トップページ  サイトマップ  運営者情報  リンク集

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 季節の花ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンクをひと押し、応援いただけるとうれしいです。(^o^)
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ



●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。 当サイトに掲載している野花の写真(画像)は、すべてフリー素材写真(画像)として自由にお持ち帰りいただけます。お持ち帰り方法は、写真(画像)のご使用についてのページをご覧ください。
  トップページ  サイトマップ  運営者情報  リンク集

ホトトギス(杜鵑草) … はじめはびっくりしたけれど。

2008年11月03日 09:59

ホトトギス(杜鵑草) その壱
写真の撮影地 京都市伏見区日野(写真をクリックすると大きな画像でご覧頂けます)

 初めてこのホトトギス杜鵑草を目にしたときは、正直 ”?” でした。

 いったいなんと形容して良いものやら……、とにかくびっくりです。

 まるで”ヒョウ柄”ですし。大阪のおばちゃん、もとい進歩的なご婦人方は、こんな”ヒョウ柄”がことのほかお気に入りだとか、どうとかこうとか。そんな話を聞いたことがありますが。

 ”植物の世界でも、ヒョウ柄かぁ”といったところです。


ホトトギス(杜鵑草) その弐
写真の撮影地 京都市伏見区日野(写真をクリックすると大きな画像でご覧頂けます)

 でも、じっくり見てみると、なかなか興味深い姿をしています。そのうち、”なかなかきれいだな”なんて思えてくるから花というのは不思議です。
 やはり、自然が作り出したものには”そつ”がない。


ホトトギス(杜鵑草) その参
写真の撮影地 京都市伏見区日野(写真をクリックすると大きな画像でご覧頂けます)

 ところで先ほどから、”ヒョウ柄”、”ヒョウ柄”と形容してきましたが、じつのところ、この模様、鳥のホトトギスのおなかの毛の模様に似ているのだそうです。ホトトギス(杜鵑草)という名前も、そんなところからつけられたようですね。

 別名に、”油点草”という名前があります。これは、春先の新芽にうすく茶色い斑(斑点)が入るものがあり、それが油のしみのように見えるので、”油点”草なのだそうです。


ホトトギス(杜鵑草) その四
写真の撮影地 京都市伏見区日野(写真をクリックすると大きな画像でご覧頂けます)

 一口に、ホトトギス(杜鵑草)といっても、その花模様には個体差がかなりあって、生育地などの環境によっても多くの種類があるようです。

 東アジアからインドにかけて約20種類くらいのホトトギス(杜鵑草)の仲間がいるようで、そのうち日本には、10種類が自生しているといわれています。

 けっこうたくさん日本にもいるのですね、仲間が。

 試しに調べてみたら、日本だけでも南関東から西に分布する一般的なホトトギス(杜鵑草)、黄色い花に紫色の斑点がある、九州のキバナホトトギス、宮崎県や高知県の山野に分布する黄色いジョウロホトトギス、このジョウロホトトギスは崖などに垂れ下がって花を咲かせるそうです。
 他にもたくさんあるようですが、ほとんどこの目で見たことはありません。

 機会があれば、ぜひ見てみたいものです。

 ちなみに、ホトトギス(杜鵑草)の花言葉は、”永遠にあなたのもの”なのだそうです。 なんだか、ときめいてしまいますね。

 ホトトギス(杜鵑草) ユリ科ホトトギス属の多年草 Tricyrtis Wall.

 生育地   山野、崖や傾斜地などの、半日陰
 分 布   日本(東アジア~インド)
 花 期   7月~10月
 花 色   白い花に濃い紫の斑(一般的な品種の場合)


 
当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 季節の花ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンクをひと押し、応援いただけるとうれしいです。(^o^)
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ



●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。 当サイトに掲載している野花の写真(画像)は、すべてフリー素材写真(画像)として自由にお持ち帰りいただけます。お持ち帰り方法は、写真(画像)のご使用についてのページをご覧ください。
  トップページ   サイトマップ   運営者情報   リンク集


コメント

  1. りんがむ | URL | -

    ちびたさん、ようこそおこしやす。

    ”大阪のおばちゃん”は、失言です、ってもう遅いですね。

    ホトトギスの花姿は、日本固有の花にしてはたしかに、自己主張が強いかんじですね。
    きっとこれにも何か目的があるのでしょうけれど。

    私もホトトギス(鳥のほうです)を見たことがありません。
    だから、ちびたさんと同じです。
    ホトトギスはやっぱり”ヒョウ柄”にしか見えませんっ(きっぱり)

    ちびたさんの記事、拝見しました。
    菊の花とってもきれいでした。堪能させていただきました。

    ありがとうございます。

  2. ちびた | URL | tHX44QXM

    Re: ホトトギス(杜鵑草) … はじめはびっくりしたけれど。

    こんにちは

    私もこの花を見たときは・・・でした。
    さすがに大阪のおばちゃんは浮かんできませんでしたが(^^;)

    当然、アメリカあたりからの外来の植物だろうと思って、
    調べたらしっかり日本の花なんですよね、2度ビックリでした。

    名前の由来になった鳥のホトトギスもあまり見たことがないの
    で、いまだにヒョウ柄って気がしています。

    凸っと!

  3. りんがむ | URL | -

    さざなみさん、ようこそ。

    キジとら、サバとら、ほんとですね。
    特にサバとらの背中あたりは、魚のサバそっくりです。
    やや青みがかった色なんかしてると、バッテラを思い出してしまいます。

    ちなみにバッテラ、お好きですか?

    むかしね、茶色いキジとら(雑種)を飼っていたことがあります。
    ずっと昔、イギリスのチャールズ皇太子がダイアナさんとの結婚が話題になっていた頃です。
    で、つけた名前が”ちゃーずる”(ちゃーるず、じゃないですよ)でした。

    姫様は”猫派”でしたよね、たしか。

  4. さざなみ | URL | LtMzB4og

    Re: ホトトギス(杜鵑草) … はじめはびっくりしたけれど。

    あ、余談ですが、普通の日本猫いますよね?
    キジとらとかサバとらとか言うの。
    あれって、本当に海のサバと同じ模様してるって思います(´艸`)ムププ♪

  5. りんがむ | URL | -

    popoさん、ようこそおこしやす。

    そ、そうですよね。
    ホトトギスはやっぱり少し離れて眺める方が趣があってよいようですね。

    なんでもかんでも近寄って写すクセがあるせいか、離れて眺める事を忘れていました。良いことを教えていただきました。感謝です。

    10年以上も育ててらっしゃるのですか、すごいですね。
    まぎれもなく、”家族”ですね。

    私も”ホトトギス(鳥の方です)”は実物を見たことがありません。だから、正直言うと、胸の斑点模様も写真で確認しただけです。はい。

    よく、”目が点になる”とか言うでしょ、そんな感じでした、はじめて”ホトトギス(花の方です)を見たときは。

  6. りんがむ | URL | -

    かげさん、ようこそお待ちしておりました。

    相変わらずお忙しそうですね。
    近頃朝夕にはけっこう冷え込んでまいりました。
    お体には、くれぐれもです。

    やっぱりかげさんですね。
    ”タマガワホトトギス、白赤斑のヤマホトギス、ヤマジノホトトギス……”、知らない名前がさりげなく出てくる、出てくる。
    さっそく、検索してどんな姿なのか、調べてみますね。

    これから、季節がすすむにつれて、野山にも花の姿が少なくなってゆきます。私にとっては別の意味で厳しい季節ですが、そこはそれ、草の根を分けてでも、です。

    お忙しいなか本当にありがとうございました。
    お元気そうでほっとしました。

  7. りんがむ | URL | -

    さざなみさん、ようこそおこしやす。

    そうそう、うずらの卵ってこんな模様がありましたよね。
    言われてみると、なるほどです。

    自然界にはけっこう斑点模様をがあるものですね。
    イカも海の中では、たしか、ヒョウ柄だったような。

    ホトトギスはカッコウの仲間だったんですか……。
    (知らなかった)

    生物学の世界ではきっと”ヒョウ柄”ではなく、もっと知的な呼び名があるのでしょうけれど、私には”ヒョウ柄”にしか見えません。(それ以外の表現、知らないし……)

    だって至って普通の(?)小市民ですもの。

  8. りんがむ | URL | -

    あざみさん、ようこそおこしやす。

    あざみさんは大阪にお住まいなのですね。
    私は日曜日毎に、高槻のジャスコへ嫁御と買い物のお供をします。

    大阪と一口に言っても広うございますが、なんだか肌に合うというか、妙になじんでいる自分に気がついたりします。
    ”やっぱ、大阪はええわぁ”なんて思いながら。

    そうですか、大阪のおばちゃんたちは、みんなヒョウ柄ではないのですね。先入観でもの見ていたようです。
    ”大阪のおばちゃん、ごめんなさい”

    それはそうと、ホトトギスの大胆な柄には、今でもやっぱり、”?”です。

  9. popo | URL | DMUUwyv6

    Re: ホトトギス(杜鵑草) … はじめはびっくりしたけれど。

    こんばんは~りんさん!
    ホトトギスは夫の実家から10年以上前にいただいたので、引っ越しの時にも持ってきました。毎年よく咲いてくれます。
    蕾の形が好きです。

    花も遠目に見るのがいいかと思います(笑)
    今日で全部10本位咲き終わったので、刈り取ったところです。
    また春になったら、出てきますね~

    花言葉だけは気にいりました(苦笑)

    ホトトギスの鳥をみたことがないんです。
    胸斑点があるんでしょうね~(笑)


    さすがのりんさんも見た時に固まってしまったのでは・・・
    想像して思わず笑ってしまいました!v-22

  10. かげ | URL | h8SlrcxY

    Re: ホトトギス(杜鵑草) … はじめはびっくりしたけれど。

    大変ご無沙汰しておりました。
    どうもこの時期、調査やら何やらで忙しくて・・・
    ホトトギス、先日の調査でたくさん見かけました。
    まじまじと花を見ると、あの柄はすごいものがありますよね。
    こちらのほうでは黄色のタマガワホトトギス、白赤斑のヤマホトギス、ヤマジノホトトギスが見られます。
    また一息つきに参ります(^^ゞ

  11. さざなみ | URL | LtMzB4og

    Re: ホトトギス(杜鵑草) … はじめはびっくりしたけれど。

    ( ´∀`)/【☆こんばんわぁ☆】

    私はこの花を初めて見た時、うずらの卵の柄に似ていると思いました。
    だから、ほととぎすって鳥はうずらみたいの鳥かしら、と思ったらカッコウの仲間なんです((b´∀`))ネ♪
    ひょう柄とは思わなかったわぁ(笑)。

  12. あざみ | URL | HYjkyH3s

    Re: ホトトギス(杜鵑草) … はじめはびっくりしたけれど。

    こんにちは~^^
    うん~~大阪のおばちゃんか~^^
    私も大阪ですが~今はそんな格好の方は
    あまり居ないような気がします
    (笑)

    可愛い名前なのに~こんな柄って確かにどうして付いたのか~って思いますね(笑)

  13. りんがむ | URL | -

    utugiyuさん、ようこそおこしやす。

    やはり、この斑点模様には、賛否両論あるようですね。

    同じ斑点でも、たとえば犬のダルメシアンなんかだと、わりあい好意的に受け止めてもらえるようですけれど。

    ユリの花にだって斑点模様があったりしますから、これを”個性”という目線で見れば、なかなかではないかと思うのです。ここまで異彩を放っている山野草もあまりないわけですから。

    かじるのは……、やめておきましょうね。
    たぶん、というかきっとおいしくないでしょうから。

    お仕事たいへんですね。
    でも、どんなお仕事でも、慣れてくるとかすり傷程度ですむ”転び方”というのがわかってくると思います。
    チカラの入れ加減もそんなところにあると思いますので、あまり無理をなさいませんように、ね。

  14. utugiyu | URL | -

    Re: ホトトギス(杜鵑草) … はじめはびっくりしたけれど。

    りんがむさんこんばんは!ほんとうですね、どうしちゃったの、君・・・って感じの柄ですね! さきほど仕事から帰ってまいりました。そしてこちらへ癒されにきました。
     こんなに毒々しい柄なのに・・・やっぱりはむっとかじってみたい気持ちになります・・・(笑)。

  15. りんがむ | URL | -

    なつさん、ようこそ。

    今回ご覧いただいたホトトギス(杜鵑草)は、確かにちょっと色も濃くて、可憐とは言い難いかもしれませんね。

    でも、けっこう個体差が大きくて、淡いかんじのものもあるようですよ。

    どこかでそんなホトトギス(杜鵑草)を見つけることができたら、またご覧に入れたいと思います。

  16. なつ | URL | -

    Re: ホトトギス(杜鵑草) … はじめはびっくりしたけれど。

    こんにちは。
    りんがむさん。

    ほんと、大阪のおばちゃんが
    好みそうな柄ですよね。

    ちょっと、毒々しいですね。
    花の名前に合っていないような・・・

    そんな感じがしました。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://linghum.blog119.fc2.com/tb.php/188-42a210ef
この記事へのトラックバック


最新記事


BBS7.COM
MENURNDNEXT
Flower Explorer資格取得支援情報室美容室・サロン設計ならビューティーデザインショップ無料ブログパーツ ブロパ.jp相互リンク.com相互リンク検索エンジン:暮らしと趣味婚礼のしきたりとマナー相互リンク集ブログ足の臭いの悩み・原因と対策・解消法 暮らしと資格の情報室 金魚の飼い方・育て方
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。