トップページ  サイトマップ  運営者情報  リンク集

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 季節の花ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンクをひと押し、応援いただけるとうれしいです。(^o^)
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ



●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。 当サイトに掲載している野花の写真(画像)は、すべてフリー素材写真(画像)として自由にお持ち帰りいただけます。お持ち帰り方法は、写真(画像)のご使用についてのページをご覧ください。
  トップページ  サイトマップ  運営者情報  リンク集

キツネノボタン(狐の牡丹) … だと思うのですけれど。

2008年07月13日 01:52

 ここ数日、突然にわかに空がかき曇り、雷鳴とともにどんぶり鉢? バケツ? とにかくとてつもないくらいの水桶をひっくり返したような雨が一気に降る。そんなお天気が続いています。

 そう思って空を見上げると、すでに重そうな雲が。

 来るな、こりゃ。

 そう思いながら、ガレージに車を収めて家に入ると、うちの将軍様がお出迎えです。

犬将軍 たく殿

写真の撮影地 京都市伏見区日野のたく殿の居城 (写真をクリックすると、800×599 pixelで殿をご覧頂けます)

 ”おお、戻ったか。ちょうどよかった。ぬるい扇風機にも飽いてまいった。ゆるりと散歩などに参ろうぞ”

 さすがは殿。佇まいにも余裕と品格ががおありなさる。

 が。

 ”だめ! もう雨が降ってくるし”

 ”だいいち、殿は今日、お風呂にはいる日でございましょう? ブラッシングもしているのかいないのか、そのような町人風情にもあるまじき、こきたない身なりでは、散歩もなにもありますまい”

稼ぎ頭を屁とも思わない、貫禄を示す殿

写真の撮影地 京都市伏見区日野のたく殿の居城 (写真をクリックすると、800×599 pixelで殿をご覧頂けます)

 ”ねぇ、こいつこんなこといってるけど、じめっとした方の座敷牢に放り込んでもいい?” 

 どうやら私にご立腹のようです。嫁御と目で話をしています。

 だけど、座敷牢なんてつくった憶えないんだけど。だいいち、じめっとした方って、どこのことよ。

 嫁御は嫁御で、

 ”せっかく早く帰ってきはったた時くらい、つれていってあげはったらどうですのん? どうせ雑草の写真、撮りにいかはりますのやろ?”

 雑草って……。 そりゃそうだけど……。

 とにかく、それとこれとは別。

 ”だいいち、殿を連れてたら、落ち着いて写真なんかとれへんやん。その上ほんまに雨降ってきたら、わややし”

 ”そないなこと、殿の前で言わんでも。大人げない人やな”

 大人げないって、そんな。ごく普通の会話やん。

 そう思いながら、殿を見ると……。

うるうるな殿

写真の撮影地 京都市伏見区日野のたく殿の居城 (写真をクリックすると、800×599 pixelで殿をご覧頂けます)

 おいおい。泣くなよ。泣かんでもええやん。

 ん……。 わかた、わかた。つれてゆく、つれてゆくから。


 そんなわけで、慌ただしく殿のお散歩に出かけたわけです。

ベゴニアとウサギ

写真の撮影地 京都市伏見区日野のたくの居城大手門脇のいわゆる玄関 (写真をクリックすると、800×599 pixelでご覧頂けます)

 玄関脇の鉢植えには、ベコニアとウサギがいます。殿の目線ではおおよそこんな感じで見えているのでしょう。

殿が近頃関心を寄せているブルーベリー

写真の撮影地 京都市伏見区日野のたくの居城大手門脇のいわゆる玄関 (写真をクリックすると、800×599 pixelでご覧頂けます)

 そうそう、ブルーベリーが実をつけました。

 鉢植えですから、数はたいしたことありません。ジャムを作るってほどもありませんから、ぼちぼちつまんで食べようかなと思っています。名前は、”ラビットアイ”です。

殿が近頃関心を寄せているブルーベリー

写真の撮影地 京都市伏見区日野のたくの居城大手門脇のいわゆる玄関 (写真をクリックすると、800×599 pixelでご覧頂けます)

 空模様と、殿のゴキゲンをうかがいながら、雑木林の方へと歩いてゆくと、以前にもご紹介いたしました、方丈石までの距離を示す道標が道の傍らによろけています。

あてにならない道標

写真の撮影地 京都市伏見区日野 (写真をクリックすると、800×599 pixelでご覧頂けます)

 ”500m”とありますが、信用してはいけません。

 この先、100mも歩かないうちに、”この先300m”という同じ格好の道しるべに出会います。その道しるべも草むらにこけています。まるで誰かに蹴っ飛ばされたようです。蹴っ飛ばした人の気持ちよくわかります。

 300mなんてのんきな気持ちじゃ、たどり着けません。確かに距離を測れば正しいのかもしれませんが、山道の傾斜についてまったく考慮されていません。

 ほかの方がどう感じられるかはわかりませんが、私にはあと300mという気持ちではたどりつけませんでした。

 気分屋の殿も、ぼちぼち帰りたがっておられるようなので、これを機に迷うことなく引き返します。

キツネノボタン(狐の牡丹)

写真の撮影地 京都市伏見区日野 (写真をクリックすると、800×599 pixelでご覧頂けます)

 その帰り道に、小さな花を見つけました。山から流れ出す水を誘導する溝の脇に咲いています。

 手にハーネスの端を巻き付け、デジカメを地面すれすれに構える私がおもしろいのか、滑稽なのか。

 殿は、やたら私にまとわりついてくださいます。はっきりいって、”じゃま”です。

 ”ちょっとまってて、じっとしてて” 

 そう言えば言うほど、うれしそうです。

 ”このばか犬” … もちろんそう思ったのは一瞬だけです。一瞬だけだってば。

キツネノボタン(狐の牡丹)

写真の撮影地 京都市伏見区日野 (写真をクリックすると、800×599 pixelでご覧頂けます)

 そんなわけで、突然レンズの前に飛び出した殿のぼやけたお顔のアップ写真や、いきなりの右フックの肉球の写真や、どこを撮っているのかさえわからないような写真をすべてボツにして、残った3枚目をご覧ください。

キツネノボタン(狐の牡丹)

写真の撮影地 京都市伏見区日野 (写真をクリックすると、800×599 pixelでご覧頂けます)

 たぶんキツネノボタン(狐の牡丹)だと思います。



当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 季節の花ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンクをひと押し、応援いただけるとうれしいです。(^o^)
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ



●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。 当サイトに掲載している野花の写真(画像)は、すべてフリー素材写真(画像)として自由にお持ち帰りいただけます。お持ち帰り方法は、写真(画像)のご使用についてのページをご覧ください。
  トップページ   サイトマップ   運営者情報   リンク集


コメント

  1. りんがむ | URL | -

    時には「ばーん」と…、すかっとするでしょうね。

     かげさん、こんばんは。

     時には「ばーん」と…、やってみたいものですね。でも、結局いろんな方に迷惑かけるだけだから。みんなそうやって、我慢してるのでしょうね。

     そうなんです。うちに帰ってからケキツネノボタンだったかもしれないとも思いました。せめて茎が毛深かったかどうかぐらいちゃんと見ておけばいよかったのですが。

     まぬけです。

  2. かげ | URL | h8SlrcxY

    Re: キツネノボタン(狐の牡丹) … だと思うのですけれど。

    時には「バーン」と投げ出してしまいたくなることもありますよね。
    そんなときは深呼吸して気分転換ですね。

    2枚目の花の写真はケキツネノボタンにも見えなくないですが・・・
    そう果の先端が鉤型になっているのでキツネノボタンかなぁ・・・
    葉っぱや茎の部分が写っていないのが残念です。

  3. りんがむ | URL | -

    さざなみさん、おかげで私自身の間違いに気がつきました。

     さざなみさん、お言葉ありがとうございます。

     さざなみさんのお言葉を伺ううちに、私自身の考えにも大きな過ちがあることに気がつきました。

     私も私の価値観と評価基準のみに従って、人を評価していました。

     自分の考えがきっと正しいに違いないという思いこみから、私を理解しようとしない人を、私もまた理解しようとしていない、という過ちです。

     ”その前に、その人が世界をどういう風に眺めているかが分かるようになりなさい”

     こんなに優しくも重い言葉があることを知らずにいました。

     私はやはり、独りよがりだったかもしれません。

     本当にありがとうね。

     私たち夫婦には子供が授かりませんでしたので、殿(たく、という名前です)が、子供のような感じです。殿は、私を家来だと思っているようですが。

     キツネノボタンには、そっくりな”ケキツネノボタン”というのがありまして、せっかちな殿にかまけて、ほんとはどっちだったかちゃんと確認していません。

     だから、”かもしれない”ということにしておいてください。

     それでは。

  4. さざなみ | URL | LtMzB4og

    Re: キツネノボタン(狐の牡丹) … だと思うのですけれど。

    マーラ・メイブルズ・トランプの言葉に『人を評価するのはよしなさい。その前に、その人が世界をどういう風に眺めているかが分かるようになりなさい。』とありますが、りんがむさんを少しだけ見て不平不満を言っているんですね?りんがむさんが世界をどういう風に…云々は、ブログでこうして読ませていただくから分るワケで、それもすべてというワケではありませんものね。
    ただ、写真から伝わります。
    それは、ここに来る人みんなに。
    理不尽な人はどこにでもいるんですね。
    そういうワケの分らない人には、理解してもらおうなんて思わないで、ワケの分らないお話をされた方が良いですよ(笑)。

    お犬さま(笑)を飼ってらっしゃるの、ちょっと以外でした。
    表情豊かで可愛いです((b´∀`))ネ♪
    キツネノボタンって、この黄色のお花がそうなんですか?
    そしてトゲトゲの実をつけるんですね?

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://linghum.blog119.fc2.com/tb.php/146-d2556a45
この記事へのトラックバック


最新記事


BBS7.COM
MENURNDNEXT
Flower Explorer資格取得支援情報室美容室・サロン設計ならビューティーデザインショップ無料ブログパーツ ブロパ.jp相互リンク.com相互リンク検索エンジン:暮らしと趣味婚礼のしきたりとマナー相互リンク集ブログ足の臭いの悩み・原因と対策・解消法 暮らしと資格の情報室 金魚の飼い方・育て方
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。