トップページ  サイトマップ  運営者情報  リンク集

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 季節の花ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンクをひと押し、応援いただけるとうれしいです。(^o^)
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ



●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。 当サイトに掲載している野花の写真(画像)は、すべてフリー素材写真(画像)として自由にお持ち帰りいただけます。お持ち帰り方法は、写真(画像)のご使用についてのページをご覧ください。
  トップページ  サイトマップ  運営者情報  リンク集

ヨウシュヤマゴボウ(洋種山牛蒡) … 緑深き御陵に背高く

2008年08月02日 21:34

蒼穹に抱かれて

写真の撮影地 京都市伏見区 桃山町 古城山 (写真をクリックすると、800×599 pixelでご覧頂けます)

 先日の日曜日に桃山御陵とその周辺に咲くヤブミョウガ(藪茗荷)をご覧いただいたのですが(ヤブミョウガ … 桃山御陵の木洩れ日の下)、その際に撮った写真をもう少しご覧いただこうかと思います。

 ご覧いただいているのは、明治天皇の御陵墓です。

 覆うものは深き蒼穹の他にはなにもありません。そして足下に目をやると、ちりひとつ落ちていません。

 本当に落ちていないんです。

 いつここへきても同じです。仕事だから、といえばそれまでかもしれませんが、すごいことだと思います。

 自分の仕事に誇りを持っている方のお仕事。そんな気がします。

 御陵墓の階段を下って、道沿いに歩いてゆくと、見慣れた野花の姿を見ることができます。

ヨウシュヤマゴボウ(洋種山牛蒡) その1

写真の撮影地 京都市伏見区 桃山町 古城山 (写真をクリックすると、800×599 pixelでご覧頂けます)

 もう皆さんよくご存じですね。

 ヨウシュヤマゴボウ洋種山牛蒡です。

 昨年のことですが、ヨウシュヤマゴボウ(洋種山牛蒡) ぶどうに似てはいるけれどというタイトルでご覧いただいたことがあります。

 ヨウシュヤマゴボウ(洋種山牛蒡) その2

写真の撮影地 京都市伏見区 桃山町 古城山 (写真をクリックすると、800×599 pixelでご覧頂けます)

花なのか実なのかよくわからない格好をしていますが、どこか初々しい感じがします。

ヨウシュヤマゴボウ(洋種山牛蒡) その3

写真の撮影地 京都市伏見区 桃山町 古城山 (写真をクリックすると、800×599 pixelでご覧頂けます)

 このくらいになると、なんとなく”ぶどう(葡萄)”に似てるかもね、という気がしないでもありません。


 子供の頃のことです。

 九州の山奥の村にいた私は、大人たちに、

 ”これは食うなよ、毒だから”

 と繰り返し言い聞かされていました。

 どういう訳か、大人の言うことを素直に聞かないひねくれ者だった私は、この実を食べたことがあります。泣き虫なくせに何でも自分で確かめないと気が済まない、やっかいな子供でした。

 口いっぱいに広がる …… 何ともいえない苦みと青臭さに半泣きになったことを今でもよく覚えています。

 それでも、なかなか大人の言葉を信じないへそ曲がりな性格は直らず、今でもそれは変わりません。

 ずいぶんと手のかかる子供だったようです。 きっと、死ぬまでこのままでしょうね。

 困ったものです。

 それはともかく。(またヨタ話になってしまいました)

ヨウシュヤマゴボウ(洋種山牛蒡) その4

写真の撮影地 京都市伏見区 桃山町 古城山 (写真をクリックすると、800×599 pixelでご覧頂けます)

 とにかくヨウシュヤマゴボウ(洋種山牛蒡)には毒性があります。

 実以外はすべて毒があると思ってください。だから、食べたりしないでくださいね。

 そんなこと、しないって。

 たいていの方は、たぶんそうだと思います。

 でも、モリアザミの根がヤマゴボウという名で山菜として売られているのをご存じでしょうか? 

 このモリアザミの根と,ヨウシュヤマゴボウの根を混同してしている方が、根を掘りだして食べてしまい,中毒になるという事例が少ないけれど、今でも時々あるそうです。

ヨウシュヤマゴボウ(洋種山牛蒡) その5

写真の撮影地 京都市伏見区 桃山町 古城山 (写真をクリックすると、800×599 pixelでご覧頂けます)

 だいたい、ヨウシュヤマゴボウ(洋種山牛蒡)なんていう、いかにも食べられそうな名前をつけたことがそもそもの間違いなのかもしれません。

 もっとわかりやすく”ドクブドウモドキ”とか、”イチコロヤマゴボウ”だったら、よかったのかもしれません。(もちろんこんな名前ありませんよ、たとえばの話ですよ)

 ヨウシュヤマゴボウ(洋種山牛蒡)にとっては人間がつける名前なんてどうでもいいわけですから。

 ヨウシュヤマゴボウ(洋種山牛蒡) ヤマゴボウ科ヤマゴボウ属の多年草 Phytolacca americana

 生育地   荒れ地、道ばた
 分 布   本州~九州
 花 期   6月~10月

 ヨウシュヤマゴボウ(洋種山牛蒡)は北アメリカ原産の帰化植物で,ヤマゴボウ科の多年草です。  アメリカヤマゴボウという別名で呼ばれることもあります。

 初夏から秋にかけて総状花序と呼ばれる、ブドウのような紅紫色の果実を付けます。



当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 季節の花ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンクをひと押し、応援いただけるとうれしいです。(^o^)
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ



●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。 当サイトに掲載している野花の写真(画像)は、すべてフリー素材写真(画像)として自由にお持ち帰りいただけます。お持ち帰り方法は、写真(画像)のご使用についてのページをご覧ください。
  トップページ   サイトマップ   運営者情報   リンク集


コメント

  1. りんがむ | URL | -

    Tomoさん、さすがお詳しいですね。

     Tomoさん、ようこそ。

     宮内庁書陵部陵墓監区事務所。すごい名前ですね、舌噛みそうです。

     やはり専門の部署があったのですね。なるほどです。

     同じ京都でも伏見は市内とはまた違った歴史の側面があっておもしろいところです。

     機会があったらおぜひ越しください。

     ブログ拝見しました。

     自家製とうもころし、遠い昔を思い出しました。

     ありがとうございました。

  2. Tomo | URL | -

    Re: ヨウシュヤマゴボウ(洋種山牛蒡) … 緑深き御陵に背高く

    こんばんはです。
    明治天皇御陵墓は本当に緑が溢れていて美しいですね。
    さすが宮内庁書陵部陵墓監区事務所が管理しているので専門部がいるのだから凄いですね。
    しかし、歴史大好きな人間としては実際行って自分の目で見てみたいですね。。。

  3. りんがむ | URL | -

    東京ディズニーランドには、清掃の匠がいるとか。

     さざなみさん、いつもありがとうございます。

     私はまだ行ったことがないのですけれども、東京ディズニーランドには、カストーディアルと呼ばれる清掃スタッフがいらっしゃるとか。

     夢の国を陰で支えている、誇り高い方たちだと。

     意識のありようのすごさを、桃山御陵に携わる方たちにも感じます。(仕事さぼって川遊びしている場合ではありませんね)

     当時の山深い田舎にはコンビニも駄菓子屋さんもありませんでしたから、食えるものは自分で探す。食えないといわれても、そのまま信じない。そんなかんじでした。

     探求心旺盛というよりは、ただ食い意地が張って無鉄砲だった。それだけです。

     でも、それが楽しかったんですよ。

     ”あいつ、あれ食ったんだって。すげー。勇気あるなー”って言われたりして。(それってほんとは勇気じゃないんですけどね)

  4. さざなみ | URL | LtMzB4og

    Re: ヨウシュヤマゴボウ(洋種山牛蒡) … 緑深き御陵に背高く

    変わった植物なんですね。
    人の名付け方が変わっているだけですけど(笑)。
    でも、毒だから…と言われたら、確認しようとは思わないわぁ(笑)、りんがむさん、探究心に富んでいるんですねぇ(´艸`)ムププ♪
    明治天皇の御陵墓、塵一つ落ちてないとは天晴れです。
    そこまでだと、その後訪れた人も落とすものではない、と言われなくても分かりますよね。
    素晴らしいです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://linghum.blog119.fc2.com/tb.php/154-430eb11d
この記事へのトラックバック


最新記事


BBS7.COM
MENURNDNEXT
Flower Explorer資格取得支援情報室美容室・サロン設計ならビューティーデザインショップ無料ブログパーツ ブロパ.jp相互リンク.com相互リンク検索エンジン:暮らしと趣味婚礼のしきたりとマナー相互リンク集ブログ足の臭いの悩み・原因と対策・解消法 暮らしと資格の情報室 金魚の飼い方・育て方
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。