ(薊)特有のトゲがないことから、
狐がアザミ(薊)に化けた姿に見立ててつけられたと言われています。

キツネアザミ(狐薊)

写真の撮影地 京都市伏見区日野 (野花の写真をクリックすると、800×599 pixelでご覧頂けます)

 そっくりにまねたつもりでも、しっぽで見破られてしまう……、

 そんな滑稽な狐の昔話が下敷きになっているのでしょうね。

 属名も、トゲのあるノアザミ(野薊)やハマアザミ(浜薊)のようにキク科アザミ属ではなく、
キク科キツネアザミ属とされています。

 写真では確認できませんが、葉の裏側が細かい白い毛で覆われているのも、
このキツネアザミ(狐薊)の特徴です。

 遠い古代の昔、日本に稲作文化が伝わった頃に渡来した史前帰化植物であると考えられています。

キツネアザミ(狐薊)

写真の撮影地 京都市伏見区日野 (野花の写真をクリックすると、800×599 pixelでご覧頂けます)

 関西から南に多く分布し、農村地帯ではごく普通に見られるお馴染みの野花です。

 関東以北でもその数は少ないものの分布が確認されています。

 キツネアザミ(狐薊) キク科キツネアザミ属の一年草 Hemistepta lyrata

 分 布   本州~沖縄
 生育地   水田、湿地帯周辺、田畑、道端
 花 期   5月~6月
 花 色   紅紫色



当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 季節の花ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンクをひと押し、応援いただけるとうれしいです。(^o^)
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ



●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。 当サイトに掲載している野花の写真(画像)は、すべてフリー素材写真(画像)として自由にお持ち帰りいただけます。お持ち帰り方法は、写真(画像)のご使用についてのページをご覧ください。
  トップページ   サイトマップ   運営者情報   リンク集


コメント

  1. りんがむ | URL | -

    まつたけ名人さん、ようこそ。

     まつたけ名人さん、お越し頂き本当にありがとうございます。

     さすがに東北ではキツネアザミは無理かな、やっぱり。
     ブログ拝見しました。山深い渓谷のすがすがしい空気を堪能させていただきました。
     よろしければ、ちょくちょくおいでください。私も、おじゃまさせていただきます。
     では、またその折に。
     ありがとうございました。

  2. マツタケ名人 | URL | bb58/azw

    こんばんは。

    私のところではまったく見かけませんね……。
    かわいらしいのは納得ですが、いかんせん住んでいるところが東北ですし。

  3. りんがむ | URL | -

    アザミに何か特別な思い入れがおありなんでしょうね。

     さざなみさん、ようこそ。

     キツネアザミ(狐薊)は、どこか”アザミ(薊)もどき”みたいな扱いをされているふしがあります。
     ”似て非なるもの”みたいな。
     ”別格”……、わかるようなわからないような。
     私には、エースをねらえの”音羽京子”やキャンディキャンディの”イライザ”のようなイメージがあるのですが……、わからないですよね。世代が違うし。

  4. さざなみ | URL | LtMzB4og

    トゲがないんですかぁ?

    薊っていうと、トゲを連想しちゃいますけど、トゲがないんですねぇ。
    野の花の中でも、薊ってちょっと別格なイメージがあります。
    何故でしょう???
    私のイメージですから、分りませんよね(笑)?

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://linghum.blog119.fc2.com/tb.php/131-c84525a5
この記事へのトラックバック


最新記事


BBS7.COM
MENURNDNEXT
Flower Explorer資格取得支援情報室美容室・サロン設計ならビューティーデザインショップ無料ブログパーツ ブロパ.jp相互リンク.com相互リンク検索エンジン:暮らしと趣味婚礼のしきたりとマナー相互リンク集ブログ足の臭いの悩み・原因と対策・解消法 暮らしと資格の情報室 金魚の飼い方・育て方
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。