トップページ  サイトマップ  運営者情報  リンク集

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 季節の花ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンクをひと押し、応援いただけるとうれしいです。(^o^)
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ



●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。 当サイトに掲載している野花の写真(画像)は、すべてフリー素材写真(画像)として自由にお持ち帰りいただけます。お持ち帰り方法は、写真(画像)のご使用についてのページをご覧ください。
  トップページ  サイトマップ  運営者情報  リンク集

秋の雨とヒガンバナ(彼岸花)と雷鳴と

2008年09月23日 02:19

ヒガンバナ(彼岸花) その壱

写真の撮影地 京都市伏見区日野 (写真をクリックすると大きな画像でご覧頂けます)

 先日の日曜日の午後、京都、滋賀では重くたれ込めた雲から激しい雨となり、夕刻を過ぎても雷鳴がとどろく日となりました。

 雨が降り始める少し前、私は傘も持たずに、近くの水田を歩いていました。いつの間にか咲き始めた”ヒガンバナ彼岸花”を撮りに出かけていたのです。

 きっと雨が降るに違いない、そう思いはしたものの、荷物になるのを嫌って、傘も持たずに出かけました。


ヒガンバナ(彼岸花) その弐

写真の撮影地 京都市伏見区日野 (写真をクリックすると大きな画像でご覧頂けます)


 すでに、駆け抜けるような細かい雨が降ったり止んだりしています。

 ヒガンバナ彼岸花の雨の雫がおわかりいただけるでしょうか?


ヒガンバナ(彼岸花) その参

写真の撮影地 京都市伏見区日野 (写真をクリックすると大きな画像でご覧頂けます)


 ちょうど,、お彼岸の頃に咲くことから”ヒガンバナ(彼岸花)”と呼ばれていますが、別名”曼珠沙華(まんじゅしゃげ)”とも呼ばれます。


ヒガンバナ(彼岸花) その四

写真の撮影地 京都市伏見区日野 (写真をクリックすると大きな画像でご覧頂けます)


 ”曼珠沙華(まんじゅしゃげ)”という名前は、梵語(梵天が造ったとされている、古代インドのサンスクリット語のことです)で、”赤い花”という意味なのだそうです。

 まさに名前のとおりですね。

 ヒガンバナ(彼岸花)は、花を咲かせても実を結ばず、りん茎(鱗茎)という球根で増えてゆきます。もともと日本の野花ではなく、古い時代に中国から渡来したといわれています。

 園芸的には、夏の8月頃に花期を迎えるナツズイセン(夏水仙)や、中国雲南省原産の、リコリス・スプレンゲリーなどと同じ仲間です。


ヒガンバナ(彼岸花) その五

写真の撮影地 京都市伏見区日野 (写真をクリックすると大きな画像でご覧頂けます)

 そういえば、ずいぶん古い話ですが、 山口百恵さんの歌にもありましたね。曼珠沙華と書いて、「まんじゅしゃか」と歌ってらっしゃいました。

 たしかに、”まんじゅしゃげ”よりも”まんじゅしゃか”の方が響きが良いようにも思えます。


 ヒガンバナ(彼岸花) ヒガンバナ科ヒガンバナ属の多年草 Lycoris radiata

 生育地   道ばた、田んぼの畦、草地、墓地
 分 布    本州~九州
 花 期    9~10月


我が家に咲いた秋のミニバラ

写真の撮影地 京都市伏見区日野 (写真をクリックすると大きな画像でご覧頂けます)


 やはり、傘を持ってゆくべきでした。

 家に帰り着いたときには、すでにどしゃ降りの雨。私はびしょぬれ。ごろごろと雷鳴も轟いています。それも、かなり近くで。


 けっこう怖かったりします。


 ついでといってはなんですが、わが家の玄関脇で咲いたミニバラです。あともうすこししたら、このミニバラの鉢植えも、冬越しの準備をしなければなりません。

 秋は静かなようでいて、けっこうやることが多い。

 そんな季節でもあるようです。

 そうそう、昨年の10月17日に撮ったヒガンバナの写真と記事、白いヒガンバナの写真も掲載していますので、よろしければご覧になってみてください。

 昨年の記事はこちらです。



当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 季節の花ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンクをひと押し、応援いただけるとうれしいです。(^o^)
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ



●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。 当サイトに掲載している野花の写真(画像)は、すべてフリー素材写真(画像)として自由にお持ち帰りいただけます。お持ち帰り方法は、写真(画像)のご使用についてのページをご覧ください。
  トップページ   サイトマップ   運営者情報   リンク集


コメント

  1. りんがむ | URL | -

    popoさん、なにをおっしゃいますやら……。

    popoさん、ようこそ。

    popoさんとこの、白花曼珠沙華、拝見しました。
    ”恥ずかしい”なんて、そんなご謙遜を、です。

    とってもきれいに撮られていますね。
    薄暗い中に光を放つような白い曼珠沙華のたたずまいがとってもきれいでした。

    それから、夜の赤い曼珠沙華も。
    ちょっとどきどきしながら見入ってしまいました。

    雨に濡れるのはけっこう好きだったりします。
    だから、あんまり傘さしません。

    雷は怖いけど。(ああいうびっくり系は苦手です)

  2. popo | URL | -

    Re: 秋の雨とヒガンバナ(彼岸花)と雷鳴と

    こんばんは~りんさん♪かぶりましたね~彼岸花(笑)

    うわぁ~傘を持たずにお出かけ・・・無茶なことを・・(苦笑)
    雨の中を彼岸花の写真を撮られたんですね~!
    普通なら飛んで帰りますけど・・・(笑)


    彼岸花の雫が、拡大するとよく見え綺麗ですね~
    咲きかけの花もあって、ステキです。
    また田んぼの緑に赤がよく映えていますね。

    ぬれネズミになって雷の中よく帰りましたね~(苦笑)
    お疲れさまでした~

    こんなこともきっといい思い出になりますょ~♪

    ご自宅のバラの色合いが可愛いです!♪

    今日もステキなお写真、さすがだと思います。
    popoのは恥ずかしいので・・・(笑)v-22




コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://linghum.blog119.fc2.com/tb.php/176-816b18c3
この記事へのトラックバック


最新記事


BBS7.COM
MENURNDNEXT
Flower Explorer資格取得支援情報室美容室・サロン設計ならビューティーデザインショップ無料ブログパーツ ブロパ.jp相互リンク.com相互リンク検索エンジン:暮らしと趣味婚礼のしきたりとマナー相互リンク集ブログ足の臭いの悩み・原因と対策・解消法 暮らしと資格の情報室 金魚の飼い方・育て方
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。