トップページ  サイトマップ  運営者情報  リンク集

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 季節の花ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンクをひと押し、応援いただけるとうれしいです。(^o^)
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ



●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。 当サイトに掲載している野花の写真(画像)は、すべてフリー素材写真(画像)として自由にお持ち帰りいただけます。お持ち帰り方法は、写真(画像)のご使用についてのページをご覧ください。
  トップページ  サイトマップ  運営者情報  リンク集

ドクダミ … いにしえの名は蜻蛉日記に美しく

2008年06月21日 23:01

 この一週間、不本意ながら(?)自宅と勤め先を律儀に往復する仕事人間のような生活を送っておりました。

 ご無沙汰いたしております。りんがむです。

 で、ようやく土曜日の午後解放されて、さっそく近くの雑木林へと向かいました。

 その途中、日野児童公園という小さな公園の周囲で咲いている野花があります。

 近づくにつれてその独特の強い匂いが漂ってきます。慣れないとけっこうきついものがある、そんな匂いです。

ドクダミ

写真の撮影地 京都市伏見区日野 (野花の写真をクリックすると、800×599 pixelでご覧頂けます)

 ドクダミですね。花はけっこう可憐なのですけれど、名前がいけません。

 ドクダミですもんね。

 でも、この名前、この植物が持っている様々な薬効のひとつ、体の毒や痛みを取る……”毒痛み”という言葉から来ているんですね。(広辞苑には、”毒を矯める・止める”、の意。江戸時代中頃からの名称、と記載されています)

 いちおうちゃんとした名前ではあるわけです。

ドクダミ

写真の撮影地 京都市伏見区日野 (野花の写真をクリックすると、800×599 pixelでご覧頂けます)

 一般に花びらだと思われている四枚の白いのは、苞(ほう・総苞片)で、花は中央の穂に無数に咲いている小さな黄色い部分にあります。

 思いっきり寄ってみました。その繊細なつくりをしているあたり、ご覧頂ければいいのですが。

ドクダミ

写真の撮影地 京都市伏見区日野 (野花の写真をクリックすると、800×599 pixelでご覧頂けます)

 右大将藤原道綱の母の自叙伝的な日記、つまり蜻蛉日記(かげろうにっき)におそらくこのドクダミではないかと思われる記述があります。

 ”池にしぶき(しぶくさ)といふもの生ひたる……、云々” この”しぶき(しぶくさ)”がドクダミの古名(いにしえの名)ではないかといわれています。

ドクダミ

写真の撮影地 京都市伏見区日野 (野花の写真をクリックすると、800×599 pixelでご覧頂けます)

 ”しぶき” 美しい名前ですね。花言葉は、”白い追憶”だそうです。

 ドクダミ ドクダミ科ドクダミ属の多年草 Houttuynia cordata

 分 布   本州~沖縄
 生育地   雑木林周辺、草むら、やぶ
 花 期   6月~7月
 花 色   白

当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 季節の花ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンクをひと押し、応援いただけるとうれしいです。(^o^)
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ



●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。 当サイトに掲載している野花の写真(画像)は、すべてフリー素材写真(画像)として自由にお持ち帰りいただけます。お持ち帰り方法は、写真(画像)のご使用についてのページをご覧ください。
  トップページ   サイトマップ   運営者情報   リンク集


コメント

  1. りんがむ | URL | -

    utugiさん、このドクダミはかじってもOKです。かなりまずいけど……。

     utugiさん、ようこそ。

     そうですね、沖縄では見られないかもしれませんね。

     佐賀の山村にいた頃でも、けっこう沖縄の文化が入ってきていて、沖縄は遠いけれど身近な感じがしていたのですが。

     ドクダミはかじっても害はない(と思う)けれど、やめておいた方がおりこうさんだと思います。恐ろしくまずくてくさいから。

     食った私が言うのだから……。


     

  2. りんがむ | URL | -

    さざなみさん、ようこそ。

     確かに、さざみさんの仰るように、シスターの雰囲気ありそうですね。

     子供の頃、九州の山村で暮らしていた頃、じさまやばさまが山でこのドクダミやセンブリをたくさん取ってきて軒下で陰干しにしていました。
     田舎のことですから、それが家族の健康を支える大切なお薬だったわけです。

     使い方もちゃんと憶えています。私には今でもドクダミは雑草ではなく”お薬”という感覚があります。

     典型的な田舎者ですね。

  3. utugi | URL | -

    Re: ドクダミ … いにしえの名は蜻蛉日記に美しく

    ドクダミ、あまり見た覚えがないので、ネットで調べてみたら、「日本、中国、ヒマラヤ、ジャワなど東アジア地域に広く分布し、日本では本州、四国、九州の低地に自生する多年生草本」とありました。やはり沖縄には生息していないって事ですよね?沖縄よりも寒い地域に生える植物でしょうか。
     白い花が清楚な感じがして、素敵です。この花びらもかじりがいがありそう・・・(笑)。

  4. さざなみ | URL | LtMzB4og

    Re: ドクダミ … いにしえの名は蜻蛉日記に美しく

    小さい頃、このドクダミの匂いが嫌いで嫌いで(笑)。
    どうしてこんなのが在るんだろう、なんてことまで考えてました。
    でも、神様の創ったものに意味のないものはなく、このドクダミのさまざまな薬効やら何やらをあとで知って納得したものです。
    りんがむさんのお写真では、ドクダミではないかのような、教会のシスターのようなイメージがあります((b´∀`))ネ♪

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://linghum.blog119.fc2.com/tb.php/139-4b696752
この記事へのトラックバック


最新記事


BBS7.COM
MENURNDNEXT
Flower Explorer資格取得支援情報室美容室・サロン設計ならビューティーデザインショップ無料ブログパーツ ブロパ.jp相互リンク.com相互リンク検索エンジン:暮らしと趣味婚礼のしきたりとマナー相互リンク集ブログ足の臭いの悩み・原因と対策・解消法 暮らしと資格の情報室 金魚の飼い方・育て方
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。