トップページ  サイトマップ  運営者情報  リンク集

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 季節の花ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンクをひと押し、応援いただけるとうれしいです。(^o^)
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ



●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。 当サイトに掲載している野花の写真(画像)は、すべてフリー素材写真(画像)として自由にお持ち帰りいただけます。お持ち帰り方法は、写真(画像)のご使用についてのページをご覧ください。
  トップページ  サイトマップ  運営者情報  リンク集

ニホンタンポポとセイヨウタンポポ … その違い

2010年01月23日 11:50

 ニホンタンポポセイヨウタンポポ


ニホンタンポポ

写真の撮影地 京都市伏見区日野 (ニホンタンポポの写真をクリックすると大きな写真でご覧頂けます)


 タンポポ(蒲公英)は、キク科の多年草、タンポポ属(Taraxacum)の総称で、カントウタンポポ、シロバナタンポポ、カンサイタンポポなど古くから日本にいる”在来種(ニホンタンポポ)”は、およそ20種類以上あると言われています。

 タンポポは春の訪れを知らせるなじみ深い草花、ということもあったのでしょう。古くから古典園芸植物のひとつとして親しまれ、江戸時代や幕末の頃には、すでに数十種類の園芸品種もあったそうです。


セイヨウタンポポ

写真の撮影地 京都市伏見区日野 (セイヨウタンポポの写真をクリックすると大きな写真でご覧頂けます)


 タンポポ(蒲公英)には、古くから日本に生育している在来種の他に、セイヨウタンポポやアカミタンポポなど、外国を生まれ故郷に持つ外来種(セイヨウタンポポ)もたくさんいます。

 セイヨウタンポポは、主にヨーロッパ周辺が原産とされ、ヨーロッパ周辺諸国との交流が活発になった近世になって持ち込まれたものが増え広がったと考えられています。

 日本固有のタンポポ(蒲公英)でさえ、20種類以上もあると言われているくらいですから、世界に目を向ければ驚くほどたくさんのタンポポ(蒲公英)の種類があるようです。

 タンポポ属の分類そのものがとても複雑なこともあるのでしょうけれど、およそ60種以上とも、200種以上とも。いずれにしても大変な数です。


タンポポ

写真の撮影地 京都市伏見区日野 (タンポポの写真をクリックすると大きな写真でご覧頂けます)


 私たちがふつうにタンポポ(蒲公英)の花と言うときには、ちいさな花びらが丸く密集した花を思い浮かべますが、このちいさな花びらのひとつひとつが、実は独立した花なのです。このちいさな花のことを”舌状花(ぜつじょうか)”と呼びます。

 そして、たくさんの舌状花が集まったものを”頭花(とうか)”と呼びます。これを私たちはタンポポ(蒲公英)の花と呼んでいるわけです。こうした花のつくりは、タンポポ(蒲公英)だけでなく、キク科の植物が持つ共通の特徴でもあります。

 
 ニホンタンポポとセイヨウタンポポの見分け方のひとつとして、花(頭花)の下にある総苞片の形と大きさの違いに注目する方法がよく知られていますね。



タンポポ

写真の撮影地 京都市伏見区日野 (タンポポの写真をクリックすると大きな写真でご覧頂けます)


 
 頭花の下の総苞片が反り返っていなければニホンタンポポ、反り返っていればセイヨウタンポポというわけです。


ところが、ずいぶん前からニホンタンポポとセイヨウタンポポの混血種、つまり雑種(交雑種)が増えて、総苞片の形や大きさなど外見の特徴だけではどっちなのか判断できなくなってきました。ひょっとしたら、交雑種のほうが多かったりするかもしれません。



 ニホンタンポポとセイヨウタンポポの繁殖の違い


 タンポポ(蒲公英)の話題になると、きまってニホンタンポポがセイヨウタンポポのせいで数を減らしているといった意味のお話が持ち出されます。


 ほんとうにそうなのでしょうか。

 
 もちろん、人それぞれに意見や見解が違うとは思いますが、その中のひとつとして、ニホンタンポポがセイヨウタンポポに圧されて数を減らしているわけではなく、繁殖力の強い外来種が圧倒的に増えたことによって、相対的にニホンタンポポの数が減少しているように見えているという考え方があります。


 確かにニホンタンポポとセイヨウタンポポとでは、その繁殖力と繁殖スピードに大きな違いがあります。


タンポポ

写真の撮影地 京都市伏見区日野 (タンポポの写真をクリックすると大きな写真でご覧頂けます)


 ニホンタンポポは、他の植物たちと同じように雄しべに花粉をつくります。そして、この花粉を昆虫たちに運んでもらって他の株の雌しべに受粉(受精)させることで種子をつくり子孫を残します。こういった受粉のしくみをもつ植物を虫媒花(ちゅうばいか)と呼んだりします。

 他の植物の中には、自分の雄しべでつくった花粉を自分の雌しべに受粉させて種子を残せるものもありますが、ニホンタンポポは、自分の花粉では受精(自家受粉)することができません。必ず、自分以外の他の株の花粉でないと種子をつくることができないのです。こういった性質を”自家不和合”といいます。

 つまり、ニホンタンポポは、花粉を運んでくれる昆虫たちがたくさんいること、仲間のニホンタンポポの株数が多いことなどの条件が揃わないと少しずつしか数を増やすことができないのです。
 
 これが、ニホンタンポポの数が、それほど急激に増えもしないかわりに、急激に減少しているというわけでもなく、常に一定の個体数がいるという考え方のベースとなっています。


タンポポ

写真の撮影地 京都市伏見区日野 (タンポポの写真をクリックすると大きな写真でご覧頂けます)

 
 それに対して、セイヨウタンポポは、雄しべに花粉をつくりません。なぜ、花粉をつくらないのかというと、必要がないからです。
 
 セイヨウタンポポは、雌しべが受粉しなくても種子をつくることができます。極端なことを言うと、ひと株だけでもたくさんの子孫を残すことができるのです。仲間が多かろうと少なかろうと関係ないのですね。
 
 さらに、ニホンタンポポは一年に一度、春先にだけ花を咲かせて種子をつくりますが、セイヨウタンポポは条件さえ揃えば、一年に何度でも花を咲かせます。そしてそのたびに種子をつくって子孫を残してゆきます。

 このニホンタンポポとセイヨウタンポポの繁殖能力と繁殖スピードの違いが、個体数の絶対的な違いとなって、繁殖力のちいさなニホンタンポポが相対的に激減しているかのように受け止められている、という考え方もあるようです。


 いずれにしても、同じように見える、ニホンタンポポとセイヨウタンポポも、その生き方にはずいぶん違いがあるものです。


 今回ご紹介したお話は、数多いタンポポ(蒲公英)に関する考え方ひとつですので、かならずこれが正しいというわけではありませんが、ニホンタンポポが少なくなって、セイヨウタンポポが増えている背景のひとつとしてご紹介してみました。


当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 季節の花ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンクをひと押し、応援いただけるとうれしいです。(^o^)
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ



●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。 当サイトに掲載している野花の写真(画像)は、すべてフリー素材写真(画像)として自由にお持ち帰りいただけます。お持ち帰り方法は、写真(画像)のご使用についてのページをご覧ください。
  トップページ   サイトマップ   運営者情報   リンク集


コメント

  1. ちびたさん、ようこそいらっしゃいませ。 | URL | Gp06xE7A

    お久しぶりです、お元気でしたか。

    こちらこそ、ご無沙汰してごめんなさい。

    京都の日野は、雪こそ積もりませんが、
    時折ちらちらと雪片が舞い落ちることもあって、
    やはり寒い日が続いています。

    タンポポのお話、楽しんでいただけて何よりです。
    とてもうれしく思っています。

    なにかとばたばたしているせいもあって、
    ちびたさんところにお邪魔することもできずにいますが、
    お元気そうなご様子でなによりです。

    落ち着いたらまたゆっくりお邪魔させていただきますね。

    ありがとうございました。

  2. ちびた | URL | tHX44QXM

    Re: ニホンタンポポとセイヨウタンポポ … その違い

    こんにちは
    ちょっとご無沙汰してましたね(^^;)

    そちらの日野はどうでしょうか?
    こちらは今週月曜に雪が積もってから、毎日天気はいいものの、
    厳しい寒さが戻ってきてしまいました。立春なのに・・・

    ニホンタンポポとセイヨウタンポポノ違い、すごく面白かったです。
    おなじタンポポ属なのに増え方が全然違うのですね。

  3. 由美ちゃんさん、ようこそいらっしゃいませ。 | URL | Gp06xE7A

    たんぽぽコーヒーっておいしいらしいですよ。

    早春のタンポポの黄色い花っていいものですね。
    なんだか元気をもらえそうです。

    タンポポの綿毛を吹いて飛ばす遊び、
    お孫さんのほほえましい姿が
    目に浮かびます。

    タンポポの根を刻んで、
    コーヒー豆のように焙煎する
    タンポポコーヒーというのがあって、
    独特の苦みが美味しいらしいですよ。

    私も見て楽しむ方が好きですけど、ね。

    ご訪問ありがとうございました。

  4. 由美ちゃん | URL | -

    Re: ニホンタンポポとセイヨウタンポポ … その違い

    こんにちは。
    子供の頃、タンポポの種を吹くのが楽しみでした。
    今は、孫が楽しみにしています。
    以前、近所のおばちゃんがタンポポを煎じて飲んでいました。
    コーヒーのような味がすると言っていました。
    私は見て楽しむ方が好きです。

  5. リラさん、ようこそいらっしゃいませ。 | URL | Gp06xE7A

    タンポポはやっぱり春のほうがいいですよね。

    真冬に、たくましく咲いているタンポポもいいですけれど、
    やっぱり春がふさわしい。
    私もそう思います。

    タンポポの最新の実態調査の結果を見ていないので、
    正確なところはわかりませんが、
    過去の調査結果によれば、
    地域によっては確かに減少傾向にあるようです。

    それは、セイヨウタンポポがどうこうというより、
    人間が生育場所を奪っていることが原因でもあるのでしょうね。

    とはいえ、注意深く探してみると伏見でも
    ちいさな群落がいくつも見つけられますから、
    きっとだいじょうぶなのでしょう。

    ここのところ寒い日が続いていて、
    暖かくなるにはまだもうすこしかかりそうです。

    どうぞあったかくしてお過ごしくださいね。

    ありがとうございました。

  6. リラ | URL | MTkej7tc

    Re: ニホンタンポポとセイヨウタンポポ … その違い

     今晩は~!  りんがむさん~☆  
    お久し振りです~。

     蒲公英、最近では1年中見掛けるようになりましたものね~。
    蒲公英は、やはり春のイメージが強いです。
    あらっ、日本蒲公英が春でしたのね~。

     西洋と日本蒲公英、私も西洋が日本の蒲公英を・・
    と思っていました。
    でも、発想の転換ですね~。

     ちょっと考え方を変えるだけで・・新しい世界が開けた気がします。
    さすが、りんがむさん~!

     いずれにしても、日本蒲公英が必ずしも減少しているのではない・・
    というお話を伺って、ちょっぴり安心しました~。

  7. popoさん、ようこそいらっしゃいませ。 | URL | Gp06xE7A

    梅は咲いたか、桜はまだかいな…、ですね。

    伏見では、
    日中は陽射しもそこそこありますが、あまり気温が上がらず
    朝夕は、かなり冷え込んでいます。

    popoさんのところはどうですか。
    お体の具合、いかがですか。
    また、無理をしてはいませんか。

    福寿草や梅の花、春らしくていいですね。
    それから、タンポポのお話、楽しんでいただけてなによりです。

    タンポポには他にもとても不思議なところがあるんですよ。
    たとえば、タンポポは花が咲き終わると
    花茎が一度地面にへたっと倒れてしまうでしょ。

    中には倒れない個体もあるんですけど、
    ほとんど倒れてしまいます。

    そして、一日くらい経つともう一度茎が立ち上がって
    綿毛、つまり種子をつくります。

    花が終わったら、そのまま綿毛をつくればいいのに、
    なんでわざわざ一度花茎が倒れるのか、不思議に思えて
    それを今調べています。

    なにかわかったらUPしてみようと。

    もうすこし寒い日が続きます。
    くれぐれも無理をなさらないように、
    あったかくしてお過ごしくださいね。

    ありがとうございました。

  8. popo | URL | DMUUwyv6

    Re: ニホンタンポポとセイヨウタンポポ … その違い

    お久しぶりです~りんさん☆
    いつもりんさんのお話は、説得力があってよくわかります♪

    大好きなタンポポなのに、繁殖の仕方が違うんだということを
    今まで知りませんでした(笑)

    そのようなところまで、教えて下さってとっても嬉しいです。
    私もお休みしていたのですが、誕生日の記事をUPしました。
    お陰さまで、元気にしています。

    昨日は冬牡丹を見にいきました。
    福寿草を見て、あぁ春なんだと思いました。
    梅も咲いていて、もう春はそこまできています。
    お元気でいらして下さいねv-22

  9. ゆめかさん、ようこそいらっしゃいませ。 | URL | Gp06xE7A

    伏見もここ数日、寒い日が続いています。

    ゆめかさんのところも
    ずいぶん冷え込んでいるようですね。

    京都では毎年2月の初め頃に少しだけ雪が積もります。
    冬なのですから雪景色を見るのも、
    それはそれで楽しいのですが、
    やはり春が待ち遠しく思えてきます。

    タンポポのおひたし、いいですね。
    ちょっと苦みがありますが、
    それがまた春らしくていいものです。

    春はもうすぐそこ。
    それまであったかくしてお過ごしくださいね。

    ありがとうございました。

  10. ゆめか | URL | -

    Re: ニホンタンポポとセイヨウタンポポ … その違い

    りんがむさん、こんばんは~♪

    大寒を過ぎたあたりからまた寒くなってきましたが、
    お元気でお過ごしでしょうか。
    こちらはミゾレのようなものが空から落ちてきました。
    非常に冷え込んでいます。

    西洋と日本タンポポがあるのは知ってました。
    近所のおばあちゃんに聞いた話ですが、
    タンポポをおひたしにして食べたことがあるそうです。
    葉がギザギザの西洋タンポポは食べられないと言ってました。

    あと少しの辛抱で春です♪
    花が少ないので首を長くして待ち侘びています^^*

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://linghum.blog119.fc2.com/tb.php/252-4451ed8c
この記事へのトラックバック


最新記事


BBS7.COM
MENURNDNEXT
Flower Explorer資格取得支援情報室美容室・サロン設計ならビューティーデザインショップ無料ブログパーツ ブロパ.jp相互リンク.com相互リンク検索エンジン:暮らしと趣味婚礼のしきたりとマナー相互リンク集ブログ足の臭いの悩み・原因と対策・解消法 暮らしと資格の情報室 金魚の飼い方・育て方
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。