トップページ  サイトマップ  運営者情報  リンク集

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 季節の花ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンクをひと押し、応援いただけるとうれしいです。(^o^)
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ



●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。 当サイトに掲載している野花の写真(画像)は、すべてフリー素材写真(画像)として自由にお持ち帰りいただけます。お持ち帰り方法は、写真(画像)のご使用についてのページをご覧ください。
  トップページ  サイトマップ  運営者情報  リンク集

コマツナギ(駒繋) … 花言葉は”希望を叶える”

2008年08月09日 06:20

コマツナギ(駒繋) その1

写真の撮影地 京都市伏見区日野 (写真をクリックすると、800×599 pixelでご覧頂けます)


 先日アキノタムラソウ(秋の田村草)を見かけた場所のすぐそばで、淡いピンク色の花をいくつも咲かせている野花を見つけました。


 コマツナギ駒繋というちょっと変わった名前の野花です。


コマツナギ(駒繋) その2

写真の撮影地 京都市伏見区日野 (写真をクリックすると、800×599 pixelでご覧頂けます)


 コマツナギ駒繋は、正確に言うと草花ではありません。

 背丈も約40cmから大きくても80cm位ですから、草花といっても別段なんの不思議もなさそうなのですが、マメ科コマツナギ属の落葉小低木に分類されています。木本植物、つまり””なのですね。

 コマツナギ(駒繋)という変わった名前の由来ですが、大井次三郎という方の 朝日百科「世界の植物」によれば、


「茎は細いが強くて、馬の手綱をつなぐのによいからといわれるが、またマメ科で、家畜の好む濃厚飼料であるから、馬が生えているところから離れないためとも解される」

 と書かれています。


コマツナギ(駒繋) その3

写真の撮影地 京都市伏見区日野 (写真をクリックすると、800×599 pixelでご覧頂けます)


 駒とは馬のことです。つまり、馬が好んで食べる植物なので、食べるのに夢中になってそこから離れない上に、茎は細いけれど、馬を繋げるほど丈夫だから、ということのようです。

 まさかいくら何でも”馬の手綱をつなぐのによい”というのはちょっと大げさかもしれませんが、かといってまったくの嘘でもありません。

 確かに茎はけっこう丈夫で、少々のことではちぎれそうもありません。

 コマツナギ(駒繋)によく似た同じマメ科の植物に”ハギ(萩)”があります。ヤマハギ(山萩)や、マルバハギ(丸葉萩),ミヤギノハギ(宮城野萩)など、花色や葉の形がよく似ています。

 コマツナギ(駒繋)とハギ(萩)の違いはいろいろありますが、決定的な違いは、葉の付き方でしょう。

 写真でもご覧いただけると思いますが、コマツナギ(駒繋)の葉は個体差もありますがおおよそ7枚から11枚前後でワンセット(奇数の羽状複葉)です。

 それに対してヤマハギ(山萩)や、マルバハギ(丸葉萩),ミヤギノハギ(宮城野萩)は3出複葉、つまり3枚でワンセットなのです。これが一番わかりやすい違いだと思います。


 花言葉は、”希望を叶える”です。(なかなかよい花言葉ですね)


コマツナギ(駒繋) その4

写真の撮影地 京都市伏見区日野 (写真をクリックすると、800×599 pixelでご覧頂けます)


 コマツナギ(駒繋) マメ科コマツナギ属の落葉小低木 Indigofera pseudo-tinctoria Matsum

 分 布   本州~九州
 生育地   草地、土手
 花 期   7月~9月


 コマツナギ(駒繋)の育て方
 鉢植え地植え共に、植え付けは3~4月頃。

 その際、根がかなり弱いのでできれば根土を残したまま採取して(私が以前育てたときはそうしました)植え付けてください。

 用土ついては同じ仲間のハギ(萩)や、ニワフジ(庭藤)の育て方を参考にしていただければ特に問題はないと思いますが、基本的には園芸店で市販されている草花用の用土でも問題なく育ちます。
 土の乾燥にはやや敏感なようです。野生の場合でも真夏の日中などには葉がしおれる事が多いので、鉢植えの場合は特に水の管理に気をつけて、土の表面が乾いたら鉢底から水が流れ出るまでたっぷり与えたほうが元気に育ってくれます。

 ポイントは、窒素分の多い肥料を与え過ぎないこと。(窒素が多いと葉ばかり茂って花が咲かなくなります)

 それから咲き終った花がらをこまめに取り除いてあげること。そうすると新しい花がつきやすくなり、病気や害虫も発生しにくくなります。

   風通しが良く、適度に日光が当たる場所に置けば病気はほとんど出ません。まれに害虫がつくことがありますが、見かけたら対応した薬剤散布でOKです。



当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 季節の花ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンクをひと押し、応援いただけるとうれしいです。(^o^)
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ



●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。 当サイトに掲載している野花の写真(画像)は、すべてフリー素材写真(画像)として自由にお持ち帰りいただけます。お持ち帰り方法は、写真(画像)のご使用についてのページをご覧ください。
  トップページ   サイトマップ   運営者情報   リンク集


コメント

  1. りんがむ | URL | -

    由美ちゃんさん、ようこそ。

    普段忙しくしていると、路傍の埃をかぶった野花に目を向ける事もなかなかできませんが、

    こうして膝を折って眺めてみるといろんな驚きに出会えます。

    いつもお越しいただいて感謝しています。
    がんばってもっといろいろお目にかけたいと思っています。

    これからもよろしくお願いいたします、ね。

  2. りんがむ | URL | -

    さざなみさん、いつもありがとね。

     残暑という言葉の響きだけで、どことなく逝く夏を惜しむような心持ちになるから不思議です。

     とはいえ、日中は車のボンネットの上でバーベキューでもできそうなくらいですが。

     そうですね、昔の方がつけた名前は、こぎれいなものばかりではないけれど、見つめるまなざしには深く優しいものを感じられるような気がします。

     今日もう一つ野花をアップしましたので、よろしければみてやってくださいね。

     そうそう、リスミーのお気に入り、ありがとうございました。

     ”うれしいっす”


     

  3. 由美ちゃん | URL | -

    Re: コマツナギ(駒繋) … 花言葉は”希望を叶える”

    こんにちは。
    何気ない野花も
    ステキなお写真と花言葉で
    見方が変わってきますね。
    見つけると嬉しくなっちゃいます。

  4. さざなみ | URL | LtMzB4og

    Re: コマツナギ(駒繋) … 花言葉は”希望を叶える”

    確かに暑いんですけど、立秋を過ぎると、風や光にどことなく秋を見出したくなります。
    こんな萩のようなお花を見ると更に思います(笑)。
    昔の人の名前の付け方は、生活に密着しているから、変わっているようで説明を聞くと納得しますものね。そして忘れない。
    素敵ですね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://linghum.blog119.fc2.com/tb.php/157-3ead3463
この記事へのトラックバック


最新記事


BBS7.COM
MENURNDNEXT
Flower Explorer資格取得支援情報室美容室・サロン設計ならビューティーデザインショップ無料ブログパーツ ブロパ.jp相互リンク.com相互リンク検索エンジン:暮らしと趣味婚礼のしきたりとマナー相互リンク集ブログ足の臭いの悩み・原因と対策・解消法 暮らしと資格の情報室 金魚の飼い方・育て方
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。