トップページ  サイトマップ  運営者情報  リンク集

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 季節の花ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンクをひと押し、応援いただけるとうれしいです。(^o^)
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ



●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。 当サイトに掲載している野花の写真(画像)は、すべてフリー素材写真(画像)として自由にお持ち帰りいただけます。お持ち帰り方法は、写真(画像)のご使用についてのページをご覧ください。
  トップページ  サイトマップ  運営者情報  リンク集

クリサンセマム・パルドサム(ノースポール) … 育ててみませんか?

2009年02月11日 12:30

 秋の終わり頃から、初夏にかけてお花屋さんの店先や、おうちの花壇や鉢植えの中で真っ白い清楚な花を咲かせるキク科の草花があります。


クリサンセマム・パルドサム(ノースポール)

写真の撮影地 京都市伏見区日野 (クリサンセマムの写真をクリックすると大きな写真でご覧頂けます)


 ”クリサンセマム・パルドサム(Chrysanthemum paludosum)”です。

 ”ノースポール”という名前の方がなじみ深い方もおられるかも知れませんね。


 ”クリサンセマム”という呼び名は、もともとキク属(Chrysanthemum)全体を指す言葉ですので、園芸店に並んでいるいろんな花色や品種のものも、”クリサンセマム・○○”という名前で販売されていたりしますが、

 白い花色の”クリサンセマム・パルドサム (ノースポール)”と、伸びた花茎の先に黄色い花を咲かせるアルジェリア原産の、”クリサンセマム・ムルチコーレ”のことを”クリサンセマム”と呼ぶのが一般的のようです。


 クリサンセマム・パルドサムノースポールは、ヨーロッパ、地中沿岸、北アフリカ周辺が原産のキク科の草花なのですが、日本にも同じキク科の仲間がいます。


 日本原産のイソギク(磯菊)や、ハマギク(浜菊)も、クリサンセマム・パルドサムノースポールの仲間です。

 また、カナリア諸島原産のマーガレットや、シロタエギク(シルバーレース))なども同じ仲間ですね。


クリサンセマム・パルドサム(ノースポール)

写真の撮影地 京都市伏見区日野 (クリサンセマムの写真をクリックすると大きな写真でご覧頂けます)

 クリサンセマム・パルドサム(ノースポール)は、花期が長く、寒さに強くて丈夫ですし、一度植えると毎年タネがこぼれてそこらじゅうから芽が出てきますので、その育てやすさからとても人気があります。


 ガーデニングは、初めてという方でも、安心して楽しめる丈夫な品種です。


 ガーデニングショップや、園芸店でも3号鉢4株で、およそ500円~700円前後。一株だけだと100円前後でも見つけることができるので、とてもお買い得ですしね。


 ところで、最近”育てるたまご”というのが人気なのだそうです。


 ”育てるたまご”というのは、

 たまごの殻の上の方をスプーンとかで割って、水をあげるとかわいい芽がでてくるかんたん栽培セットのことなのですが、かわいい”クリサンセマム・パルドサム(ノースポール)のたまご”を見つけました。


 どんなものか見てみたい、という方は、”楽天市場内の株式会社JFストリーム 割って育てるたまご”をご覧になってみてください。(かわいいですよ)


 クリサンセマム・パルドサム(ノースポール)の育て方のポイント


 クリサンセマム・パルドサム(ノースポール)はもともと、とても花期の長い一年草の草花なのですが、白いじゅうたんを敷き詰めたようにいっぱいに咲かせるには、いくつか育て方のポイントがあります。


 まず、花柄(はながら)摘み


 咲き終わった花柄(はながら)をこまめに摘みとっておくと、次から次へと花が咲いてくれます。


 それから、切り戻し


 クリサンセマム・パルドサム(ノースポール)は、分枝しやすい草花ですので、花が一通り咲き終わった頃を見計らって、花茎の半分くらいまで切り戻しを行ってください。そうすると脇からまた茎が伸びてきて、どんどん花を咲かせてくれるようになります。


 そして、日当たり


 もともと地中海沿岸地方を中心とした地域が原産ということもあって、クリサンセマム・パルドサム(ノースポール)は日光をとても好みます。

 お日様が足りないと、茎がひょろひょろして花つきも悪くなりますので、できるだけ日当たりの良いところで育ててあげてくださいね。


 クリサンセマム・パルドサム(ノースポール)は、およそ15度C~20度Cの低温で発芽しますので、種から育てる場合は、

 暖かい地方では9月下旬~10月上旬、寒い地方では3月中旬~4月上旬が種蒔きの適期です。


 種蒔きには、ピートバンを使うのがいいと思います。ガーデニングショップや園芸店などへゆけば、水を入れて膨らませて使うピートバンとバット(入れ物)がセットで販売されています。お値段はおよそ、700円前後です。


 ただ、発芽率が意外と低く、種蒔きした数のおよそ半分くらいしか発芽しないことがありますので、種蒔きは、


 ”少し多いかな”、ぐらいが経験から言って、ちょうどいいと思います。


 種蒔きのあと、およそ一週間ほどで発芽してきますので、混み合った部分を間引きしながら、本葉が4枚ぐらいになったら、3号くらいの植木鉢に緩効性化成肥料(培養土1リットルあたり3g程度)を混ぜた培養土に1本ずつ苗を植えつけます。



 用土は、ガーデニングショップや園芸店で販売されている草花用でも問題はありませんが、できれば、

 水はけがよく有機質を豊富に含んだものが最適です。

 私は、5号鉢に赤玉土7:腐葉土3の割合で育てています。私の家には庭がないので推測ですが、庭植えにする場合は、庭土に腐葉土もいくらか混ぜておくと良いかな、と思います。


 あまり水をやりすぎると、寒さに弱い苗になってしまいがちなので、土の表面が乾いたら水をあげる程度にしておきましょう。(大きく育ってからも、クリサンセマム・パルドサム(ノースポール)には、水をあげすぎないように気をつけてくださいね)


 摘心は、新芽がおよそ10cmくらいになってから行うと、早い時期から枝が増えて花がいっぱい咲くようになりますよ。


クリサンセマム・パルドサム(ノースポール)

写真の撮影地 京都市伏見区日野 (クリサンセマムの写真をクリックすると大きな写真でご覧頂けます)


 クリサンセマム・パルドサム(ノースポール)は寒さにはかなり強いですが、真冬にマイナス3度Cを下回ると、弱い株から枯れはじめますので、夜間は鉢を家の中に取り込むとか、段ボール箱で温室を作るとかして保温しておけば、温度管理は心配ないでしょう。


 肥料は、花が咲き続けている間は、肥料切れをさせないように液体肥料を月2回くらいのペースであげてください。

 元肥にチッソ分が多いと花つきが悪くなる傾向にあるようですので、チッソ分を控えめにした化成肥料を元肥に使うと良いと思います。


 あと、春先など暖かくなってくると、アブラムシやハモグリバエがつきやすくなりますので、3月の上旬頃に、オルトランやエカチンなどの粒剤を株元にまいておくと安心です。


 そうそう、クリサンセマム・パルドサム(ノースポール)だけではありませんが、猫を飼ってらっしゃるおうちでキク科の植物を植えるときには気をつけてくださいね。


 猫はキク科の植物に触れると、皮膚接触の場合は皮膚炎、経口接触では嘔吐を起こしたりすることがあります。


 まさか、猫が自分から苦手なキク科の植物に近づくことはないと思いますが、猫のお気に入りの場所や、通り道にはなるだけキク科の植物を置かない方がよいと思います。(逆に考えると、キク科の植物を”猫よけ”に活用することもできますね)


キク科クリサンセマム(フランスギク)属の半耐寒性一年草
Leucanthemum paludosum=Chrysanthemum paludosum(クリサンセマム・パルドサム)


 名前の由来  

 ”ノースポール”という名前の由来は、その白い花色にあると言われています。

 満開のノースポールのじゅうたんを敷き詰めたような真っ白い花色から、北極の白のイメージ→北極星→”ノースポール”となったようです。  


 生育地(原産地) ヨーロッパ、地中沿岸、北アフリカ   
 分 布 ヨーロッパ、地中沿岸、北アフリカ    

 花 期 2月~6月(早いものは秋の終わりから、初夏まで開花します)    
 花 色 白    
 花の大きさ 2~3㎝  

 草 丈 15cm~20cm

 花言葉 誠実 


当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 季節の花ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンクをひと押し、応援いただけるとうれしいです。(^o^)
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ



●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。 当サイトに掲載している野花の写真(画像)は、すべてフリー素材写真(画像)として自由にお持ち帰りいただけます。お持ち帰り方法は、写真(画像)のご使用についてのページをご覧ください。
  トップページ   サイトマップ   運営者情報   リンク集


コメント

  1. りんがむ | URL | Gp06xE7A

    ちびたさん、ようこそ、いらっしゃいませ。

    いえいえ、マーガレットでもぜんぜんOKです。

    花を愛でるのに本来名前や分類など、
    どうでもいいことです。

    花の名前は何度か見るうちに、自然と記憶に残ります。
    ”あ、えっと、クリサン……、なんだっけ?”
    最初はそんなかんじですもの、私も。

    猫よけにペットボトルを並べるより、
    キク科の花の鉢植えを並べた方がずっといいと思います。
    ただ、ペットボトルと違って、ほったらかしと言うわけにもいかないあたりが、ちょっと微妙ですけど。

    ありがとうございました。

  2. ちびた | URL | tHX44QXM

    Re: クリサンセマム・パルドサム(ノースポール) … 育ててみませんか?

    こんにちは

    花言葉が誠実、まさに質素だけどしっかりとした
    生命力を感じる花です。

    名前は全然ピンときませんけど・・・あ、マーガレット
    ならば知っています。でもちょっと違うのですね(^^;)

    キク科の植物をネコが嫌うのですね、近所のノラネコが
    よく来るので、キク科の植物を植えるというのがネコ
    対策にはよさそうですね。

  3. りんがむ | URL | Gp06xE7A

    若武さん、ようこそ、いらっしゃいませ。

    若武さんところにも、ノースポールが咲いているんですね。

    暖冬の影響はいろんなところで出ているようですが、
    蝋梅と枝垂れ梅の取り合わせは、きっとすてきなのでしょうね。

    ”めでたさも中くらいなり、温暖化の梅の花”

    せっかく咲いてくれたのだから、それはそれ、
    愛でてあげてくださいね。

    ありがとうございました。

  4. 若武 | URL | -

    Re: クリサンセマム・パルドサム(ノースポール) … 育ててみませんか?

    こんにちは。
    ノースポールは我が家にもあります。
    きれいな花を咲かせますよね~。
    暖冬のためか、実家では蝋梅が垂れ梅といっしょに咲いています。
    黄色と赤のコントラストが素敵なんですが、素直に喜んでいいものかどうか・・・・

  5. りんがむ | URL | -

    utugiyuさん、ようこそ、いらっしゃいませ。

    utugiyuさんに言われて初めて気がつきました。
    ほんとに”よもぎ”っぽいですね。
    調べてみたら、よもぎも同じキク科でした。

    身近すぎて気がつかないものですね。

    これかも大変だとは思いますが、
    お体に気をつけて、無理しないでくださいね。

    ありがとうございました。

  6. utugiyu | URL | -

    Re: クリサンセマム・パルドサム(ノースポール) … 育ててみませんか?

     りんがむさん、こんばんは!いつもながら、とてもあたたかいお言葉、どうもありがとうございました。ひきつづき、がんばってまいります!(笑)。
     この白いかわいらしいお花、はっぱがよもぎににてる・・・と、生活に即した感想がうかんできてしまいました・・・(笑)。

  7. りんがむ | URL | Gp06xE7A

    popoさん、ようこそ、いらっしゃいませ。

    ノースポールは、花屋さんでもけっこうな人気ですね。
    丈夫で、どんどん増えますし、花もいっぱい咲きますし。
    それに値段も安いし。

    ずっと昔ですけれど、私が初めて買った花のひとつと言うこともあって、とても気に入っています。

    ”育てるたまご”、なかなかでしょ?

    楽しんでいただけてなによりです。

    ありがとうございました。

  8. popo | URL | DMUUwyv6

    Re: クリサンセマム・パルドサム(ノースポール) … 育ててみませんか?

    こんばんは~りんさん★

    ノースポールはなかなか可愛い姿で好きです。
    去年は一昨年のこぼれ種で、小さな芽を出し咲いてくれたのを、思い出しました。
    小さくても、花を咲かせてくれるんですね。
    とっても感激e-417したことを覚えています。

    ぱぁ~っと開いた姿も、少しつぼんだ姿も、可愛いですね~安心して育てることができるから、嬉しいですね。e-343

    育てるたまご!楽天に行って見てきました。
    これは知りませんでした。
    なかなか面白そうで夢があっていいですね~e-278

    お陰さまで、楽しんで拝見させて頂きました。
    どうもありがとね~v-22

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://linghum.blog119.fc2.com/tb.php/209-abceaf0d
この記事へのトラックバック


最新記事


BBS7.COM
MENURNDNEXT
Flower Explorer資格取得支援情報室美容室・サロン設計ならビューティーデザインショップ無料ブログパーツ ブロパ.jp相互リンク.com相互リンク検索エンジン:暮らしと趣味婚礼のしきたりとマナー相互リンク集ブログ足の臭いの悩み・原因と対策・解消法 暮らしと資格の情報室 金魚の飼い方・育て方
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。