トップページ  サイトマップ  運営者情報  リンク集

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 季節の花ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンクをひと押し、応援いただけるとうれしいです。(^o^)
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ



●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。 当サイトに掲載している野花の写真(画像)は、すべてフリー素材写真(画像)として自由にお持ち帰りいただけます。お持ち帰り方法は、写真(画像)のご使用についてのページをご覧ください。
  トップページ  サイトマップ  運営者情報  リンク集

カタバミ(酢漿草・方喰) … 花開くとき

2010年04月25日 12:32

 私が暮らしている京都の伏見区日野は、市街からそう離れてはいないのですが、ゆるやかな山の斜面にあるということもあって、少し歩けば森林浴を楽しめる場所がたくさんあります。


日野の森

写真の撮影地 京都市伏見区日野 (日野の森の写真をクリックすると大きな写真でご覧頂けます)


 ここのところの忙しさもあって、ちょっと遠ざかってはいましたが、ひさしぶりに森の空気を楽しみに出かけてみました。

 ちょっと湿ったような土の匂いや、葉擦れの音、名前はわかりませんが、鳥のさえずりも遠くに聞こえます。煩わしい世情の諸々はどこへやら。自分が森の一部になったような心持ちで歩くのもいいものです。


 しばらく歩くと、いけませんね、足が重くなってきました。日頃の運動不足のせいでしょう。


カタバミ(酢漿草・方喰)

写真の撮影地 京都市伏見区日野 (カタバミ(酢漿草・方喰)の写真をクリックすると大きな写真でご覧頂けます)


 木々の間から射す日溜まりに腰をおろして見回すと、黄色い花が点々と小さく咲いています。カタバミ(酢漿草・方喰)です。

 そのなかに、いま花を開こうとしているつぼみを見つけました。思いっきり咲ききった花もいいものですが、私はこういった”花が咲こうとしている瞬間”に心惹かれます。


 ”勇気づけられる”とでもいうのでしょうか。


 花によって、完全に開くまでにかかる時間はそれぞれですが、カタバミ(酢漿草・方喰)は花が開き始めてから、咲ききるまでにそれほど時間はかかりません。

 ゆっくりと開いてゆくカタバミ(酢漿草・方喰)の花をじっと見つめていると、”植物もいっしょうけんめい生きてるんだな”という、ごくあたりまえのことを、あらためて実感します。生き方や、姿形は違うけれど、ほんとうは、私たち人間と何も変わらないんだな、なんて。


キンポウゲ(金鳳花)

写真の撮影地 京都市伏見区日野 (キンポウゲ(金鳳花)の写真をクリックすると大きな写真でご覧頂けます)


 帰り道、日野の街を見下ろせるゆるやかな斜面に出て深呼吸。足もとにはまた黄色い花。これは、キンポウゲ科の花のようです。そこで、街の様子に興味津々といった後ろ姿がおもしろくて撮ってみました。


 もしもこの花に物を見る目があるなら、こんなふうに見えているんでしょうね。


 最近は、なかなか時間が取れなくて花の写真からも遠ざかっていますが、以前から”花の後ろ姿”に興味がありました。花の写真と言えば、どうしても正面から花を捉えることが多いものですが、その後ろ姿にもそれぞれ違った表情があっておもしろいものです。


 カタバミ(酢漿草・方喰)の花に元気をもらった今日の約束として、もっと時間が取れるようになったら、”花の後ろ姿”をいろいろ集めてご覧に入れられれば、いいな、なんて思ったりしています。


当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 季節の花ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンクをひと押し、応援いただけるとうれしいです。(^o^)
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ



●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。 当サイトに掲載している野花の写真(画像)は、すべてフリー素材写真(画像)として自由にお持ち帰りいただけます。お持ち帰り方法は、写真(画像)のご使用についてのページをご覧ください。
  トップページ   サイトマップ   運営者情報   リンク集


コメント

  1. popoさん、ようこそいらっしゃいませ | URL | Gp06xE7A

    やっぱり私は田舎モノですね。

    popoさん、いつも温かいお言葉、ありがとうございます。

    やはり私は、根っからの田舎モノのようで、
    森や野山や皮のせせらぎに身を置くと、それだけでほっとします。

    今はちょっとじたばたしているところですが、
    田舎モノは心も体も丈夫にできていますから、
    だいじょうぶ、です。

    ”咲く花はひとりひとり違うもの、大きな花でなくてもいい。
    その人らしい花を咲かせて……”

    おっしゃるとおりですね。
    元気が出てきました。

    ありがとうね。

  2. popo | URL | zNF3W8uI

    Re: カタバミ(酢漿草・方喰) … 花開くとき

    おはようございます~りんさん☆
    お忙しい中の記事をとても嬉しく拝見しました。
    ありがとうね☆

    森へお出かけされたんですね~よかったです♪
    お金では買えない貴重な時間だったでしょうね。

    ほっとするような森の中、森の一部になったような・・・そんな気持ちになりますよね^^

    今にも開きそうなカタバミの姿、勇気と元気を頂けます!(^^)!
    そして、後ろ姿のキンポウゲ、素敵ですね~大好きなアングルです♪

    色んな角度から私も写すことがありますが、新しい発見沢山できますね。

    そして野の花ひとつひとつ、色んなことを教えてくれますね。

    ありがとう大地に咲く花、ホントにそう、私たちと同じように、
    咲く花はひとりひとり違うもの、大きな花でなくてもいい。
    その人らしい花を咲かせてくれるものです。

    そう、りんさんはりんさんの花を・・・
    枯れそうになっても、またきっと咲かせてくれるでしょうね。

    その小さな蕾を、きっと見つけることができると思いますよ。
    価値ある小さな蕾をね・・v-22

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://linghum.blog119.fc2.com/tb.php/257-06af8c35
この記事へのトラックバック


最新記事


BBS7.COM
MENURNDNEXT
Flower Explorer資格取得支援情報室美容室・サロン設計ならビューティーデザインショップ無料ブログパーツ ブロパ.jp相互リンク.com相互リンク検索エンジン:暮らしと趣味婚礼のしきたりとマナー相互リンク集ブログ足の臭いの悩み・原因と対策・解消法 暮らしと資格の情報室 金魚の飼い方・育て方
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。