トップページ  サイトマップ  運営者情報  リンク集

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 季節の花ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンクをひと押し、応援いただけるとうれしいです。(^o^)
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ



●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。 当サイトに掲載している野花の写真(画像)は、すべてフリー素材写真(画像)として自由にお持ち帰りいただけます。お持ち帰り方法は、写真(画像)のご使用についてのページをご覧ください。
  トップページ  サイトマップ  運営者情報  リンク集

タカサブロウ(高三郎) … みなもにゆれて、はこばれて

2008年08月31日 10:33

 早朝の久しぶりに晴れた空の下、また水田の周りをあるいてみました。


稲穂が実りはじめています。

写真の撮影地 京都市伏見区日野 (写真をクリックすると大きな画像でご覧頂けます)


 ”実るほど頭(こうべ)を垂れる稲穂かな”


 ふと古いことわざが思い浮かびました。そして、学生の頃無理矢理詰め込んだ、

 ”The boughs that bear most, hang lowest.”

 という表現もふしぎとすらすらと出てきます。

 かんじんの試験の時にはさっぱり思い出せなかったのに。

 思わず苦笑いです。

 そして足元を見ると、水田のあぜ道にぽつりぽつりと小さく咲いている花があります。


タカサブロウ(高三郎) その1

写真の撮影地 京都市伏見区日野 (写真をクリックすると大きな画像でご覧頂けます)


 タカサブロウといいます。なんだか男の人の名前みたいですね。

 漢字では高三郎と書きます。ますます男の人の名前に思えてきます。でも、どうしてこんな名前がついたのかは、実のところ良くわかっていません。

 ごくふつうに人の名前に由来するのかもしれません。一説には、「多々良比 (タタラビ)草」から転訛した、ともいわれています。


タカサブロウ(高三郎) その2

写真の撮影地 京都市伏見区日野 (写真をクリックすると大きな画像でご覧頂けます)


 キク科のタカサブロウにはよく似た仲間がいます。アメリカタカサブロウといいます。

 アメリカタカサブロウが日本ではじめて確認されたのは、1981年のことです。

 もともと日本にいたタカサブロウは、このアメリカタカサブロウと区別するために”モトタカサブロウ”と呼ばれることもあります。

 モトタカサブロウは、有史以前に稲作と共に日本にやってきた、と言われています。「史前帰化植物」ですね。

 私たちの大先輩というわけです。


タカサブロウ(高三郎) その3

写真の撮影地 京都市伏見区日野 (写真をクリックすると大きな画像でご覧頂けます)


 草丈は10cm~60cmくらい。茎や葉の表面には短い毛が生えていて、触るとざらついた感じがしますが、茎そのものは意外なほど柔らかかったりします。

 その茎を切ってしばらく置いておくと、切り口が酸化して黒くなります。この黒い茎で文字が書けたりもします。ちょっとした筆代わりですね。

 このことから「墨斗草(ボクトソウ)」という別名があります。(微妙に地味な特徴ですけど)


タカサブロウ(高三郎) その4

写真の撮影地 京都市伏見区日野 (写真をクリックすると大きな画像でご覧頂けます)


 花の大きさはおよそ10ミリくらい。水田のあぜ道を歩けば、必ずと言っていいほど咲いていますが、かなり地味なので、野花に関心のある人でもなければなかなか気づいてもらえない、そんな植物です。


タカサブロウ(高三郎)の実(そう果)

写真の撮影地 京都市伏見区日野 (写真をクリックすると大きな画像でご覧頂けます)


 ”そう果”と呼ばれる実です。びっしりと集まっているのが種子です。

 誰ですか?

 ”ああ、そうか……” なんて言ってるのは。(んー、かなりおやじくさい)

 とにかく、

 この”そうか……”(まだ言ってる)は、まだ若いので緑色をしています。熟すと黒くなります。

 タカサブロウの種子には、他のキク科の仲間、たとえばたんぽぽの種子にあるような冠毛(綿毛)がありません。だから、風に乗って飛ぶことができません。鳥や昆虫に実を食べてもらって、種子をはこぶという手も使いません。


 タカサブロウの種子は、熟すとただただ、ぼろぼろ、ぼろぼろと落ちます。


 どこに?

 水田の水の上に、です。


 そうやってゆらゆら水面を漂いながら、殖え広がってゆくのです。

 みなもにゆれて、はこばれて……。

 なんだか船遊びみたいです。地味な割には、なかなか優雅なものですね。



タカサブロウ(高三郎) キク科タカサブロウ属の一年草 Eclipta prostrata

 分 布   本州~沖縄
 生育地   湿地、水辺の周辺、水田の畦道
 花 期   7月~9月
 花 色   白



当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 季節の花ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンクをひと押し、応援いただけるとうれしいです。(^o^)
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ



●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。 当サイトに掲載している野花の写真(画像)は、すべてフリー素材写真(画像)として自由にお持ち帰りいただけます。お持ち帰り方法は、写真(画像)のご使用についてのページをご覧ください。
  トップページ   サイトマップ   運営者情報   リンク集


コメント

  1. ” j ”さん、ようこそおこしやす。 | URL | -

    私もいまだに、track back のなんたるかが、わかりません。

    なににつけ、新しいことを知るのはよいものです。

    心のひきだしが、ひとつ増えたようなものですし。

    私のヨタ話が、そのきっかけになれたのかもしれない、
    そう思うだけで、それだけで、うれしくなります。


    それはそうと。

    句集のご本を出しておられたのですね。

    ちなみに私は、のむのむねるねるたまにくう、です。

    ありがとうございました。




  2. j | URL | -

    Re: タカサブロウ(高三郎) … みなもにゆれて、はこばれて

    こちらこそありがとうございました。「高三郎」がどんな花かわかって、しかも水の上を種が運ばれる話を知って感心することしきりでした。美しい写真を拝見にまたちょくちょく伺います。ほぼ初心者、トラックバックなるものがよくわからず失礼いたしましたm(__)m

  3. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  4. りんがむ | URL | -

    かげさん、ようこそ。

    私が農家の小せがれ出身、ということも多分にあるのでしょうけれど、稲穂に埋もれるようにしてじっと時間を過ごすのがすきだったりします。

    稲穂の風にそよぐ音や、田んぼの土の匂いになつかしい昔を思い出してしまいます。

    実を言うと、モトタカサブロウとアメリカタカサブロウの区別に自信がありません。
    ”たぶん、そうかな”というかんじです。

    観察が足りませんね。反省することしきりです。

    私も小さくて地味な花ほど、なぜかしら愛着を感じてしまいます。
    (考えてみたら、そんな花ばかりですね。うちのブログは)

  5. かげ | URL | h8SlrcxY

    Re: タカサブロウ(高三郎) … みなもにゆれて、はこばれて

    だいぶ稲穂が頭をたれてきましたね。
    タカサブロウ、水田や湿地でよく見かけますよね~
    こちらではアメリカタカサブロウばかりですが・・・
    この時期は地味な花が多いですが、どれも味のあるいでたちをしていて好きです。

  6. りんがむ | URL | -

    popoさん、将棋の羽生善治さんをご存じですか?

    popoさん、ようこそ。

    昔のことですが、ご近所では私のことを”寝起きの羽生善治”ともっぱらの噂でした。

    もちろん、”頭脳”のことではありません。(そりゃそうだ)

    おつむの毛の”寝ぐせ”です。
    背格好もおおよそそんなかんじです。
    めがねをかけていて、たいてい”ぬぼー”っとしてますから。

    ”タカサブロウさん”も、どこか寝ぐせっぽくて、いいかんじですね、ふぞろいで。親近感、感じてます。

    popoさんの”辰砂”の写真をどうしようかとあれこれ”ぬぼー”っと考えながら、”よし、影をつけよう! そうだ、そうだ、それがいい!”

    ふふふ、やりましたよ。やりましたとも。

    だから、9月1日からの”のにはなかん”は、popoさんも”いっちょかみ”しているというわけです。少々強引ではありますけれども。

    私は職業カメラマンとしては何度も失敗した、”異端”です。
    だから自由に、好きなように撮れる今がいちばんです。

    ”個展”?

    もう開いてますよ。

    これが今の私の”KAZUYA”です。

    これからもどうぞよろしくお願いいたしますね。

  7. popo | URL | zNF3W8uI

    Re: タカサブロウ(高三郎) … みなもにゆれて、はこばれて

    こんばんは~タイトルバックの写真にびっくりぃ~
    ペンタスはお花屋さんでしかみたことがなくって、しかも赤です。この桜色は凄く魅力がありあますv-266

    稲穂が頭を垂れる姿・・そんな季節になったんですね~
    大地の恵みに感謝です。

    高三郎さんって言う名前?知らなかったです。
    この花の花びらの素朴な並び方が、またいいですね~
    整然としていないところが、好き!

    こちらの写真もプロの仕上がりに変わっていました~
    影つけるなんて・・フフフやりましたね~(笑)
    拡大してみたら、芸術品です~
    個展でも開いたら・・・って思います。

    いつまで見てても飽きないです。
    高三郎さん、かっこいいなぁ~v-22

  8. りんがむ | URL | -

    さざなみさん、ようこそ。

    草野さんのお書きになる歌詞は、何のことだかさっぱりわからないことが多いのですが、なにかの折りにふと、

    ”あ、このことかな”

    と思うときがあります。

    自分の事についてはあまり多くを語らない方のようですが、その言葉は鋭く、深い。


    姫にとってのSpitzがすこしだけ、ほんとにすこしだけだけれど、わかる気がします。


    力まかせに恋をしていた。熱ければそれだけできっと伝わると思っていた。恋も夢も人生も。

    あり得ない明日に憧れ、何度でも無理にふくらまし
    そんな日々を軽くなでられ なんでだろう?涙が止まらない
    なんでだろう?君から逃げられない

    野花の名前を、人の名前のようにつけたら……。

    うん、いい考えだと思います。野花を呼ぶときには、いつも
    ”タカサブロウさん”
    みたいに、さん付けで呼ぶとか。

    ちなみに、私の父は”佐八(さはち)”さん、義父の名前は”和三郎(わさぶろう)”さんでした。

  9. さざなみ | URL | LtMzB4og

    Re: タカサブロウ(高三郎) … みなもにゆれて、はこばれて

    最初の稲穂の写真で、 Spitz の稲穂がBGMです♪
    http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=B06248
    タカサブロウなんて名付けるのだったら、他の植物もみんな人の名前のように統一して付けたら、可笑しかったでしょうね(笑)?
    みなもにゆれて、はこばれて・・・
    良い雰囲気醸し出してます~♪

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://linghum.blog119.fc2.com/tb.php/168-2a4bba2f
この記事へのトラックバック


最新記事


BBS7.COM
MENURNDNEXT
Flower Explorer資格取得支援情報室美容室・サロン設計ならビューティーデザインショップ無料ブログパーツ ブロパ.jp相互リンク.com相互リンク検索エンジン:暮らしと趣味婚礼のしきたりとマナー相互リンク集ブログ足の臭いの悩み・原因と対策・解消法 暮らしと資格の情報室 金魚の飼い方・育て方
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。