トップページ  サイトマップ  運営者情報  リンク集

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 季節の花ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンクをひと押し、応援いただけるとうれしいです。(^o^)
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ



●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。 当サイトに掲載している野花の写真(画像)は、すべてフリー素材写真(画像)として自由にお持ち帰りいただけます。お持ち帰り方法は、写真(画像)のご使用についてのページをご覧ください。
  トップページ  サイトマップ  運営者情報  リンク集

カタバミ(方喰・酢漿草) … 花咲く季節を過ぎても

2008年11月12日 02:00

 私の暮らす京都の伏見では、ここ数日めっきり寒さが増して、早朝の散策が少しばかりおっくうになってまいりました。

 もちろん、この冷え込みは何も京都の伏見だけの話ではないわけで、みなさんがお住まいのところでもやはり、事情は同じなのだと思います。

 どうか風邪などお召しになりませんように。

 さて、朝の散策がいかにおっくうになったとはいえ、長年続けてきたことでありますから、”じゃ、今日はやめとこうかな”というわけにもゆきません。
 行かなければ、行かなかったで気になってしまうものでございます。

 そんなわけで、しっかり上着を着込んで出かけてみました。


カタバミ(傍食・方喰・酢漿草) その壱

写真の撮影地 京都市伏見区日野(写真をクリックすると大きな画像でご覧頂けます)

 カタバミ傍食方喰酢漿草です。まだ、しっかりと花を咲かせています。

 カタバミ傍食方喰酢漿草の本来の花期は、およそ5月から9月後半ぐらいまで、となっているのですが、もう11月も半ばにさしかかっているにもかかわらず、まだ平気で咲いています。

 さすがに最盛期の頃から比べれば幾分、おとなしい感じではありますが、そこがまたいいのですね。 赤く色づいた茎の色が、ほどよいアクセントになっているようでしたので、撮ってみました。


カタバミ(傍食・方喰・酢漿草) その弐

写真の撮影地 京都市伏見区日野(写真をクリックすると大きな画像でご覧頂けます)

 カタバミ(方喰)という名前は、葉の形がハート型、つまりまるい葉っぱが、はじっこをかじったみたいに欠けていることからつけられたそうです。

 ものの見方とはおもしろいもので、私はこのハート型を完成された形、と感じるのですが、昔の人は本来の葉の形にちょっと足りない、つまり”欠けている”ととらえたのですね。


カタバミ(傍食・方喰・酢漿草) その参

写真の撮影地 京都市伏見区日野(写真をクリックすると大きな画像でご覧頂けます)

 このカタバミ(傍食・方喰・酢漿草)は、暗いうちは花を閉じ、明るくなると花を開きます。そしてまた、夕方暗くなるなると花を閉じます。こういう動作を”睡眠運動”といいます。

 昨年のちょうど今頃、朝露をまとうカタバミの写真をご紹介しました。

 カタバミ(傍食・方喰) … 朝露に包まれて

 早朝の朝露を身にまとうカタバミ(傍食・方喰・酢漿草)が花を開く直前の写真をご覧いただけます。よろしければ、ご覧になってみてください。


カタバミ(傍食・方喰・酢漿草) その四

写真の撮影地 京都市伏見区日野(写真をクリックすると大きな画像でご覧頂けます)

 カタバミ(傍食・方喰・酢漿草)は、噛むと酸っぱい味がします。最近ではカタバミ(方喰・酢漿草)を噛んでみる方も少ないとは思いますが、この酸っぱい味は”シュウ酸”の酸味です。

 カタバミ(方喰・酢漿草)は、草本全体にシュウ酸を含んでいますので、噛むと酸っぱい味がするのですね。酢漿草、という漢字名はそんなところからつけられたようです。

 バランスのとれた花や葉の形から、家紋の意匠としてもカタバミ(傍食・方喰・酢漿草)は使われてきました。以前にもご紹介しましたが、あの田中角栄元総理のおうちの家紋も「剣方喰(けんかたばみ)」というこのカタバミ(傍食・方喰・酢漿草)を取り入れたデザインだそうです。

 もちろんデザイン的に良いということだけが、理由ではありません。

 一度はびこると、簡単には絶やせないというところから、家が途絶えずに栄える、子孫繁栄、こりゃ縁起がいい、というわけです。

 ものの見方ひとつで、いろんなとらえ方ができるものなのですね。


カタバミ(傍食・方喰・酢漿草)カタバミ科カタバミ属 Oxalis corniculata
 生育地   道ばた、畑、空き地
 分 布   全国
 花 期   5月~9月



当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 季節の花ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンクをひと押し、応援いただけるとうれしいです。(^o^)
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ



●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。 当サイトに掲載している野花の写真(画像)は、すべてフリー素材写真(画像)として自由にお持ち帰りいただけます。お持ち帰り方法は、写真(画像)のご使用についてのページをご覧ください。
  トップページ   サイトマップ   運営者情報   リンク集


コメント

  1. りんがむ | URL | -

    なつさん、ようこそおこしやす。

    たしかに、花がなければ、クローバーのように思えてもしかたないですね。形も、シンプルだけれど完成された美しさのようなものがありますし。

    ブログということに限らず、生きることすべてにおいて”自分なりのスタンス”を持つことは、とても重要だと思います。

    まわりの世界がどんなに変わっても”私は私”。
    人によってはそれを”傲慢”だとする方もおられますが、そんな低レベルの話を言っているのではないことはおわかりいただけると思います。

    自分の責任で決めた道を楽しみながら自分ペースで歩いてゆく。
    とてもすてきなことです。

    だから、胸を張っておゆきなさい。

  2. なつ | URL | -

    Re: カタバミ(方喰・酢漿草) … 花咲く季節を過ぎても

    りんがむさんへ

    こんにちは。
    ひさしぶりの訪問になりました。

    かたばみの名前を知るまでは
    この♡の葉っぱを見るたびに
    四つ葉のクローバーと信じていました。

    こころと こころが

    よせあって

    こころが ひとつになる

    そんな印象があります。

    ところで、わたしごとですが、のんびりと
    ブログを楽しむことに決めました。
    地道な活動になりますが、
    これからもよろしくお願いします。

    今まで、ブログランキングの応援
    ありがとうございました。
    これからも、どうぞよろしくお願いします。

  3. りんがむ | URL | -

    いのブタさん、ようこそおこしやす。

    夏のうだるような暑い盛り、カタバミの何とも言えない酸っぱさに、一瞬暑さを忘れる。
    そんなかんんじで、私も子供の頃にはよく口にしていました。

    あとからわかったことですが、この酸っぱさの元、”シュウ酸”はあまりからだにはよくありません。
    同じ”シュウ酸”を含む植物に、春先のスイバ(酸い葉)がありますね。
    タデ科の植物で、イタドリ、スカンポなんていう名前で呼ばれることもありますが、いずれにしてもあまりたくさん口にすると中毒症状を起こすらしいですよ。

    それはそれとして、同じような体験を持ってらっしゃると聞いて、なんだかうれしくなってきます。

    カタバミの写真、楽しんでいただけたのなら、それだけでうれしいです。

    そうそう、天然物のクリタケやヒラタケ、ザクロの記事、うらやましさを感じつつ、楽しく拝見させていただきました。

    ありがとうございます。

  4. イノぶた | URL | -

    Re: カタバミ(方喰・酢漿草) … 花咲く季節を過ぎても

    こんばんは!!
    りんがむさんが 本当にお花を愛してるって いとおしい感じが写真に出ていて・・・ホッっとします。

    カタバミがまだ咲いているのは 温暖化?のせいでしょうか?
    可憐でかわいいですよねー ^^)
    私 小さい時 口にしてました(好奇心?食欲?)
    確かに酸っぱかったです ^^) 後日花の名前を知りました。
    懐かしく思い出しました。


  5. りんがむ | URL | -

    popoさん、ようこそおこしやす。

    popoさん、お忙しい中コメントありがとうございます。

    朝の散策はひとりで行きます。嫁御やうちの殿(シーズー犬、たく)はまだ夢の中ですから。

    カタバミの花は雨の日や曇り日でもたいてい咲いています。でも夜になったら閉じます。
    実は、カタバミの睡眠運動は花よりも葉の方が変化が大きいのです。
    明るさに応じて葉を閉じたり開いたりしますし、温度変化でも同じように閉じたり開いたりします。

    光に反応する生き物のからだにはかならず、”光受容体”というものが存在します。
    植物の場合、フォトトロピン、クリプトクロム、フィトクロム、という3つの受容体(レセプター)を持っています。これが、光の明暗による運動の元になっています。
    おうちのオキザリスは、光合成に重要な関わりのあるレセプターが光に変化に敏感に反応しているのでしょうね。

     次に、温度変化。

    簡単に言うと、植物はおよそ40度C程度の致死的ではない高温にさらされると、多くのタンパク質や酵素の性質が変わります。これを”変性”といいます。”変性”がおきると植物は”熱ショック応答”を起こして、”熱ショックタンパク質”というものが増えます。
    この”熱ショックタンパク質が”、引き金となって熱変化による睡眠運動が引き起こされます。

    ほんとはもっと複雑なのですけれどね。

    ごく普通に撮った写真ですので、芸術なんてめっそうもありません。サインは、偶然見つけたフォントを使ってみました。

    楽しんでいただけて何よりです。
    これからどんどん寒くなりますので、あったかくしてお過ごしくださいね。

    じゃ。

  6. popo | URL | DMUUwyv6

    Re: カタバミ(方喰・酢漿草) … 花咲く季節を過ぎても

    こんばんは~りんさん★
    やっと辿り着きましたょ~(笑)

    朝のお散歩してるんですか?ワンちゃんと?
    ではなくご夫婦で~?
    寒くなったのに、偉いですね~♪継続は力なり・・です。

    ちょと質問で~す。
    曇りの日や、雨の日は、花は開かないんですか?
    睡眠運動というから、明るくなっただけで咲くのでしょうか。

    うちのオキザリスは、陽が当たらないと開きません。
    曇っている日は半分寝ぼけた状態・・(笑)

    カタバミを写真に撮るって、結構難しいでしょうね。
    でもとても可憐な姿を捉えていますね~

    茎がこんなに伸びて咲いているなんて・・
    1枚目、こんなに伸びて咲いた姿見たことありません。3枚めも茎が長~くて見たことない姿です。
    芸術作品ですね~素敵です。


    それにいつの間にか芸術家みたいなサインになってし・・(笑)
    可愛い花の姿が見られて、幸せを感じました。
    ありがとう~v-22

  7. りんがむ | URL | -

    かげさん、ようこそ。風邪大丈夫ですか?

    ここのところ寒い寒いと思っていましたが、かげんさん、風邪ですか……。

    おうちの方みんなで風邪なんて、たいへんですね。
    私は今のところは大丈夫です、が、昨年の冬たいへんな思いをしましたので、要注意ですね。

    睡眠運動をすることからつけられた名前は知りませんでした。
    やっぱりかげさんですね、勉強になります。

    風邪、早く良くなるといいですね。おからだ、くれぐれもお大事に。

    ありがとうございました。

  8. かげ | URL | h8SlrcxY

    Re: カタバミ(方喰・酢漿草) … 花咲く季節を過ぎても

    思いっきり風邪をひいてます・・・
    うちのものが順番にひいて、二めぐりくらいしてるんですよ。
    今年の風邪はしつこいようですから気をつけてくださいね。

    カタバミまだ咲いていますね~
    はじけて危険なオクラのような実がいっぱいついていますね~
    名前といえば、葉が睡眠運動で半分に閉じるからなんていうのもありますね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://linghum.blog119.fc2.com/tb.php/190-38136ae3
この記事へのトラックバック


最新記事


BBS7.COM
MENURNDNEXT
Flower Explorer資格取得支援情報室美容室・サロン設計ならビューティーデザインショップ無料ブログパーツ ブロパ.jp相互リンク.com相互リンク検索エンジン:暮らしと趣味婚礼のしきたりとマナー相互リンク集ブログ足の臭いの悩み・原因と対策・解消法 暮らしと資格の情報室 金魚の飼い方・育て方
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。