トップページ  サイトマップ  運営者情報  リンク集

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 季節の花ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンクをひと押し、応援いただけるとうれしいです。(^o^)
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ



●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。 当サイトに掲載している野花の写真(画像)は、すべてフリー素材写真(画像)として自由にお持ち帰りいただけます。お持ち帰り方法は、写真(画像)のご使用についてのページをご覧ください。
  トップページ  サイトマップ  運営者情報  リンク集

炭山(すみやま)へ

2008年12月28日 17:28

 昨日12月27日は、仕事納めということもあって、半日で会社を終え、その帰りにすこし寄り道をしてみました。

 行き先は、炭山(すみやま)

 炭山は、宇治市にあって、自宅のある伏見区の日野から車で20分くらいの山間の静かな隠れ里といった雰囲気の土地です。
 山間の里とはいえ、炭山はその歴史も古く、地名からも推し量ることができますが、薪炭の生産地として平安時代頃の文献にも登場しています。

 昭和の後半になって京都市内から京焼の伝統を受け継ぐ陶芸家が相次いで炭山に陶窯を移すようになり、各種の陶器を生む工芸家の集落が誕生しました。

 陶芸の里として有名ではあるのですが、たとえば信楽焼で有名な滋賀県の信楽のように、陶器を売る店などはありません。九州の山間の村出身の私にとっては、故郷に帰ったような錯覚を楽しむことのできる大切な場所のひとつです。


炭山 その1

写真の撮影地 京都府宇治市炭山(写真をクリックすると大きな画像でご覧頂けます)


 車一台がやっとすれ違うことができる山間の曲がりくねった道をしばらく登り続け、小高い山の頂上に出て、道は下り坂になります。

 その途中で写真を撮ってみました。ここにもセイタカアワダチソウ(背高泡立草)の姿が。写真奥の山の稜線から、ここが山の上であると言うことがおわかりいただけると思います。


炭山 その2

写真の撮影地 京都府宇治市炭山(写真をクリックすると大きな画像でご覧頂けます)


 曲がりくねった、道の途中で、変わった形の木の実を見つけました。何という名前の木なのかはわかりませんが、不思議な形です。
 枯れているのかと思って枝の先を少しだけ折って見ると中は緑色。枯れているわけではないようです。


炭山 その3

写真の撮影地 京都府宇治市炭山(写真をクリックすると大きな画像でご覧頂けます)


 里に近づくにつれて、こんな風景が現れます。
 私の故郷にもこういった場所がたくさんあります。もちろんこれは、家ではありません。農作業の道具などをしまっておくための小屋です。

 とても懐かしい心持ちになります。


炭山 その4

写真の撮影地 京都府宇治市炭山(写真をクリックすると大きな画像でご覧頂けます)


 里にはキンカン(金柑)の橙色の実があちこちで見かけられます。山間の里ということもあって、この日の気温はおよそ5度、寒いです。けれど、陽射しを受けて透けるような金柑の色を見ていると、不思議ですね。気持ちが温かくなってきます。


炭山 その5

写真の撮影地 京都府宇治市炭山(写真をクリックすると大きな画像でご覧頂けます)


 帰り道、見上げた空には手を伸ばせば届きそうなところをゆっくりと流れる雲と蒼い空がありました。


当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 季節の花ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンクをひと押し、応援いただけるとうれしいです。(^o^)
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ



●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。 当サイトに掲載している野花の写真(画像)は、すべてフリー素材写真(画像)として自由にお持ち帰りいただけます。お持ち帰り方法は、写真(画像)のご使用についてのページをご覧ください。
  トップページ   サイトマップ   運営者情報   リンク集


コメント

  1. かずぱぱさん、ようこそいらっしゃいませ。 | URL | Gp06xE7A

    炭山は、とても静かな隠れ里です。

    かずぱぱさん、おはようございます。
    初めまして。

    かずぱぱさんは、隠れ里がお好きなのですね。

    炭山は、とても静かな佇まいをもった、
    隠れ里という言葉にぴったりの場所ですよ。

    機会があれば、またご紹介してみようと
    思っています。

    コメント、ありがとうございました。

  2. かずぱぱ | URL | -

    Re: 炭山(すみやま)へ

    瀬田川がなぜか急峻な山間部へ流れ込む不可思議に引き寄せられ、Googleマップの地形図を眺めていたところ、なんだこの隠れ里みたいなのは?と「炭山 隠れ里」で検索したところ、こちらがヒットしました。情報ありがとうございます。面白いですね。わたし隠れ里、大好きです。茨城県のほうにもありますよ。

  3. りんがむ | URL | -

    シンシアKさん、ようこそ、いらっしゃいませ。

    シンシアKさん、田舎者の撮る何の変哲もない写真ばかりのブログにお越しいただけたこと、とてもうれしく思っています。

    来たる年が、シンシアKさんにとってとびっきりのよい年でありますように……。

    こちらこそよろしくお願いいたします。

    よいお年を……。

  4. シンシアK | URL | -

    Re: 炭山(すみやま)へ

    りんがむさん、素敵な写真を見せていただき感激です
    来年も遊びにきますので、どうかよろしくお願いします♪
    よいお年を~♪

  5. りんがむ | URL | -

    さざなみさん、ようこそ、いらっしゃいませ。

    現代の私たちは、自分たちが作った、ほんとはありもしない時間という概念になじみすぎているせいか、自分たちの時計で自然の営みを計る癖がついてしまったようです。

    ”人の作った暦より、ずっと歴史があって正確な時間”

    私たちが暮らしているのは、まぎれもなく自然の営みの中なのだから、自然の営みをよりどころとした時間のとらえ方があってもいい。

    ”自然の営みをよりどころにした時間”

    かつての日本人が持っていた、”人の作った暦より、ずっと歴史があって正確な時間”
    日本人のもつたおやかな美意識や文化、死生観はそこからくるものなのかもしれません。

    冬の空と流れゆく雲を眺めていると、そんな思いがしてきます。

    今年はいろいろとさざなみさんに助けられ、励まされ、そしてご迷惑をかけた一年でした。

    ほんとうにありがとうございました。

    くれぐれもお体に気をつけて、無理をなさいませんように。
    なによりもとびっきりの、よいお年でありますように……。

    だにゃ。

  6. さざなみ | URL | LtMzB4og

    Re: 炭山(すみやま)へ

    自然は同じように時間が経過していても大晦日も新年もないと思ってましたけど、確かに年の瀬な感はありますねぇ。
    それも思い込みなのかもしれないけど(笑)。
    人の作った暦より、ずっと歴史があって正確な時間が静かにあるんですね。
    どうぞ良いお年をお迎え下さいませ♪

  7. りんがむ | URL | -

    popoさん、ようこそいらっしゃいませ。

    popoさん、こんばんは。

    肝心の炭山の集落風景を取り忘れていたので、どんなところなのかちっともお伝えできませんでしたね。(ばか、ですね)

    popoさんの撮られたツワブキの黄色や、キンカンの橙色とか、この時期にはとくにあたたかく感じられますね。

    野花の姿が消えた冬枯れの野に出ると、つい空ばかり見上げてしまいます。
    駅のど真ん中ですか……。
    ふと、高村光太郎の智恵子抄を思い出しました。

    ”智恵子は東京に空がないと言ふ、
    ほんとの空が見たいと言ふ。
    私は驚いて空を見る。”

    なんて。

  8. りんがむ | URL | -

    maimai さん、ようこそ、いらっしゃいませ。

    はじめまして、maimai さん。

    田舎ものの撮る何の変哲もない写真ばかりですが、よろしければまたお越しください。

    コメント、ありがとうございました。

  9. popo | URL | DMUUwyv6

    Re: 炭山(すみやま)へ

    こんばんは~りんさん★
    炭山を案内して下さってありがとう~。
    こんな所にくると、懐かしい気持ちになるんですね~そんな場所を見つけられて、よかったです。落ち着くし、大切な宝物v-33のような場所なんでしょうね。

    セイタカアワダチソウがモコモコで温かそうです。
    でも外は寒くて凍えそうな時、キンカンの実v-132、拡大したら、ホントに透けて見えて、心が温かくv-41なりました。

    寒い時だからこそ、そんな実が、輝いて見えるんですね~
    青い空を雲がゆく姿、ススキが入って素敵なお写真になりましたね。

    私も珍しく空を動く雲が気になって、何枚か撮ってみました~
    でも駅のど真ん中でしたのでビルしか近くにはありませんでした~v-22

  10. maimai | URL | -

    Re: 炭山(すみやま)へ

    とても素敵な写真ですねv-252

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://linghum.blog119.fc2.com/tb.php/202-8d27b6db
この記事へのトラックバック


最新記事


BBS7.COM
MENURNDNEXT
Flower Explorer資格取得支援情報室美容室・サロン設計ならビューティーデザインショップ無料ブログパーツ ブロパ.jp相互リンク.com相互リンク検索エンジン:暮らしと趣味婚礼のしきたりとマナー相互リンク集ブログ足の臭いの悩み・原因と対策・解消法 暮らしと資格の情報室 金魚の飼い方・育て方
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。