トップページ  サイトマップ  運営者情報  リンク集

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 季節の花ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンクをひと押し、応援いただけるとうれしいです。(^o^)
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ



●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。 当サイトに掲載している野花の写真(画像)は、すべてフリー素材写真(画像)として自由にお持ち帰りいただけます。お持ち帰り方法は、写真(画像)のご使用についてのページをご覧ください。
  トップページ  サイトマップ  運営者情報  リンク集

京都・伏見の菜の花(ナノハナ)

2009年04月04日 16:19

京都・伏見の菜の花

写真の撮影地 京都市伏見区日野(菜の花の写真をクリックすると大きな写真でご覧頂けます)


 4月になって、菜の花ナノハナ)がますます見頃になってきました。

 ご覧いただいているのは、京都市伏見区日野にある、萱尾神社(かやおじんじゃ)の近くの菜の花畑の菜の花です。


 私たちはふつうに”菜の花”、と呼んでいますが、ほんとうは”菜の花”という名前の植物は存在しません。

 私たちが”菜の花”と呼んでいる黄色い花は、実は、切り花として観賞用に栽培される花菜ハナナ)、食用にする菜花ナバナ)、油を搾る油菜セイヨウアブラナ)と、それぞれに品種が異なります。

 たとえば、花を楽しむために栽培される菜の花は、一般に黒川寒咲ちりめんや春雷という品種が多く用いられます。


 そうそう、川原に咲いている菜の花の多くは、油菜(アブラナ)の近縁種の西洋芥子菜(セイヨウカラシナ)なのだそうです。


京都・伏見の菜の花

写真の撮影地 京都市伏見区日野(菜の花の写真をクリックすると大きな写真でご覧頂けます)


 菜の花に埋もれていると、ほんとうに春爛漫、といった心持ちになりますし、写真にとって残しておきたい、もっと楽しみたい、誰かに伝えたいという気持ちにもなってきます。


 この菜の花畑でも、スケッチしたりコンパクトデジタルカメラで写真に撮ってらっしゃる方もよく見かけます。


 最近のコンパクトデジタルカメラは、とても優秀で、ごく普通に撮ってもきれいな写真になりますが、菜の花写真には、ちょっとしたコツがあります。


 1.マクロモードをもっと使いましょう。


 一面に咲き乱れる菜の花もすてきですが、マクロモードを使って、ひとつひとつの花をクローズアップ撮影すると、菜の花の違った魅力を写すことができますよ。


 ポイントは、思いっきり近寄って撮ってみる、です。


 思いっきり菜の花に近寄って、空を背景の一部に入れると、開放感が演出できますし、クローズアップしながら、背景に群生する菜の花を入れると、匂い立つような雰囲気が写せます。


 マクロモードの設定の仕方や、どこまで近寄ることができるかについては、お使いのカメラの取り扱い説明書をご覧くださいね。


 
 2.露出補正は、+0.3~+1.0で。

 露出補正というのは、カメラの自動露出では、暗く写ってしまったりする被写体を明るく写すための機能です。

 微妙な色合いを表現する上でも、自動露出任せにしないで、もっと露出補正機能を使ってみましょう。

 設定方法は、お使いのカメラの取り扱い説明書をご覧いただくとして、

 菜の花の場合は、同じフレームの写真を、+0.3から+1.0の範囲で何枚か撮っておいて、あとでいちばんよい写真を選ぶと良いと思います。

 菜の花の繊細で元気な黄色は、やや明るめに設定するとうまく表現できますよ。

 カメラによっては、自動で何段階か露出補正をしてくれる、オートブラケット機能というのもついているようですから、もしついていたら、活用してくださいね。


当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 季節の花ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンクをひと押し、応援いただけるとうれしいです。(^o^)
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ



●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。 当サイトに掲載している野花の写真(画像)は、すべてフリー素材写真(画像)として自由にお持ち帰りいただけます。お持ち帰り方法は、写真(画像)のご使用についてのページをご覧ください。
  トップページ   サイトマップ   運営者情報   リンク集


コメント

  1. りんがむ | URL | Gp06xE7A

    popoさん、ようこそいらっしゃいませ。

    カメラの不調ですか?
    困りましたね。

    光軸系がだいじょうぶなら、たぶん電気的な接点不良でしょうから、
    無理にこじ開けたりしないで、修理に出した方がいいですよ。
    ちゃんと治りますから。

    菜の花、もうしばらく楽しめそうですね。
    桜と菜の花が一緒の写真を撮りたいと思っているのですが、
    なかなか思うような場所がなくて。

    popoさんの、ソメイヨシノのお写真、とってもすてきでしたよ。

  2. popo | URL | DMUUwyv6

    Re: 京都・伏見の菜の花(ナノハナ)

    こんばんは~りんさん★
    あらまぁ~りんさんの指導を受けてから撮ればよかったです
    ホントにくっきりと綺麗ですね~♪

    今日撮ってきました~(^_^;)
    でも露出とか、よくわからな~いです。
    カメラのレンズの窓が途中までしかあかない故障のようです~手でこじあければいいのですけど・・・
    ついあけるのを忘れて、半分真っ黒の写真が・・・
    困ったなぁ~です。

    そう、菜の花の香りに浸ってきました。♪
    カラシナは似てるけど葉がとがっているものでしょう~
    ジロジロと見比べてきました~
    これは違うって。
    ついでに菜の花のお土産もね~
    旬のものをいただく贅沢をしました♪v-22

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://linghum.blog119.fc2.com/tb.php/218-1cbd1767
この記事へのトラックバック


最新記事


BBS7.COM
MENURNDNEXT
Flower Explorer資格取得支援情報室美容室・サロン設計ならビューティーデザインショップ無料ブログパーツ ブロパ.jp相互リンク.com相互リンク検索エンジン:暮らしと趣味婚礼のしきたりとマナー相互リンク集ブログ足の臭いの悩み・原因と対策・解消法 暮らしと資格の情報室 金魚の飼い方・育て方
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。