トップページ  サイトマップ  運営者情報  リンク集

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 季節の花ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンクをひと押し、応援いただけるとうれしいです。(^o^)
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ



●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。 当サイトに掲載している野花の写真(画像)は、すべてフリー素材写真(画像)として自由にお持ち帰りいただけます。お持ち帰り方法は、写真(画像)のご使用についてのページをご覧ください。
  トップページ  サイトマップ  運営者情報  リンク集

スイカズラ(忍冬・吸い葛)

2009年05月30日 11:49

 先日、仕事の関係で、柳生の里へ行って参りました。

 徳川幕府に仕えた柳生十兵衛(三厳:みつよし)とか、宮本武蔵が訪ねていった柳生新陰流で有名な柳生石舟斎(宗厳:むねよし)の、柳生の里です。


笠置から柳生の里を望む

写真の撮影地 京都府相楽郡笠置町(写真をクリックすると大きな写真でご覧頂けます)


 手前の白い建物の向こうの山を越えたあたりに柳生の里があります。(手前の建物は、笠置温泉です)

 その道の途中(国道163号線)に笠置のドライブイン、”リバーサイド・大扇”があります。ここのたこ焼きがおいしくて、月に何度か嫁御を伴って食べに来ます。


 どんなたこ焼きなんだね、それは? 


 という方は、暮らしの雑学情報館の”ドライブイン・大扇と大きなたこ焼き”のページでご紹介していますので、よろしければご覧ください。


木津川沿いの木陰

写真の撮影地 京都府相楽郡笠置町(写真をクリックすると大きな写真でご覧頂けます)


 そのリバーサイド・大扇の裏手には木津川が流れているのですが、ほのかな甘い香りに誘われて、草むらをかき分けて川のそばまで降りてみましたら、こんな花が咲いていました。


スイカズラ(忍冬・吸い葛)

写真の撮影地 京都府相楽郡笠置町(スイカズラ忍冬吸い葛)の写真をクリックすると大きな写真でご覧頂けます)



 スイカズラ忍冬です。



 スイカズラ忍冬吸い葛 Lonicera japonica)は、スイカズラ科スイカズラ属の常緑つる性木本性植物、つまり”木”ですね。


 別名、忍冬ニンドウ)とも呼ばれます。


 スイカズラ(忍冬)は、北海道以南のほぼ全域に分布しているようですので、およそ5月から6月頃に、野山や雑木林の周辺へゆけば、香水のような甘い香りを放つ花を咲かせているのを見ることができると思います。


 写真でもご覧いただけると思いますが、スイカズラ(忍冬)の花は基本的に筒状花です。


 上下に、大きく裂けるように分かれて、上の方はさらに4つに分かれています。見ようによっては、手のひらのようにも見えてきます。


 写真ではすこしわかりづらいかもしれませんが、スイカズラ(忍冬)は、ふたつずつワンセットで花が咲きます。まるで仲の良いカップルのようです。


スイカズラ(忍冬・吸い葛)

写真の撮影地 京都府相楽郡笠置町(スイカズラ(忍冬・吸い葛)の写真をクリックすると大きな写真でご覧頂けます)


 花の咲き始めは、ややクリーム色にちかい白い花色をしていますが、日を追うごとに黄色い花色に変わってゆきます。このことから、花色が銀色から金色に変化するという意味で、”金銀花(きんぎんか)”と言う名前で呼ばれることもあります。


 遠い昔の人たちは、この花の蜜を吸って、その甘い味を楽しんでいたのだそうです。


 それが名前の由来となって、”スイカズラ(吸い葛)”と、呼ばれるようになったのだとか。


 遠い昔、砂糖などの甘いものがなかった時代には、とても貴重だったのでしょうね、きっと。


 金銀花(きんぎんか)という別名は、漢方の生薬名としてもよく知られていますので、お聞きになった方もおられるのではないでしょうか。


 (漢方の生薬としてのスイカズラ(忍冬)についてお知りになりたい方は、ハル薬局さんの金銀花(きんぎんか)のページをご覧ください)


 ”冬を忍ぶ”という意味の、”ニンドウ”という別名は、厳しい冬でも葉を落とさずに美しい緑を保ち続ける姿からつけられたといわれています。

 たしかに、冬枯れの野において、鮮やかな緑色を見せるスイカズラ(忍冬)には、厳しい冬に耐える凛とした強さのようなものを見る思いがしてきます。

 
 スイカズラ(忍冬)の花言葉は、”愛の絆(きずな)”、”献身的な愛”、”友愛”なのだそうです。(ちなみに、スイカズラ(忍冬)は1月17日の誕生花でもあります)


 厳しい冬を堪え忍ぶ姿や、ふたつ並んで仲良く咲く花の姿を見ると、よりいっそうその花言葉がふさわしく思えてきます。


当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 季節の花ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンクをひと押し、応援いただけるとうれしいです。(^o^)
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ



●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。 当サイトに掲載している野花の写真(画像)は、すべてフリー素材写真(画像)として自由にお持ち帰りいただけます。お持ち帰り方法は、写真(画像)のご使用についてのページをご覧ください。
  トップページ   サイトマップ   運営者情報   リンク集


コメント

  1. ハイジさん、ようこそいらっしゃいませ。 | URL | Gp06xE7A

    背負っていくのは”荷物”だけではないと思いますよ。

    ハイジさん、ようこそいらっしゃいませ。

    不思議ですね、年齢を重ねるごとに、
    涙もろくなる。
    私も同じです。

    ちょっとしたことが嬉しかったり、
    哀しくなったり、そのたびについほろっとなってしまいます。

    ”無邪気に産まれた赤ん坊も、いつからか
    何かしら荷物を背負って生きて行く様になるんですよね
    様々な苦労と供に生きる事が人生なんでしょうね”

    私もハイジさんの仰るとおりだと思います。

    でもね。

    背負っていくのは何も”荷物”だけではないと思いますよ。

    大切な人にもらった優しさや、思いやりや、
    一緒に過ごした思い出といったかけがえのないものも
    一緒に背負っていくのです。

    だから、どんなに疲れても、
    打ちのめされてもまた歩き出せるのだと思います。

    ”親を亡くしてからでもいい
    息子もその時でいいから気づいてくれる人間であって欲しい
    それで充分です”

    私の親も、きっとハイジさんのように思いながら、
    私を見守っていてくれていたのでしょうね。

    なんだかほろっときてしまいました。

    今日6月4日は私の父の7回忌です。
    お酒の好きな優しい父でした。

    「べそかきハイジのへたれ日記」
    楽しく読ませていただきました。

    またお邪魔させていただきます。

    ありがとうございました。

  2. ハイジ | URL | -

    Re: スイカズラ(忍冬・吸い葛)

    りんがむさん こんにちは

    拙いコメントにあたたかいメッセージ頂き
    ありがとうございます。
    また涙してしまいました。

    涙腺の留め金が壊れている様です
    年のせいかも知れませんが・・・

    無邪気に産まれた赤ん坊も、いつからか
    何かしら荷物を背負って生きて行く様になるんですよね
    様々な苦労と供に生きる事が人生なんでしょうね

    親を亡くしてからでもいい
    息子もその時でいいから気づいてくれる人間であって欲しい
    それで充分です

    らんだむさんの様に美しいブログではありません
    稚拙な日記ですが、気が向いたらお暇な時お訪ね下さい

    http://beso77.seesaa.net/

    「べそかきハイジのへたれ日記」です。
    スイカズラ(忍冬)の画像早速使わせていただきました。

    ありがとうございました。

  3. ハイジさん、ようこそいらっしゃいませ。 | URL | Gp06xE7A

    目に見えない絆ほど深いものなのでしょうね。

    ハイジさん、はじめまして、りんがむと申します。

    因幡晃さんの”忍冬”
    懐かしいですね。

    若い頃因幡晃さんの歌が好きで、
    良く聴いていました。
    ”都忘れ”とかね。

    私も若い頃から、
    親には苦労ばかりかけてきました。

    もちろん、親を困らせてやろうなんて
    思っていたわけではないのですが、
    きっとそうやって甘えていたのでしょうね。

    そして、親を亡くして今、
    そのありがたさを身に沁みて感じています。

    素直にすくすくと成長するに越したことは
    ないのでしょうけれど、
    子供というのは、
    そうやって成長していくものなのかもしれません。

    息子さんを深く思うお気持ち、
    コメントのお言葉から感じられて、
    心に沁みました。

    写真、自由にお使いください。
    機会があればまた来てくださるとうれしいです。

    ありがとうございました。


  4. ハイジ | URL | -

    Re: スイカズラ(忍冬・吸い葛)

    初めてお邪魔します。
    因幡晃の「忍冬(スイカズラ)」が好きです。
    忍ぶという字は難しい、心に刃をのせるのね・・・

    どんな花なんだろう?って思い捜してここにたどり着きました。

    驚いたのは、息子の誕生日1月17日の誕生花だった事です。
    ずーと泣かされて来た息子ですが、花ことば「愛の絆」を自分に
    感じてくれてる様で・・思わず涙しました。

    ありがとうございました。
    画像拝借します。

  5. harabohさん、ようこそいらっしゃいませ。 | URL | Gp06xE7A

    harabohさんにはかないません。

    私はじっとして動かない植物ばかりを撮っています。

    動いたとしても、風にあおられて揺れるくらいのもですから、
    harabohさんのように、めまぐるしく動く鳥たちの姿は、
    逆立ちしても撮れません。

    harabohさんのお写真は、鳥たちも花たちもみな、
    くっきりとして美しいです。

    カワセミの青なんて、
    お写真がなければじっくり見ることもできませんもの。

    これからもたくさんの鳥たち、花たちを見せてくださいね。
    楽しみにしています。

    ありがとうございました。

  6. haraboh | URL | 7r4KQY7s

    スイカズラ

    りんがむさん、こんにちは。
    コンデジで撮っているとは思えない素晴らしい画像ですね。
    私も少し前にスイカズラを撮ってアップしました。
    当地(埼玉県)では花は終わりかけています。
    私は野鳥も撮っておりますが、以前撮った所はコチドリのとなりで咲いていました。
    今日見た場所は、用水路沿いで沢山見かけました。
    このスイカズラの前をカワセミが何度も横切って行きました。

  7. リラさん、ようこそいらっしゃいませ。 | URL | Gp06xE7A

    ”古風な花”かもしれませんね。

    ずっと以前ですけれど、はじめて”赤毛のアン”を読んだときに、
    ”アン”のまなざしを通した、
    モンゴメリの鮮やかな風景の描写に心惹かれた記憶があります。

    初めてアンがグリーン・ゲイブルズで目を覚ました朝の窓の外、

    Suppose she wasn’t really going to stay here! She would imagine she was. There was scope of for imagination.

    に続く、桜や、りんご園やサクランボ園の花が、
    ”空から舞い降りて降り積もったよう”であるとか、
    朝の風に乗って運ばれるライラック(リラ)の香りとか。

    (リラさんのお名前は、フランス語の”リラ”からつけられたのですか?)

    でも、スイカズラも登場していたとは、知りませんでした。
    さすがリラさんですね。


    ”古風”……、そうですね。

    昔のイングリッシュ・ガーデンなんかに置いても、
    違和感なくとけ込める花といえるかもしれませんね。

    また時間を見つけて少しずつ”アン”、
    読んでみようかな、と思います。

    すてきなきっかけをありがとうございました。

  8. popoさん、ようこそいらっしゃいませ。 | URL | -

    どこかで出会えるといいですね。

    popoさん、ようこそいらっしゃいませ。

    スイカズラには、園芸品種の仲間(近縁種)もいるんですよ。
    ピンクの花色とかもあって、姿形はそっくりです。
    ロニセラとかハニーサックルとかの名前で販売されています。

    木とは言ってもツル性ですので、フェンスに絡ませたりして、
    育ててらっしゃるおうちもあるようですので、
    甘い匂いがしたらきょろきょろしてみると、いいかもしれませんね。

    いつも応援、ありがとうございます。
    (私の方こそ、感謝しています)

  9. リラ | URL | MTkej7tc

    Re: スイカズラ(忍冬・吸い葛) … 花言葉は”愛の絆”

     今晩は~!  りんがむさん~!
    スイカズラ(忍冬)は、『赤毛のアン』にも度々記述があって、
    いつも、“どんな花・・?” ~なんて、興味津々でした。

     例えば・・。
    “・・・窓に絡んだ、忍冬の蔓の間から光線が射し込んで、
    壁や床の上に踊り回る葉影を投げ・・” という風に・・。
    素敵ですよね~! 花言葉も、ぴったりですのね~。

     その上、たいそう香りが良いのだそうですね~!
    アンの言うところの、「古風な花」 なんでしょうか・・?

     名前は、確かに古風ですわね~。(笑)
    いつも教えて頂いて感謝です。有り難うございます。

  10. popo | URL | DMUUwyv6

    Re: スイカズラ(忍冬・吸い葛) … 花言葉は”愛の絆”

    こんばんは~りんさん★

    スイカズラの甘い香りが漂ってくるようで、幸せ気分にさせていただきました。
    この花、見るのは初めてです。こんな所で咲いているんですね^^*
    色がだんだん金に近づくなんて摩訶不思議・・・
    そんな花とは・・・お目にかかりたいです。
    そんな木に会えたらいいなぁ~(笑)
    こちらで知らない花を拝見するたび、会いたい想いが募ります。

    花言葉も愛の絆・・・ステキですね
    感謝して帰りますね~v-22

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://linghum.blog119.fc2.com/tb.php/229-4dec5f17
この記事へのトラックバック


最新記事


BBS7.COM
MENURNDNEXT
Flower Explorer資格取得支援情報室美容室・サロン設計ならビューティーデザインショップ無料ブログパーツ ブロパ.jp相互リンク.com相互リンク検索エンジン:暮らしと趣味婚礼のしきたりとマナー相互リンク集ブログ足の臭いの悩み・原因と対策・解消法 暮らしと資格の情報室 金魚の飼い方・育て方
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。