トップページ  サイトマップ  運営者情報  リンク集

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 季節の花ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンクをひと押し、応援いただけるとうれしいです。(^o^)
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ



●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。 当サイトに掲載している野花の写真(画像)は、すべてフリー素材写真(画像)として自由にお持ち帰りいただけます。お持ち帰り方法は、写真(画像)のご使用についてのページをご覧ください。
  トップページ  サイトマップ  運営者情報  リンク集

タチイヌノフグリ … それぞれの場所

2009年06月20日 12:00

 梅雨入りはしたものの、それらしい気配もない毎日が続いていたかと思うと……。


 一昨日のことです。


伏見区日野谷寺町

写真の撮影地 京都市伏見区日野(伏見区日野谷寺町の写真をクリックすると大きな写真でご覧頂けます)


 空を見上げるとなんとなく怪しい雲行き。空の遠くで、”ぴかっ!”と何かが光りました。


 私は、といえば、わが家のシー・ズー犬”たく”と夕方のお散歩のさなか。道ばたの草むらの中でコバルトブルーのちいさな花の写真を撮っているところでした。


 ”たく~、なんとなくきそうやよ、ぼちぼち帰ろか~”


 そんなのんきなことを言ってる間もなく、突然の雷鳴と、バケツどころか、空が破けたかのような大粒の雨。



伏見区日野谷寺町

写真の撮影地 京都市伏見区日野(伏見区日野谷寺町の写真をクリックすると大きな写真でご覧頂けます)


 ふたたび、山の向こうで”びかびかっ!”、ごろごろ ……、ごろごろごろ ……。

 
 雷嫌いの”たく”はすかさず走って逃げ出すわ、追いかける私は一瞬でずぶぬれになるわ、ひとりと一匹で大騒ぎです。


 それにしても、どしゃぶりの雨と雷鳴の中、びしょぬれで飼い犬においてかれる情けなさったらありゃしません。


 愛犬も、こんなときは薄情なものです。


”たく”、開き直る!


 …… なのだそうです。


タチイヌノフグリ

写真の撮影地 京都市伏見区日野(タチイヌノフグリの写真をクリックすると大きな写真でご覧頂けます)


 ま、それはそれとして。


 タチイヌノフグリです。


 雨が降り出す前に撮っていた、コバルト・ブルーのちいさな野の花です。よく似た仲間に、オオイヌノフグリがいます。


 オオイヌノフグリは、よく目につく日向に、かわいらしい花を咲かせることもあって人気があります。


 ところが、タチイヌノフグリは、他の草花が寄りつかないような荒れ地や、他の草花に埋もれるようにひっそりと咲きますので、ほとんど目につくこともなく、地味です。


オオイヌノフグリ

写真の撮影地 京都市伏見区日野(オオイヌノフグリの写真をクリックすると大きな写真でご覧頂けます)


 こちらが、オオイヌノフグリさんです。


 どちらも、ゴマノハグサ科クワガタソウ属の一年草で、花のつくりや花色がよく似ています。


オオイヌノフグリ

写真の撮影地 京都市伏見区日野(オオイヌノフグリの写真をクリックすると大きな写真でご覧頂けます)



 タチイヌノフグリの写真がちいさいので、ちょっとわかりづらいかもしれませんね。


 ”同じ仲間なんだな”、というあたり、ちゃんとお伝えできているでしょうか?



タチイヌノフグリ

写真の撮影地 京都市伏見区日野(タチイヌノフグリの写真をクリックすると大きな写真でご覧頂けます)


 タチイヌノフグリとオオイヌノフグリの違いは、まず花の大きさと色。


 タチイヌノフグリの花は、およそ3mmから4mm程度、オオイヌノフグリはそれよりやや大きな花を咲かせます。花の色も、タチイヌノフグリの方がやや濃い傾向にあります。



 それから、よく見ると、花の中央の雄しべの色が違います。


 オオイヌノフグリの雄しべは、黒っぽい紫色をしていますが、タチイヌノフグリは、やや黄色っぽいあかるい色をしています。


 ”タチイヌノフグリ”、という名前は、仲間のオオイヌノフグリやイヌノフグリが、地面を覆うように低く生長するのに対して、地面から立ちあがるように茎を伸ばすことからつけられました。

 大きなものでは、30cm以上にもなることもありますが、それでもオオイヌノフグリのように目立つ存在ではありません。


タチイヌノフグリ

写真の撮影地 京都市伏見区日野(タチイヌノフグリの写真をクリックすると大きな写真でご覧頂けます)


 タチイヌノフグリは、オオイヌノフグリと同じように、ヨーロッパ周辺をふるさととする帰化植物、つまり外来種です。

 日本にやってきたのは、ヤエムグラ(八重葎)のように有史以前なんていうほど、とんでもない大昔のことではなく、明治の初め頃といわれています。


 ついこのあいだ、といってもいいかもしれません


タチイヌノフグリ

写真の撮影地 京都市伏見区日野(タチイヌノフグリの写真をクリックすると大きな写真でご覧頂けます)



 タチイヌノフグリは、花が咲いていてもこんなふうにちいさくて、まったく目立たない存在です。


 そのうえ、お昼頃の、ほんの数時間程度、ちいさな花をふたつかみっつ咲かせる程度ですので、なおさらです。そんなことでは、花粉を運んでもらう虫たちも寄ってこないんじゃないか、とつい心配したくもなります。


 ところがどっこい(?)、タチイヌノフグリもけっこう知恵を使っています。


 タチイヌノフグリが荒れ地を好んで生育するのは、不必要な生存競争を避けるための知恵です。自然淘汰の激しい流れから、一歩身を引いたところで、ゆっくりとじぶんらしく暮らす。


 いってみれば、スローライフ、といったところでしょうか。


 そのスローライフを可能にしているのが、花の奥の狭いところに蓄えている蜜。虫たちは、目立たなくても蜜のある花には敏感です。


 花の奥の狭いところに体を潜り込ませるようにして蜜にたどり着いた虫の体には必ず花粉がつく、というわけです。さらに万が一のために、虫たちが来てくれなくても困らないように、”自家受粉”という能力も備えています。 


 まさに、”備えあれば憂いなし”です。


 こうして見ると、まるで目立たないタチイヌノフグリも、ひとり孤独に咲く花、というわけでもないようです。



 ひょっとしたら、これがスローライフのコツなのかもしれません。


 ちなみに。


 オオイヌノフグリはけっこう知名度も人気もあって、”星の瞳”なんていうすてきな別名までもらっていますが、タチイヌノフグリには、そんなおしゃれな名前はありません。

 私はこっそり、私だけのとくべつな名前で呼んでいますが ……。


 そうそう、タチイヌノフグリの花言葉は、”信頼”、”女性の誠実”、なのだそうです。

 それぞれの場所で誠実に生きている女性って、目立たなくても、ただそれだけでとってもすてきですものね。


当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 季節の花ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンクをひと押し、応援いただけるとうれしいです。(^o^)
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ



●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。 当サイトに掲載している野花の写真(画像)は、すべてフリー素材写真(画像)として自由にお持ち帰りいただけます。お持ち帰り方法は、写真(画像)のご使用についてのページをご覧ください。
  トップページ   サイトマップ   運営者情報   リンク集


コメント

  1. リラさん、ようこそいらっしゃいませ。 | URL | Gp06xE7A

    お礼だなんて……。

    私はただ、楽しく拝見させていただいただけです。

    お礼だなんておっしゃられては、
    かえって恐縮してしまいます。

    なにかにつけてコロリと忘れてしまうのは、
    私も同じです。

    ただ私の場合、思い出すこともなく、
    それっきり、ということばかりですが……。
    ”この無礼者め!”、ですね。

    こちらこそ、どうぞよろしく、おねがいいたします。

  2. リラ | URL | -

    Re: タチイヌノフグリ … それぞれの場所

     今晩は~!  りんがむさん~!
    私、大切な事を忘れていました~。

     「タチイヌノフグリ」、かなり以前の記事まで遡って、
    ご覧頂いたのですね~! 恐れ入ります~!

     私の方のコメントに追伸・・と入れようかと思ったのですが、
    こちらに参りました~。

     りんがむさんに褒めて頂いて、すっかり舞い上がってしまって、
    そのお礼を申し上げる事、コロッと忘れておりました~。
    改めまして、有り難うございます。

     こんな調子で、後からア~ッ・・という事が良くあります。
    これに凝りませず、どうぞよろしくお願い致します~。

  3. リラさん、ようこそいらっしゃいませ。 | URL | Gp06xE7A

    意外な一面というか、これがほんとの私です。

    ”たく”は飼い犬ではありますが、基本的には同レベル、
    お友達のようなものです。

    実際は、子分のように扱われている自分に、
    おもいっきり、めげることもあります。

    立ち直りも早いですけれど。

    お写真、拝見しました。
    心地よさそうなタチイヌノフグリの様子に、
    こころ和むすてきなお写真でした。

    私が野の花に自分だけの名前をつけて呼んでいるのは、
    後にも先にも、このタチイヌノフグリだけです。

    かわいいだけでなく、凛として媚びない、
    そんなたたずまいに惹かれたものですから。

    いつも、ありがとうございます。

  4. リラ | URL | -

    Re: タチイヌノフグリ … それぞれの場所

     こんにちは~! りんがむさん~!
    実は、「タチイヌノフグリ」・・一足早く、掲載していますの~。
    ~なんて、自慢しています~。(笑)

     尤も、その時は名前なんて存じなくて。
    例の如く、名前を付けて楽しんでいたのですが・・。

     ところで、りんがむさんも、名前付けていらっしゃるのですって・・?
    びっくりしました~。では・・先輩ではありませんか・・。(笑) ↑

     そうそう、ワンちゃん、可愛いですね~!
    夕立ちの件(くだり)・・大笑いして拝見させて頂きました。
    りんがむさんの意外な? 一面を知った思いです。

     あの日は・・こちらは、ゴロン、ゴロン・・と言っただけで、
    夕立ちは来なかったのですが、そちらは大変でしたのね~!

     私は・・その2日前の凄さを経験しているだけに、良く分かります。
    雷、大、大嫌いです。アレッ!? 誰かと一緒ですね~。(笑) 

  5. popoさん、ようこそいらっしゃいませ。 | URL | Gp06xE7A

    ”たく”と私の関係は、たいていいつもそんなかんじです。

    以前にもすこしお話ししましたが、
    ”たく”は、金属音や大きな音をことのほか嫌います。

    カミナリのような轟音にも腰が抜けるくらいびっくりします。
    ほんとに腰が抜けたこともあるんですよ。
    だから、飼い主の私のことなんてお構いなし、です。

    私がタチイヌノフグリを呼ぶ、”とくべつな名前”ですか?
    んー、それは秘密です。

    ネバーエンディングストーリーで、
    ”幼心の君”に、自分だけの名前をつけるでしょ。
    あれと同じです。

    でも、タミー・ストロナッハはかわいかったですね~。

    タチイヌノフグリの写真、私もずいぶんな数を、ボツにしましたよ。

    いつも、ありがとうございます。

  6. popo | URL | DMUUwyv6

    Re: タチイヌノフグリ … それぞれの場所

    こんばんは~りんさん★
    たくのv-286散歩が、いつもまにか、雷雨e-16で追いかけっこになってしまったのね~(笑)

    ぬれ鼠のりんさんがたくを追いかけてる姿を想像して、ちょっと笑ってしまいましたよ~e-68ごめんなさ~い

    タチイヌフグリって小さいのに、よく撮れましたね~
    さすがだと思いました。私だったらどれもボツになります(苦笑)

    タチイヌフグリ賢い秘密も知ることができました。
    りんさんが、なんて呼んでいるのか、ちょっと気になります。

    花言葉も素敵・・見習いたいような生き方です。
    どうもありがとう~v-22

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://linghum.blog119.fc2.com/tb.php/233-abe1d22f
この記事へのトラックバック


最新記事


BBS7.COM
MENURNDNEXT
Flower Explorer資格取得支援情報室美容室・サロン設計ならビューティーデザインショップ無料ブログパーツ ブロパ.jp相互リンク.com相互リンク検索エンジン:暮らしと趣味婚礼のしきたりとマナー相互リンク集ブログ足の臭いの悩み・原因と対策・解消法 暮らしと資格の情報室 金魚の飼い方・育て方
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。