トップページ  サイトマップ  運営者情報  リンク集

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 季節の花ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンクをひと押し、応援いただけるとうれしいです。(^o^)
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ



●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。 当サイトに掲載している野花の写真(画像)は、すべてフリー素材写真(画像)として自由にお持ち帰りいただけます。お持ち帰り方法は、写真(画像)のご使用についてのページをご覧ください。
  トップページ  サイトマップ  運営者情報  リンク集

オオイヌノフグリ(大犬陰嚢) … コバルト・ブルー

2009年02月22日 21:00

 今日の伏見は、あいにくの曇り空ではありましたが、久しぶりに野山を歩いてみました。

 野の花の姿が少ないことは、はじめからわかっていたことですが、我ながら驚いたことがあります。


 それは、……。


 体力が落ちた! それもどっさりと!


 ほんのすこしの傾斜を登るにも、”どっこいしょ”とか”よいしょ”とか言わないと登れない。しかも気がつくと、息があがっているじゃありませんか。


 ”丈夫で長持ち”、

 ”ちょっと気が弱いけど、へたれだけど、根は骨太で頑丈な田舎もの”、


 が、私のアイデンチチイ、いえ、アイデンティティだったはずなのに。


 困ったものです。


 そんなわけで、山道を行くのはそこそこに切り上げて(そうです、”困ったものです”とか言いながら切り上げちゃうのです)、近くの畑のまわりを歩いていると、いましたいました。

 コバルト・ブルーの花色が美しい、おなじみの、オオイヌノフグリ大犬の陰嚢)です。


オオイヌノフグリ(大犬陰嚢)

写真の撮影地 京都市伏見区日野(写真をクリックすると大きな画像でご覧頂けます)


 オオイヌノフグリ大犬の陰嚢)は、もともとヨーロッパ原産の植物で、1890年頃、つまり明治23年頃に東京ではじめて見つかったとされる帰化植物です。


 はじめて見つかったのが明治23年頃ですから、日本にやってきたのは、たぶん明治の初め頃ではないかと言われています。


オオイヌノフグリ(大犬陰嚢)

写真の撮影地 京都市伏見区日野(写真をクリックすると大きな画像でご覧頂けます)


 ところで、明治23年っていったいどういう年だったのだろう?


 ふとそんなことを考えたとき、思い浮かんだのが、エルトゥールル号。


 明治23年は、あのエルトゥールル号遭難事件の年だったんですね。


 私はかつて海上自衛隊で、”たかつき”型護衛艦の3番艦、舞鶴を母港とする第2護衛隊群旗艦の”もちづき(DD-166)”のCIC(Combat Information Center)でレーダー要員として、”もちづき”の”目”だったことがあります。
 (その後護衛艦”もちづき”は、第一線を退き、特務艦(ASU-7019)としての任務を終えた後、1999年3月19日に除籍、退役しました。)


 九州の山深い村の山猿が、遠い海原を駆ける海猿に憧れたのです。


 海に憧れ、船乗りに憧れる人なら、きっと、エルトゥールル号の海難事故を知らない人は、いないと思います。


 エルトゥールル号遭難事件というのは、オスマン帝国(現在のトルコ共和国)軍艦エルトゥールル号が、折からの台風によって和歌山県串本沖で遭難し多くの犠牲者を出した歴史にも名を残す大海難事故です。

 このとき現在の串本町(当時大島村)樫野の方たちが、住民総出でエルトゥールル号の乗組員の救助と生存者の手当に力を尽くされました。

 串本町(当時大島村)樫野は、台風で漁に出ることもままならず、自分たちが食べる食料の蓄えもほんのすこししかなかったそうです。


 失礼を承知でいうならば、


 ”遠い国から軍艦でやってきた見ず知らずの人のことなど、かまってあげる余裕なんてない”


 そんな状況だったのです。


 それにもかかわらず、樫野の方たちは、浴衣など家にあった衣類はもとより、卵やサツマイモ、万が一のために非常用にと大切にしていたニワトリすら惜しむことなく持ち寄って、献身的にエルトゥールル号の生存者たちのために尽くされました。

 この勇敢で献身的な尽力の結果、死者581人を出す大海難事故であったにも関わらず、樫野の寺、学校、灯台などに収容された69名ものエルトゥールル号の乗組員が無事救出され、無事に母国へ生還することができました。

 1890年、明治23年9月16日夜半のことです。

 トルコでは、この日を日本とトルコの友情の証として今も忘れずに、大切に語り継がれているそうです。トルコでは今も、日本人であるという、ただそれだけで日本人を大切な友人として迎えてくださるそうです。

 いつかトルコを旅することがあったとしたら、その前に、それにふさわしい私になりたい。


 何よりも、当時の串本町(当時大島村)樫野の方たちを、心から誇りに思います。

 
 自分のことですら満足にできない私ですが、同じ日本人という言葉すらおこがましく思いながらも、ほんとうに誇りに思います。


 って、話がそれてしまいましたね。


オオイヌノフグリ(大犬陰嚢)

写真の撮影地 京都市伏見区日野(写真をクリックすると大きな画像でご覧頂けます)


オオイヌノフグリ

漢字で書くと、大犬の陰嚢

名前の意味については、もうかなり有名ですので、いまさらご説明するまでもないとは思いますが、読んで字の如く、”大きな犬の陰嚢”、つまり犬の”タマタマ”です。

 もともと日本には、イヌノフグリ(犬の陰嚢)という、淡いピンクに赤紫の筋が入った小さな花があります。

 このイヌノフグリ(犬の陰嚢)の実(果実)がふたつの球をつけたような形をしていて、犬の睾丸(陰嚢)似ていることから、遠い昔にイヌノフグリ(犬陰嚢)という名前がつけられました。

 イヌノフグリ(犬の陰嚢)は花の大きさが、およそが3mmほど。

 オオイヌノフグリ大犬の陰嚢)の花は、それより大きくおよそ10mmくらいということから、”オオイヌノフグリ大犬の陰嚢)と名付けられたようです。


 花の姿や、花色には”犬の陰嚢”なんてイメージはどこからも浮かびません。オオイヌノフグリ大犬の陰嚢)の果実にしても、犬を飼っている私の目で見比べても、”犬の陰嚢”には見えません。


 でも名前がついて、広まっちゃった以上しかたありません。


オオイヌノフグリ(大犬陰嚢)

写真の撮影地 京都市伏見区日野(写真をクリックすると大きな画像でご覧頂けます)


 でもね、高浜虚子の句に、


 ”いぬふぐり 星のまたたく 如くなり”


 と言うのがあります。


 虚子自らが、”虚子六百句”に選んでいる句ですから、きっと思い入れも深い句だったのでしょう。

 きっぱりとして、とても美しい句です。


 オオイヌノフグリ(大犬の陰嚢)の別名に”星の瞳”というのがありますが、思うことはみな同じ、ということなのでしょうね。

 
オオイヌノフグリ(大犬陰嚢)

写真の撮影地 京都市伏見区日野(写真をクリックすると大きな画像でご覧頂けます)


 オオイヌノフグリは、朝開いた花が、夕方には閉じて落下してしまいます。こういう花の咲き方を、一日花といいます。

 それどころか、オオイヌノフグリの花に、うっかり触ると”ぽろ”っと落ちてしまいます。

 ”あ、きれいだな” 摘んで持って帰ろうなんて思っても、摘んだ尻からぽろり、ぽろり。

 野花の一輪挿しに、オオイヌノフグリは不向きなようです。


オオイヌノフグリ(大犬陰嚢) ゴマノハグサ科 クワガタソウ属の一年草 Veronica persica(ベロニカ ペルシカ)

 生育地   路傍、畑の畦道   
 分 布   北海道、本州、四国、九州、奄美・琉球   

 花 期   2~5月 
 花 色   コバルト・ブルー    

 花弁の数   4枚   
 花の大きさ  およそ5~10ミリ

 葉の形   卵形で鋸歯がある    
 草 丈   10~40cm 

 別 名   瑠璃唐草・天人唐草・星の瞳    

 花言葉   誠実 清浄 


当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 季節の花ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンクをひと押し、応援いただけるとうれしいです。(^o^)
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ



●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。 当サイトに掲載している野花の写真(画像)は、すべてフリー素材写真(画像)として自由にお持ち帰りいただけます。お持ち帰り方法は、写真(画像)のご使用についてのページをご覧ください。
  トップページ   サイトマップ   運営者情報   リンク集


コメント

  1. りんがむ | URL | Gp06xE7A

    utugiyuさん、ごぶさたしています、ごめんなさい。

    utugiyuさん、すっかりご無沙汰したままでごめんなさい。

    よいことなのか悪いことなのかわかりませんが、
    私は最初はうじうじ考えてばかりいるくせに、
    一度スイッチが入ると、”いけー、ぶっぱなせー、もたもたするなー!”ってタイプです。


    自衛隊員には認識番号というのがひとりひとりにあって、
    たいてい首に下げています。
    犬の鑑札(?)みたいなものですね。

    自分が物言わぬ骸になったときのためです。
    たいてい長い数字の羅列なのですが、最後にアルファベットが、
    ひとつつきます。

    私は”J”でした。

    ”J”は、”ジェイ”ではありません。
    NATO(北大西洋条約機構)標準に従って、
    ”ジュリエット”と読むのです。
    すてきでしょ。
    そんなつまらないことに、
    ひとりこっそりときめいたりしていました。

    訓練航海で沖縄にも行きましたよ。
    私の沖縄好きはそれがはじまりだったような気がします。
    与論島で、コバルトブルーの海に感動して、
    星の砂をちまちまと、ちいさな瓶に集めたりもしました。

    そんなつまらないことにときめいたりしていました。
    そして今は、野辺に咲く花にときめいている。
    おかしいでしょ。

    トレパンですか……。

    心地よさそうですね。こんど試してみます。

    って、私がいうならならともかく、女性がそれを”楽ちん”と喜んでいていいものなのかどうか……。

    ありがとうございました。

  2. utugiyu | URL | -

    Re: オオイヌノフグリ(大犬陰嚢) … コバルト・ブルー

     りんがむさんこんばんは!今回は意外なりんがむさんの過去を知ってびっくり!なんだか想像もつきません。
     オオイヌフグリの名前の由来も初めて知りました・・。名前の由来はどうあれ、とても愛らしいお花ですね。
     あ、そうそう、今週私はトレパン生活を送ったのですが、でっぱったおなかにもやさしく、楽ちんですよ。おすすめです(笑)

  3. りんがむ | URL | Gp06xE7A

    かげさん、ようこそ、いらっしゃいませ。

    >”……なにかと苦労させられた記憶があります。”

    大先輩のかげさんも、
    オオイヌノフグリにはてこずってらしたんですね。
    なんだか、ほっとしました。

    ここ伏見では、オオイヌノフグリと、タネツケバナと、
    ホトケノザが咲き始めました。

    いよいよ、春なんですね。

    お忙しい中、ありがとうございました。

  4. かげ | URL | h8SlrcxY

    Re: オオイヌノフグリ(大犬陰嚢) … コバルト・ブルー

    オオイヌノフグリをはじめ、春の草花が咲きだしましたね~
    そうそう、押し花にするときはポロポロ花が落ちたり、
    写真を撮ろうと思ったら、曇っていて花がちゃんと開いてなかったり、
    開いていても光が強くてうまく撮れなかったり・・・
    なにかと苦労させられた記憶があります。
    外来種ですがすっかり定着して、この花が咲くと春が来たなとみんなが思えるまでになりましたね。

  5. りんがむ | URL | Gp06xE7A

    popoさん、ようこそ、いらっしゃいませ。

     野の花の写真を撮られているpopoさんなら、きっとおわかりいただけると思うのですが、
    今回は、”地べた撮り”(もちろん、私のりんの専門用語ですが)で撮ってます。

     で、それはそれでいいのですが、困ったことに、
    ”出っ張っちゃったおなか”が、苦しくて。

     ほんとにくるしいのよ、これが、意外にも。

     びっくりした。

     お相撲さんの苦労がちょっとだけ、いえ、だいぶわかった。
     

     贅沢なんてしてないのに、
     したくてもできないのに、

     この”出っ張ったおなかは何なんだ!”って。


     いつも応援ありがとうございます。

  6. popo | URL | DMUUwyv6

    Re: オオイヌノフグリ(大犬陰嚢) … コバルト・ブルー

    こんばんは~りんさん★
    お疲れさまでした~♪

    どっこいしょ~って言いながら(苦笑)撮ったお写真、私の大好きなオオイヌフグリでした
    青い線がくっきりと入り、りんさんらしいとても心温かいお写真です。
    名前の由来を知った時はびっくりしましたが、やっぱり好きv-343な花は好き!

    そう夕方には花は閉じてしまいますね。その姿を偶然今日観ました。触らなかったけど、さわったら、落っこっちゃうんですね~
    命ははかない野の花。それだからこそ美しいんですね~e-420

    >いぬふぐり 星のまたたくv-354 如くなり”

    そう、星の瞳という名前もぴったりです~v-22

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://linghum.blog119.fc2.com/tb.php/210-befb32d9
この記事へのトラックバック


最新記事


BBS7.COM
MENURNDNEXT
Flower Explorer資格取得支援情報室美容室・サロン設計ならビューティーデザインショップ無料ブログパーツ ブロパ.jp相互リンク.com相互リンク検索エンジン:暮らしと趣味婚礼のしきたりとマナー相互リンク集ブログ足の臭いの悩み・原因と対策・解消法 暮らしと資格の情報室 金魚の飼い方・育て方
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。