トップページ  サイトマップ  運営者情報  リンク集

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 季節の花ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンクをひと押し、応援いただけるとうれしいです。(^o^)
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ



●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。 当サイトに掲載している野花の写真(画像)は、すべてフリー素材写真(画像)として自由にお持ち帰りいただけます。お持ち帰り方法は、写真(画像)のご使用についてのページをご覧ください。
  トップページ  サイトマップ  運営者情報  リンク集

一言寺界隈花散歩 その弐 … フヨウ(芙蓉)とエノコログサ(狗尾草)

2008年08月13日 10:16

一言寺 山門と山桃の木

写真の撮影地 京都市伏見区醍醐 (写真をクリックすると、800×599 pixelでご覧頂けます)


 前回に引き続き、一言寺(いちごんじ)界隈の花散歩を。

 一言寺(いちごんじ)の山門の左手には、大きなヤマモモ(山桃)の古木があります。

 京都市の天然記念物に指定されていて、樹高 9.2m、周囲 3.28mととても大きな木です。

 ヤマモモ(山桃)は春先に花をつけ、6月頃に赤い実をつけます。

 その写真をご覧にいただきたいと思って以前撮った写真をさんざん探してみたのですが、ない! HDDにも、DVD-RAMにも、ROMにも、どこにもありません。ぼけっとして消してしまったようです。

 みなさんもデータ消失にはくれぐれもご用心、ご用心。

 ということで応援をお願いして、京都在住の小説家”龍3”さんのブログ、”Dragon-tail”に掲載されている、おいしそうな山桃のお写真をご覧ください。

 このヤマモモ(山桃)の実、食べられるんですよ。

 子供の頃、九州の山奥の村にいた頃、よく食べました。木の香りがする甘酸っぱい味がします。真っ赤に熟した頃が食べ頃です。もちろん、一言寺のこのヤマモモ(山桃)の実は、食べたりしてませんよ。なにしろ京都市の天然記念物なんだから。


 してないってば!


一言寺 山桃の古木

写真の撮影地 京都市伏見区醍醐 (写真をクリックすると、800×599 pixelでご覧頂けます)


 山桃の根元を見ると、ご覧のように大きな空洞が空いています。

 ヤマモモ(山桃)の木は年降るに従ってこんな風に、空洞化するという特徴があるとか。ほんとは、だめなんですけど、ほんの少しだけそばに行って、この空洞に入ってみました。

 身長173cm、体重62kg、ウェスト64cm。ややメタボが気になりだした私の体がすっぽり収まります。

 なんとなく、ヤマモモ(山桃)の木になったような気分です。なかなか悪くないです。

 でも、あんまり調子に乗っているとバチが当たるかも知れませんので、このくらいにして山門の石段を下ります。


一言寺のフヨウと小さな虫

写真の撮影地 京都市伏見区醍醐 (写真をクリックすると、800×599 pixelでご覧頂けます)


 石段下の左手で、フヨウ(芙蓉)の花が見頃です。

 私は、いまだにフヨウ(芙蓉)と同じ仲間のムクゲ(木槿)を見誤ることがあります。(葉の形や、雌しべの特徴なんかから、たぶんフヨウ(芙蓉)だと思うのですが)

 花の真ん中で、小さな虫が花粉にまみれてごそごそやってます。こうやって花粉を運ぶお手伝いをしているんですね。


一言寺のフヨウ二輪

写真の撮影地 京都市伏見区醍醐 (写真をクリックすると、800×599 pixelでご覧頂けます)


 夏の強い陽射しもフヨウ(芙蓉)の花にはどこか優しげです。


一言寺のフヨウを透過光で見る

写真の撮影地 京都市伏見区醍醐 (写真をクリックすると、800×599 pixelでご覧頂けます)


 フヨウ(芙蓉)の花を裏側から透過光で見てみました。


一言寺のフヨウと醍醐の町

写真の撮影地 京都市伏見区醍醐 (写真をクリックすると、800×599 pixelでご覧頂けます)


 醍醐の町並みを背にして、ぱちり。背景が、沖縄の空と海だったら、まるでハイビスカスみたいです。(ハイビスカスもフヨウ(芙蓉)と同じアオイ科の植物です)


醍醐のエノコログサ

写真の撮影地 京都市伏見区醍醐 (写真をクリックすると、800×599 pixelでご覧頂けます)


 一言寺を後にして、山沿いの静かな民家が点在する道を歩いていると、夏草の間から犬のしっぽが生えています。

 エノコログサ(狗尾草)です。”ねこじゃらし”ともいいますね。


醍醐のエノコログサ 変わり種

写真の撮影地 京都市伏見区醍醐 (写真をクリックすると、800×599 pixelでご覧頂けます)


 ときにはこんなぶさいくなのもあります。

 京都ではこういうのを”はみご”といいます。”はみだしっこ”というような意味です。悪く言えば”のけもの”という意味でも使います。

 私は、どういうわけかこういうのが好きだったりします。だってこれも、個性なわけですし。

 まだまだ日中は暑い日が続いていますが、野には静かに秋の気配が訪れようとしています。

 一言寺界隈花散歩は、もうすこし続きます。

 ”またかよ”

 そう言わないで、次回もおつきあいいただけたらうれしいです。



当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 季節の花ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンクをひと押し、応援いただけるとうれしいです。(^o^)
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ



●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。 当サイトに掲載している野花の写真(画像)は、すべてフリー素材写真(画像)として自由にお持ち帰りいただけます。お持ち帰り方法は、写真(画像)のご使用についてのページをご覧ください。
  トップページ   サイトマップ   運営者情報   リンク集


コメント

  1. りんがむ | URL | -

    utugiyuさん、ようこそ。

    山桃の木はこちらではよく見かけますが、さすがにこのくらいになると、”めったなことはできないな……”と思います。

    そう思いながら、けっこう好き放題してます。まるで子供ですね。

    そうですか、utugiyuさんは私よりはいくぶんふっくらしてらっしゃるんですね。いいじゃないですか。(なにも泣かなくたって……)

    ”アカバナー”って何度も言ってるうちに、BEGINの比嘉さんの声が聴きたくなって、”島唄”を聴きながら返事を書いています。

    いい唄ですね、何度聞いても。



  2. utugi | URL | -

    Re: 一言寺界隈花散歩 その弐 … フヨウ(芙蓉)とエノコログサ(狗尾草)

     大きな山桃の古木、みごとですね。とても年代を感じさせます。迫力ですね。
     それにしても、りんがむさん、とてもスリムだと思います。身長以外は私が勝っています。私はこの幹の間に、りんがむさんよりは詰まると思います(泣)。なおさら古木に迷惑がかかりますね・・(^^;
     あと、フヨウのお花、こちらで見慣れたハイビスカスだと思ってしまいました(^^;。方言でアカバナー(赤い花)と言います。今はいろんな色がありますが(笑)。

  3. りんがむ | URL | -

    popoさん、お盆はお休みとはいっても何かと忙しいものですね。

    夜討ち朝駆け、大歓迎ですよ。

    野山をうろついているせいか、かろうじてメタボ予備軍でいますが、このお盆休みで本隊編入なんてことになるかもしれません。

    ”はみご”に心惹かれる理由は、ほかにもあります。
    実は私自身が世間的には”はみだしっこ”だったから、

    ”俺は俺だし、あんたはあんた。別に張り合うことなどないさ”

    、と思うのです。

    ただいま、一言寺界隈花散歩その参、準備中です。どうぞ、よろしく。

  4. popo | URL | DMUUwyv6

    Re: 一言寺界隈花散歩 その弐 … フヨウ(芙蓉)とエノコログサ(狗尾草)

    こんばんは~りんがむさん!今日は実家訪問で夜遅く帰宅しました~
    深夜の訪問お許し下さいね~

    フヨウとムクゲの違いは、難しいe-279ですね~

    雌しべの先が上を向いて少し曲がっているのが、フヨウ。
    雌しべの先が真っ直ぐなのがムクゲ。

    調べたらそう書いてありました。
    花の比較は初めて知りました。

    ムクゲを撮った後、フヨウも開花したので撮りました~e-94
    なるほど・・・

    りんがむさんは、山桃の空洞に隠れん坊したんですね~(笑)
    メタボではないと確信しています。Wも細いですょ~!
    バランスとれていると思いますょ~

    猫じゃらしが生き生きしててびっくりい~
    はみごの写真を見て、なんと言われるのかと思ったんです。

    >どういうわけかこういうのが好きだったりします。だって これも、個性なんですから。

    この言葉を聞いて素敵な心をもった方だと感動e-420しました~

    疲れがとれました!旅のお供、e-427あげるからさせて下さい!(笑)

  5. りんがむ | URL | -

    さざなみさん、ありがとうございます。

    たぶん、フヨウだと思うんですけど……。

    花の姿はそっくりで、雌しべの先端がそろっているのがフヨウ、不揃いなのがムクゲ。
    フヨウは葉っぱが大きくて、ムクゲは小さい。
    私もその程度しか知らないので、ひょっとしたらポカしてるかもしれません。

    夏休みの花、まったく同感です。

    いいですね、夏休みって。いろいろ思い出します。

  6. さざなみ | URL | LtMzB4og

    Re: 一言寺界隈花散歩 その弐 … フヨウ(芙蓉)とエノコログサ(狗尾草)

    このお花は、ムクゲだと思ってました。木だし(笑)。
    フヨウは、こういう木ではなくて、草みたいなんじゃないかと。
    お祖母ちゃんちがお寺の隣なので、夏休みとかに行くとこのムクゲ(と思っていた)の花が優しく咲いていたのを覚えています。
    だから、夏休みのお花ですね。


  7. りんがむ | URL | -

    かげさん、ようこそ。

    ほんとの事いうとね、落ちている実をひとつ食べてしまいました。落ちているのならかまわないだろうと……。でも、ここの実は、かなり酸っぱかったです。やめとけばよかったです)

    そうか、果実酒っていう手もあったんですね。きっとおいしいんでしょうね。

    エノコログサにはムラサキ色のものもあるそうですが、見たことがありません。それにしても、やっぱりかげさんは学者さんですね。

  8. かげ | URL | h8SlrcxY

    Re: 一言寺界隈花散歩 その弐 … フヨウ(芙蓉)とエノコログサ(狗尾草)

    さすがに天然記念物の木の実には手が出ませんよねぇ・・・
    コケモモの実、果実酒にしてもいいですよね~
    エノコログサを見ると秋が近いなぁと、ちょっとさびしく感じたりします。
    そういえばエノコログサは何種類かあって、よく実を分解してルーペでのぞいてましたよ。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://linghum.blog119.fc2.com/tb.php/161-f34a18d5
この記事へのトラックバック


最新記事


BBS7.COM
MENURNDNEXT
Flower Explorer資格取得支援情報室美容室・サロン設計ならビューティーデザインショップ無料ブログパーツ ブロパ.jp相互リンク.com相互リンク検索エンジン:暮らしと趣味婚礼のしきたりとマナー相互リンク集ブログ足の臭いの悩み・原因と対策・解消法 暮らしと資格の情報室 金魚の飼い方・育て方
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。