トップページ  サイトマップ  運営者情報  リンク集

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 季節の花ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンクをひと押し、応援いただけるとうれしいです。(^o^)
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ



●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。 当サイトに掲載している野花の写真(画像)は、すべてフリー素材写真(画像)として自由にお持ち帰りいただけます。お持ち帰り方法は、写真(画像)のご使用についてのページをご覧ください。
  トップページ  サイトマップ  運営者情報  リンク集

キツネノマゴ(狐の孫) … 夏の終わり

2008年08月23日 01:45

 お盆を過ぎて、日中はまだ30度を越える日が続いてはいますが、京都の南、伏見の日野では朝夕の、とりわけ早朝の空気にひんやりとした心地よさを感られるようになりました。

 皆さんのところではいかがでしょうか?

 ”秋の気配”、といったらすこし気が早すぎる気もしますが、”夏の終わり”、ならちょうどいいかもしれません。

 そんな折、青々とした近くの水田ではところどころに稲穂が顔を出し始めました。その傍らのあぜ道の草むらに小さな淡い紅紫色の花が咲き始めました。

 毎年同じ場所で咲きますので、もうそろそろかな、と思いながら探していたのです。

キツネノマゴ(狐の孫) その1

 写真の撮影地 京都市伏見区日野 (野花の写真をクリックすると、800×599 pixelでご覧頂けます)

 キツネノマゴ狐の孫です。

 昨年も同じ場所に咲いているところをご覧頂きました。昨年ご覧頂いた写真を、もう一度ご覧に入れたいと思います。

2007年のキツネノマゴ(狐の孫)

 2007年 写真の撮影地 京都市伏見区日野 (野花の写真をクリックすると、1024×768 pixelでご覧頂けます)


 上の写真が、昨年(2007年)に同じ場所で撮ったキツネノマゴ狐の孫)です。


キツネノマゴ(狐の孫) その2

 写真の撮影地 京都市伏見区日野 (野花の写真をクリックすると、800×599 pixelでご覧頂けます)

 そして、今咲いているキツネノマゴ(狐の孫)です。
 今年も約束通り、咲いてくれました。

 早いものですね、あんなに暑い暑いといっていた夏が今終わろうとしています。

 どこか遠くでヒグラシ(蜩)の声が聞こえます。

 なんだか名残惜しいような、複雑な心持ちになってしまいます。


キツネノマゴ(狐の孫) その3

 写真の撮影地 京都市伏見区日野 (野花の写真をクリックすると、800×599 pixelでご覧頂けます)

 キツネノマゴ(狐の孫) キツネノマゴ科キツネノマゴ属の一年草 Justicia procumbens var.leucantha

 生育地   道ばた、草地
 花 期   8月~10月
 花 色   淡い紅紫、白

 
 キツネノマゴ(狐の孫)という名前の由来ですが、実のところ定説がありません。ありませんが、おおよそこうだろうというのがあります。

 写真をもう一度ご覧ください。花びらが出ている花穂のカタチ。キツネのしっぽに見えてきませんか? 小さくてかわいいしっぽ。

 そこで”キツネの孫”の、”しっぽ”。

 いちいち”キツネノマゴノシッポ”というのが面倒なので、”キツネノマゴ”となった……。


 もちろん、なにか根拠があるわけではありません。でも、私はきっとこれが本当だと思っています。

 ちなみに、沖縄にはキツネノヒマゴ(狐のひ孫)というのが分布しているそうです。

 キツネノヒマゴはキツネノマゴよりもやや小型ということなので、”ああ、だからひ孫ね”と、納得していたりします。

 いずれにしても、キツネノマゴ、キツネノヒマゴという名前には、遠い昔この野花に名前をつけた先人たちの、やさしいまなざしのようなものがあるような気がします。



当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 季節の花ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンクをひと押し、応援いただけるとうれしいです。(^o^)
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ



●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。 当サイトに掲載している野花の写真(画像)は、すべてフリー素材写真(画像)として自由にお持ち帰りいただけます。お持ち帰り方法は、写真(画像)のご使用についてのページをご覧ください。
  トップページ   サイトマップ   運営者情報   リンク集


コメント

  1. りんがむ | URL | -

    utugiyuさん、お気遣いありがとうございます。

    なにしろ、すぐ近くにあって折に触れ訪れもする上醍醐での事だったので、驚きました。

    おっしゃるように、准胝観世音菩薩様が被害を食い止めてくださったのかもしれませんね。

    ところで、私はてっきり沖縄ではキツネノヒマゴが主流で、キツネノマゴが少数派だと思っていましたが、違うようですね。

    キツネノマゴがutugiyuさんにとってもなじみ深いものだとうかがって、よりいっそう親しみ深く感じたりもしています。

    そうそう、教えていただいたoinekoさんのブログ、すてきですね。洗練されてておしゃれで。沖縄の植物を知るよい教科書にさせていただきます。

    ありがとうございました。

  2. utugiyu | URL | -

    Re: キツネノマゴ(狐の孫) … 夏の終わり

    りんがむさんこんにちは!「上醍醐」、ん~?りんがむさんが近くだったような・・・と気にはなっていたのですが・・・よかったです、ご無事で!やっぱり近かったのですね!お寺の名前ってなんかどれも同じに思えてしまって、聞き覚えがあるお寺の名前だな・・・りんがむさん家の近くだったかな・・?と漠然と思っておりましたが、今コメントを読んでびっくり・・・!お寺に行かれている時ではなくて、本当によかったです・・。
     本尊が無くなってしまった事は残念ですが、怪我をされた方もいなかったようなので、まるで准胝観世音菩薩が一人で被害を食い止めたかのように感じます。とにかく、ご無事でなにより。

     沖縄にあるという「キツネノヒマゴ」・・・ネットで画像を探して、見つけましたが、う~ん、私は会った事がない気がします・・・。そのかわり、こちらの方の、「キツネノマゴ」は、めちゃめちゃ知っています!子供の頃、たくさん摘んで握りしめて持ち帰り、瓶に飾るものの、すぐにくったりしてしまって残念だった覚えがあります(笑)。→http://ttm6a.ti-da.net/e2012264.html

  3. りんがむ | URL | -

    popoさん、ちからこぶですね。”元気のもと”が届いて何よりです。

    上醍醐の火災はやはり落雷によるものだったようです。
    准胝堂に安置されていた本尊・准胝観世音菩薩も予想通り消失してしまったようですね。

    准胝観世音菩薩を心のよりどころとされていた方たちにとっては、とても残念な結果となりましたが、お釈迦様も言われているように諸行無常、形あるものが移ろい失われてゆくことによって新たなものが生み出されるきっかけ(縁=えにし)となることを思えば、むしろこれも仏法の理にかなったこの世の必然という気もいたします。

    とまぁ、むずかしいことはさておき、ぶっくりいえ、びっくりしました。

    今朝方は報道のヘリが、わが家の頭上をばりばりばりばり、ばりばりばりばりばりと轟音を響かせて飛び交うし。
    我が家の殿(シーズー犬)はびびって”しっこ”にもゆきたがらないし。

    キツネノカミソリ、楽しみにしています。
    何より元気になられて、よかった、よかった。

  4. popo | URL | DMUUwyv6

    Re: キツネノマゴ(狐の孫) … 夏の終わり

    こんにちは~りんさんのお陰で、元気v-91になりましたょ~♪
    昨日はちょっと無理でした。記事をUPされていたのに
    残念無念。

    ところで、醍醐寺で落雷による火事ですか?先週行かれた所ですょね~行ってる時だったらと思うとぞっとしました。りんさんが無事でよかったです。

    大切な本堂とかに落ちたのも残念ですが、びっくりされましたでしょう~?

    さて、キツネの孫も初めて見せて頂き感激です!
    毎年同じ場所に生えてるのを、覚えているんですね~v-224
    それは凄い(笑)
    拡大して見せて頂き、その柄にお面白さに仰天しました。
    白い刻印を押したように、小さな花に、可愛いですね~♪

    穂が狐のしっぽに・・・なるほど・・似てる・・(笑)
    逆三角形の狐の顔・・・なるほど・・・(笑)

    楽しいですね^^

    キツネと言えば先日撮った花があって、キツネのカミソリとかの名前が判明しました~(笑)そのうちUPしますね~
    キツネの名前がつく花も多いんですね~

    今日もありがとうございました~v-7


  5. りんがむ | URL | -

    さざなみさん、私もびっくりしました。

    おはようございます。

    京都新聞によれば、24日午前零時半ごろ、上醍醐寺で出火、西国三十三カ所観音霊場第十一番札所の准胝(じゅんてい)堂がほぼ全焼した、とあります。

    現在警察と消防で原因の究明が進められていますので、邪魔になるといけないので登山は見合わせていますが、准胝堂に安置されていた本尊・准胝観世音菩薩(じゅんていかんぜおんぼさつ)がどうなったかは不明です。

    ほぼ全焼とありますから、難しいかも知れません。

    昨夜午後7時頃から雷鳴が鳴り響き、私の家のすぐ近くで落雷がありました。
    醍醐寺は私の家から、歩いて行けるところにあります。
    新聞報道にもありますが、おそらくは、その落雷によるものだと思われます。

    ご心配ありがとうございます。
    つい先日上醍醐へ登ったばかりだったので、なおさら驚いています。
    現在のところ、けがをした方の報告は入っていませんので、物的被害のみだったことがせめてもの救い、といったところです。

    早朝にもかかわらず、早速のお心遣い感謝しています。
    ありがとうございました。

  6. さざなみ | URL | LtMzB4og

    おはようございます。

    世界遺産に指定されている京都市伏見区の醍醐寺の一部で火事があり、本堂など2棟が全焼した、とのニュース。
    大変ですね・・・。原因は落雷なんですか?
    りんがむさんのお宅からも近いんでしょうか?

  7. りんがむ | URL | -

    さざなみさん、いっらっしゃいませ。

    たぶん誰かが思いつきでなんとなくつけた名前に、
    ”お、いいね”ぐらいの感じで呼ばれはじめたのでしょうね。
    けっこうテキトーだったのだろうと思います。
    ただ、”この花、かわいいね”というまなざしは確かにあったのだろうとは思いますけど。

    ”お花がキツネの顔の形みたいに逆三角形だから”かもしれませんね。
    私は、花穂がキツネのしっぽに似ていて、小さいからだと思っているのですが、定説がないのでよくわかりません。

    ”晩夏” いいですね。

    野山なら、井上陽水さんの”少年時代”、海ならコクトーの”私の耳は貝の殻、海の響きを懐かしむ”といったイメージが思い浮かびます。

  8. りんがむ | URL | -

    Tomoさん、ようこそ。

    Tomoさんとこは、もう衣替えを考えるくらい寒くなっているのですね。
    秋の訪れも土地によって違うんだな、と今更ながら実感しました。

    キツネノマゴは、花の大きさがだいたい8mmくらいです。
    おっしゃるように、うっかりものの私はけっこう見落とすことが多いです。

    季節の変わり目は体調を崩しやすいものですから、お風邪など召さぬよう気をつけてくださいね。

  9. さざなみ | URL | LtMzB4og

    Re: キツネノマゴ(狐の孫) … 夏の終わり

    面白いネーミングと言うか(笑)。
    凝っているか、適当か、ってところでしょうか?
    お花がキツネの顔の形みたいに逆三角形だからですか?
    今日は処暑です。その名の通り、かなり涼しく過ごしやすくなってきてます。
    てか、コチラは雨のようだけど。
    この季節、『晩夏』と呼ぶのを気に入ってます。

  10. Tomo | URL | -

    Re: キツネノマゴ(狐の孫) … 夏の終わり

    キツネマゴとは面白い名前ですね。
    それにヒマゴが存在するなんてさらにビックリかな。。。
    とても小さいようで見逃して見逃してしまうようです。
    こちらは例年より早く秋が始まったという感じですよ。
    今朝は昨日と同様寒いですね。もう衣替えはしてもいいのかも・・・

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://linghum.blog119.fc2.com/tb.php/164-ed411150
この記事へのトラックバック


最新記事


BBS7.COM
MENURNDNEXT
Flower Explorer資格取得支援情報室美容室・サロン設計ならビューティーデザインショップ無料ブログパーツ ブロパ.jp相互リンク.com相互リンク検索エンジン:暮らしと趣味婚礼のしきたりとマナー相互リンク集ブログ足の臭いの悩み・原因と対策・解消法 暮らしと資格の情報室 金魚の飼い方・育て方
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。