トップページ  サイトマップ  運営者情報  リンク集

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 季節の花ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンクをひと押し、応援いただけるとうれしいです。(^o^)
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ



●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。 当サイトに掲載している野花の写真(画像)は、すべてフリー素材写真(画像)として自由にお持ち帰りいただけます。お持ち帰り方法は、写真(画像)のご使用についてのページをご覧ください。
  トップページ  サイトマップ  運営者情報  リンク集

レウィシア(岩花火) … 花屋さんで見つけました

2008年12月21日 12:26

 今日、いつもお世話になっている、宇治田原町にあるカントリーライフという花屋さんに出かけてみました。

カントリーライフ_

写真の撮影地 京都府綴喜郡宇治田原町(写真をクリックすると大きな画像でご覧頂けます)


 そこで見つけた花を今日はご紹介してみたいと思います。


レウィシア ピンク その壱

写真の撮影地 京都府綴喜郡宇治田原町(写真をクリックすると大きな画像でご覧頂けます)


 レウィシア、Lewisia cotyledon.(レウィシア コチレドン)といいます。


 もともとは北アメリカの高山地帯の岩場に咲いている花なので、日本の野山では見ることができません。

 アメリカの山野草と言ったところですね。

 開花時期は、およそ11月頃から翌年の5月頃までと、冬から春にかけて次々と花を咲かせるとても息の長い花です。

 オレンジやピンク、白と花色のバリエーションが豊富なことでもよく知られています。


レウィシア ピンク その弐

写真の撮影地 京都府綴喜郡宇治田原町(写真をクリックすると大きな画像でご覧頂けます)


 北アメリカの高山地帯の出身ですから、日本の高温多湿の夏がやや苦手なようですが、明るい半日陰の風通しのよいところで管理すれば、元気に咲いてくれます。


 ただ、水のやり過ぎには要注意ですね。(私はそれで、枯らしてしまいました。)


レウィシア オレンジ

写真の撮影地 京都府綴喜郡宇治田原町(写真をクリックすると大きな画像でご覧頂けます)


 日本の花とはやはりどこか趣が違います。違いますが、とにかく美しい花です。


レウィシア 白 その壱

写真の撮影地 京都府綴喜郡宇治田原町(写真をクリックすると大きな画像でご覧頂けます)


 日本では、イワハナビ岩花火という名前で呼ばれることもあります。


 イワハナビ岩花火) …… すてきですね。


レウィシア 白 その弐

写真の撮影地 京都府綴喜郡宇治田原町(写真をクリックすると大きな画像でご覧頂けます)


レウィシア(岩花火)スベリヒユ科レウィシア属の多年草 
学名 Lewisia cotyledon.(レウィシア コチレドン)


 名前の由来  

 レウィシア( Lewisia)という名前は、18世紀のアメリカ人探検家のメリウェザー・ルイス(英語名:Meriwhther Lewis、1774年8月18日 - 1809年10月11日)の名前にちなんでつけられたといわれています。

 和名のイワハナビ岩花火は、写真でもご覧いただけると思いますが、岩場に咲く花火のような花姿をしているところからつけられました。


 生育地    北アメリカ北西部の山岳地帯

 分 布    北アメリカ北西部。日本には、昭和の初め頃に持ち込まれました。

 花 期    11月~翌年の5月頃まで。
 花 色    白、ピンク、オレンジ他多彩。

 花弁の数   およそ10枚前後(品種によって異なります)
 花の大きさ  およそ1cmくらい。
 葉の形    長楕円形で多肉。
 葉のつきかた ロゼット状

 別 名    イワハナビ岩花火


 特徴と育て方     

 花色、形、模様などに豊富なバリエーションがあります。寒さに強く、水切れにも耐えやすい性質を持っています。

 冬に室内で育てる場合は、日当たりのよい窓辺に置いて育てます。あまり温度が高すぎると、花付きが悪くなります。夜間は最低7度Cから8度C前後で管理してくださいね。

 春は、3月上旬頃から戸外に出しても大丈夫、5月頃まで次々と花を咲かせてくれます。ただし、あまり気温が高いときには明るい日陰がよいようです。

 水やりは、控えめに。鉢の土の表面が白く乾いたら与えます。肥料は特に必要ありませんが、与えるなら、液肥(1000倍液)を1ヶ月に1回程度で良いと思います。


PS.

 先日ご紹介させていただいた、セイタカアワダチソウ(背高泡立草)のもこもこした姿。

 記事は、こちらです。よろしければ、ご覧になってみてください。

 セイタカアワダチソウ(背高泡立草) … 冬支度

 その折に、

” ときどき、クリスマスの飾り付けをしてあげたら、きれいだろうな、と思うことがあります。樅の木のかわりに。”

 などと、言ってしまったわけなのですが、やはり思いついたことは一度だけでもやってみなければ、なんとなく居心地が悪い。

 言っちゃった以上は、やってみなければ終わらない。

だから、やってしまいました。

 もちろん、実際に出かけていって電飾を施してもいいのですが、電源がありません。コンセントの持って行き場がありません。(まさか、ご近所から分けてもらうなんて …… ねぇ。おもしろそうだけど)

 で、GIMP2.7で、ちょっと控えめですけれど、セイタカアワダチソウ(背高泡立草)をクリスマスツリーに仕立ててみました。


セイタカアワダチソウのクリスマスツリー

(写真をクリックすると大きな画像でご覧頂けます)

 センスの悪さは、生まれつきなのでご勘弁ください。

 ちょっと早いけれど、

 みなさんに、メリークリスマス!!


当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 季節の花ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンクをひと押し、応援いただけるとうれしいです。(^o^)
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ



●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。 当サイトに掲載している野花の写真(画像)は、すべてフリー素材写真(画像)として自由にお持ち帰りいただけます。お持ち帰り方法は、写真(画像)のご使用についてのページをご覧ください。
  トップページ   サイトマップ   運営者情報   リンク集


コメント

  1. りんがむ | URL | -

    utugiyuさん、ようこそ、いらっしゃいませ。

    なんだかセンスのかけらもないようなツリーですが、いいですとも、どうぞ持ってってください。

    まだまだお忙しそうですが、いかがですか?
    クリスマス楽しめる時間、つくれそうですか?

    あんまり無理しないでくださいね。

    ありがとうございました。

  2. utugiyu | URL | -

    Re: レウィシア(岩花火) … 花屋さんで見つけました

    りんがむさん、こんばんは!セイタカアワダチソウのツリー・・・びっくりしました!本当に現地で飾り付けたのかとおもうくらいナチュラルだったので・・・。せっせと飾り付けるりんがむさんを想像してしまいました(笑)。よかったです、画像処理で・・。
     とても素敵なので、画像、お持ち帰りさせていただきます!とても素敵なクリスマスプレゼントありがとうございます!

  3. りんがむ | URL | -

    popoさん、ようこそ、いらっしゃいませ。

    偶然とはいえ、不思議なものですね。
    レウィシアの多彩な花色の中でいちばん好きなのが、popoさんが買ったオレンジだったりするのですから。

    セイタカアワダチソウのツリーは、そうですね、どこかいまいち足りないかんじが、ロンっぽいですね。

    誰だって、セイタカアワダチソウをクリスマス・ツリーにしようなんて考えないでしょ。
    おばかな私くらいのものです。そんなこと考えるの。

    ほんとは、醍醐寺の国宝、五重塔にもクリスマスの電飾をやってみたのです、こっそりと。
    これがけっこういけてるんですね、不思議なことに。

    仏様の心の広さが本物なら、そんな遊びも許してもらえるかな、なんて。
    さすがに、そんなばちあたりな絵はUPできませんけど、けっこうきれいですよ。

    そう言う遊びが許される世の中だったらいいのにね。

    だめだろうな、きっと。

  4. popo | URL | DMUUwyv6

    Re: レウィシア(岩花火) … 花屋さんで見つけました

    こんばんは~りんさん★
    今日の記事はホントに驚きました!!偶然にも同じ花だったんですね~(笑)
    こんなことがあるなんて~v-266

    花屋さんでこんなに売っているんですね~
    白も真ん中がグリーンでとてもきれいですね。
    ピンクも花びらが桜みたいな形で、でも色の入り方が可憐です。オレンジは私が気にいって購入しました。
    でも、咲かない蕾のもありました。

    花の表情がどのお写真でも素敵に出ていますね~下さいね~いつもありがとう。
    名前の由来もよくわかりました。

    それから、オリジナル・クリスマスツリーv-255
    拍手です!!どうやってこの場にクリスマスツリーが・・・
    ???私には分からないロンのマジックでしょうか?

    ホントにわかりません~どうやって作ったのか、教えて下さいね~(笑)

    りんさんのひらめきv-21、大成功ですね~
    セイタカアワダチソウも温かいクリスマスツリーv-255になりました。
    即無理だといった私をお許し下さい~(笑)v-22


コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://linghum.blog119.fc2.com/tb.php/201-c80333c0
この記事へのトラックバック


最新記事


BBS7.COM
MENURNDNEXT
Flower Explorer資格取得支援情報室美容室・サロン設計ならビューティーデザインショップ無料ブログパーツ ブロパ.jp相互リンク.com相互リンク検索エンジン:暮らしと趣味婚礼のしきたりとマナー相互リンク集ブログ足の臭いの悩み・原因と対策・解消法 暮らしと資格の情報室 金魚の飼い方・育て方
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。