トップページ  サイトマップ  運営者情報  リンク集

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 季節の花ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンクをひと押し、応援いただけるとうれしいです。(^o^)
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ



●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。 当サイトに掲載している野花の写真(画像)は、すべてフリー素材写真(画像)として自由にお持ち帰りいただけます。お持ち帰り方法は、写真(画像)のご使用についてのページをご覧ください。
  トップページ  サイトマップ  運営者情報  リンク集

一言寺界隈花散歩 その参 … ヒメイワダレソウ(姫岩垂草)

2008年08月14日 22:55

 一言寺から山沿いの民家が点在するあたりを抜けると、旧奈良街道という古い道に出ます。
そして、この旧奈良街道沿いに、天台宗の善願寺(ぜんがんじ)というお寺があります。


天台宗 善願寺

写真の撮影地 京都市伏見区醍醐 (写真をクリックすると、800×599 pixelでご覧頂けます)


 寺の伝えによれば、奈良時代に天台宗の僧、行基(ぎょうき)によって創建されたと言われています。

 本堂のとなりの宝物館には、高さ2.7mもある大きなお地蔵様が鎮座されています。

 このお地蔵様を初めて目にしたときは、正直面食らいました。このお地蔵様は平清盛(たいらのきよもり)の子、重衡(しげひら)の安産を祈願して刻まれたものだそうです。

 お腹のところには裳の結び目がありまして、これが腹帯に似ていることから腹帯地蔵(はらおびじぞう)とも呼ばれています。

 たくさんの方が安産を願って、このお地蔵様に会いに来られています。(むやみに写真を撮る事ができないので、お見せできないのが残念です)

 この旧奈良奈良街道を写真奥の方へしばらくゆくと、醍醐寺を経て山科から東海道へと続きます。また戻れば宇治を経て奈良へと続いています。


善願寺のアマガエル

写真の撮影地 京都市伏見区醍醐 (写真をクリックすると、800×599 pixelでご覧頂けます)


 善願寺の脇の路地でアマガエルが一休みしています。


醍醐のムクゲ

写真の撮影地 京都市伏見区醍醐 (写真をクリックすると、800×599 pixelでご覧頂けます)


 そろそろ帰り道に就こうかと思い、車の多い旧奈良街道を避けて裏通りを往くと、とある民家の広いお庭の端でムクゲ(木槿)が真っ白い花を咲かせていました。

 花の特徴や、葉の形状と大きさからこれは間違いなくムクゲ(木槿)でしょう。青空を仰ぎ見ながら一枚撮ってみました。


名も知らぬ花

写真の撮影地 京都市伏見区醍醐 (写真をクリックすると、800×599 pixelでご覧頂けます)


 しばらくゆくと、空き地の草むらに小さな花を見つけました。

 なんという名前なのかわかりません。他を探してみましたが、この花一輪のみでした。 たぶん園芸品種の花のだろうと思いますが、どなたかご存じないですか?

(”小さな幸せ見ーつけた!★写真★”のpopoさんから”ゼニアオイ”では?、とのコメントをいただきました。調べてみると、やはり”ゼニアオイ”でしたので、お礼も込めて加筆させていただきます。popoさんありがとう)


ヒメイワダレソウ(姫岩垂草) その1

写真の撮影地 京都市伏見区醍醐 (写真をクリックすると、800×599 pixelでご覧頂けます)


 同じ草むらに、少し離れて小さな花が咲いています。この花はよく知っています。

 数年前に見つけました。それからいつも花の季節になるとここへ見に来ます。

 ヒメイワダレソウ(姫岩垂草)といいます。


ヒメイワダレソウ(姫岩垂草) その2

写真の撮影地 京都市伏見区醍醐 (写真をクリックすると、800×599 pixelでご覧頂けます)


 見た目は、ランタナにも似た可憐な花ですが、とにかく強靱な花です。この花の特徴なら、いくつでもそらで言えます。

 春先の3月頃から、秋深まる10月頃まで花を咲かせます。

 日当たりの少ないところでも、がんがん成長します。日当たりが良いところなら、なおさらです。でも背丈が低いので見苦しく成長しません。

 蔓をのばしながら成長します。蔓が地面に接しているところから新しい根を張ります。だから、踏まれても、切られても草刈り機で刈り取られても、またにょきにょき伸びてきます。

 他の草花よりも繁殖力が桁違いですので、他の繁殖力の強い、いわゆる雑草などにも入り込む余地を与えません。グラウンドカバーとしてこの花ほど適したものはありません。


ヒメイワダレソウ(姫岩垂草) その3

写真の撮影地 京都市伏見区醍醐 (写真をクリックすると、800×599 pixelでご覧頂けます)


 肥料もいりません。水もたいして欲しがりません。乾燥にもめっぽう強いです。だから砂漠の緑化プロジェクトの最有力候補になっています。

 ほとんどの虫たちたちはこの花を嫌います。だから虫も寄りつきません。なぜなら、もともと防虫効果を持ったハーブである、イワダレソウ(岩垂草)から作り出された園芸品種だからです。

 まさにスーパープランツです。だのに、こんなにも可憐な花を咲かせるのです。

 そして何よりも不思議なのは、たとえばこんな風に住宅地の空き地で生育しているときには、その持ち前の強烈な繁殖力を自ら押さえているようにして静かに生育します。

 まるで、自分の能力を使うべき場所とそうでない場所を知っているかのようです。私にはそう思えます。

 きっとお笑いになるかも知れませんが、花は心を持っている。そんな気がするのです。

 もちろん、これは私だけの考えです。根拠も何もありません。

 私はこの花がとても好きです。厳密に言えば野花ではありませんが、特別な思いを持っています。

 この場所から、少しゆくともう我が家です。


ベコニア エリカ ペンタス チェリーセージ その1 チェリーセージ その2

トレニア サルスベリ その1 サルスベリ その2 名前 その1名前 その2



 一言寺界隈花散歩におつきあい、本当にありがとうございました。お楽しみいただけましたでしょうか。


最後に、我が家の玄関周りを飾ってくれている鉢植えの花たちをご紹介させていただいてその締めくくりとさせていただきます。

 十分な手入れもしてあげられない事が多いにもかかわらず、そんなことにはまるでお構いなしに精一杯咲くことしか知らない花たちです。



当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 季節の花ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンクをひと押し、応援いただけるとうれしいです。(^o^)
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ



●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。 当サイトに掲載している野花の写真(画像)は、すべてフリー素材写真(画像)として自由にお持ち帰りいただけます。お持ち帰り方法は、写真(画像)のご使用についてのページをご覧ください。
  トップページ   サイトマップ   運営者情報   リンク集


コメント

  1. りんがむ | URL | -

    さざなみさん、ありがとう。

    "いろんな生きとし生けるものには、魂というか心がある……”
    ほんとにその通りだと思います。

    神様は自らの姿に似せて人をお造りなった。
    人は万物の霊長。
    弱肉強食強者の支配。

    すべて私たちの幼稚な思いこみだと思います。
    すべての存在や事象を二元的な軸でのみとらえてしまいがちな私たちの欠点です。

    私たちは自らの知りうることしか知ることができない。
    科学は自ら証明しうることしか証明できない。

    こんな簡単なことさえ理解しようとしないで、この世界は人の自由にして良いのだと主張してはばからない人たちがいます。

    科学で証明されていないから存在しない、としたり顔で説く人たちがいます。

    ちがいますよね。誰にでもわかることです。

    このことを知った上でこの世界をもういちど見つめなおして、自分なりの答えをみつけたい。

     自然”保護”とか環境”保護”とか言う言葉、所詮は言葉にすぎないとは思いますが、違和感を感じます。

    人は、”保護”を口にできるほどの何ものもまだ知らない。そんな気がします。

     ひとつ空の下で生きているありとあらゆる生き物の中で人間がいちばん子供なのかも知れない、そんなふうに思うことがあります。

    ”自然のバランスを自ら崩し、自然保護を訴える『人類』のことを笑っている”

    その通りだと思います。”命”についていえば、科学に毒される前の万葉人の方がずっと深く理解していた、そんな気がします。

     んー、またヨタ話してしまいましたね。ごめんなさい。

    京都では明日、五山の送り火です。山に火をつけて、大切な人がが帰って行くその道を照らすのです。私もゆきます。

    人間年をとると、見送る人が年ごとに増えてしまって。

  2. さざなみ | URL | LtMzB4og

    Re: 一言寺界隈花散歩 その参 … ヒメイワダレソウ(姫岩垂草)

    姫岩垂草って言うんですか?
    可愛いお花です。
    花は心を持っている・・・もちろんだと思いますよ。
    いろんな生きとし生けるものには、魂というか心があると思います。
    自然のバランスを自ら崩し、自然保護を訴える『人類』のことを笑っているに違いありません(笑)。

  3. りんがむ | URL | -

    popoさん、花散歩におつきあい、ありがとうございました。

    ヒメイワダレソウ刈り取られていたとは残念でしたね。
    でもきっと大丈夫、まだ8月なかばだからもう一回くらいは花を見ることができるかも知れませんよ。

    popoさんのおっしゃるとおり、名前のわからなかった花一輪は”ゼニアオイ”ですね。
    白い花色があることを知らずにいたものですから、まったく思い浮かびませんでした。

    助かりました。ありがとうございます。

    新しい水着と海。なんだか私までうきうきしてきそうです。
    楽しんできてくださいね。

  4. popo | URL | DMUUwyv6

    Re: 一言寺界隈花散歩 その参 … ヒメイワダレソウ(姫岩垂草)

    こんばんは~今日のお題の花の名前を見て、飛びあがって喜んでしまいました。e-278

    ヒメイワダレソウは最近、自分の記事にも書きましたけど、こんな花に出会えた感動e-420!がありました。
    写りが悪く、もう一回現場にいったら、全部刈り取られてv-316いました。盆踊りの準備で刈られたらしいe-263好きな花を刈られてがっかりしましたょ~

    アマガエルe-250は暑くないからいるんでしょうね~可愛い(笑)

    白い雲に白いムクゲがまた美しいですこと!
    ハートe-418型の白い花ビラの花???
    ゼニアオイの白にも似てる・・・??
    何でしょうね~可愛いです。1輪だけ一所懸命咲いてくれてるし。

    そして、ヒメイワダレソウ・・実はこの花の名前もわかるまで、日にちがかかりました~
    あたしも大好き!です。こんなかわいらしく撮ってあげられるなんて、りんがむさん、流石です。
    キレイな花の姿をみて満足です=*^-^*=にこっ♪

    お家の周りも珍しいペンタスが咲いてましたね~
    ありがとうございます。
    お花を愛する人は、写真の撮り方が違いますね。

    あぁ楽しい旅でした~お供させて頂き、嬉しい限りです。
    貴重なお時間を、ありがとうございました~

    明日(16)明後日と海v-466に行ってきます。
    水着e-413買ったし・・・(苦笑)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://linghum.blog119.fc2.com/tb.php/162-a6d69d7a
この記事へのトラックバック


最新記事


BBS7.COM
MENURNDNEXT
Flower Explorer資格取得支援情報室美容室・サロン設計ならビューティーデザインショップ無料ブログパーツ ブロパ.jp相互リンク.com相互リンク検索エンジン:暮らしと趣味婚礼のしきたりとマナー相互リンク集ブログ足の臭いの悩み・原因と対策・解消法 暮らしと資格の情報室 金魚の飼い方・育て方
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。