トップページ  サイトマップ  運営者情報  リンク集

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 季節の花ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンクをひと押し、応援いただけるとうれしいです。(^o^)
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ



●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。 当サイトに掲載している野花の写真(画像)は、すべてフリー素材写真(画像)として自由にお持ち帰りいただけます。お持ち帰り方法は、写真(画像)のご使用についてのページをご覧ください。
  トップページ  サイトマップ  運営者情報  リンク集

梅雨入りと、ヒメジョオン(姫女苑)、それから”春女苑”

2010年06月14日 01:44

 6月13日の今日、近畿地方も梅雨入りをしたらしいとのことで、京都の伏見も朝からの雨です。

 以前にも、どこかで書いたように思うのですが、私は雨の降る日がことのほか大好きで、たとえそれが世間的にはじめじめと鬱陶しい嫌な時期と評される梅雨の長雨であったとしても、やはり好きなものは好きなのです。


カエデ(楓)

写真の撮影地 京都市伏見区日野 (カエデ(楓)の写真をクリックすると大きな写真でご覧頂けます)


 家の玄関を出て、向かうところは、私が”日野の森”と呼んでいる雑木林。玄関脇では、お隣さんが育てている鉢植えの楓(モミジ)が雨に濡れています。

 雨に濡れて、雫がこぼれ落ちそうになっている。ただそれだけで、いつもとは違うしっとりとした風情が感じられたりします。


”日野の森”

写真の撮影地 京都市伏見区日野 (日野の森の写真をクリックすると大きな写真でご覧頂けます)


 ここが、”日野の森”です。この場所は、別の季節にも何度か写真を掲載したことがありますので、ご存知の方もいらっしゃるでしょうね。

 晴れた日には、ゆらゆらと踊る木洩れ日が楽しい場所です。今日は、木洩れ日の代わりに細かい雨の雫が程よい具合に落ちてきて、傘をたたむとそのひんやりとした冷たさが心地よく感じられます。


”雫”

写真の撮影地 京都市伏見区日野 (雫の写真をクリックすると大きな写真でご覧頂けます)



 草むらに目を遣ると、ころころとした水玉が今にもこぼれ落ちそうです。この手の写真、簡単そうで以外と難しかったりします。なかなか上手に水玉にフォーカスできなくて、今回もちょっと失敗です。


伏見区 日野

写真の撮影地 京都市伏見区日野 (伏見区 日野の写真をクリックすると大きな写真でご覧頂けます)


 日野の森を抜けると、ゆるやかな坂道に沿って民家が点在する場所に出ます。遠くに見えるのは、明治天皇の御陵墓のある、桃山御陵の稜線です。


古い民家

写真の撮影地 京都市伏見区日野 (古い民家の写真をクリックすると大きな写真でご覧頂けます)


 坂道を下って、民家の間を通る道を往くと、こんな古いおうちもあります。


土蔵

写真の撮影地 京都市伏見区日野 (土蔵の写真をクリックすると大きな写真でご覧頂けます)


 そして、今にも崩れ落ちそうな土蔵も。


萱尾神社

写真の撮影地 京都市伏見区日野 (萱尾神社の写真をクリックすると大きな写真でご覧頂けます)


 そしてそのすぐ近くに、萱尾神社があります。

 たいていの神社がそうであるように、背の高い木々に囲まれた場所なのに、陰鬱な雰囲気はまったくありません。とても不思議な場所です。

ヒメジョオン(姫女苑)

写真の撮影地 京都市伏見区日野 (ヒメジョオン姫女苑)の写真をクリックすると大きな写真でご覧頂けます)


 その周辺に咲いていたヒメジョオン姫女苑)です。よく似た草花にハルジオン(春紫苑)があります。よく見れば、区別するのはそれほど難しくはないはずなのですが、さいきん交雑種が増えてきているせいか、どっちかわからないような個体もよく見かけます。


ヒメジョオン(姫女苑)

写真の撮影地 京都市伏見区日野 (ヒメジョオン(姫女苑)の写真をクリックすると大きな写真でご覧頂けます)


 私の好きなさださんの歌に、”春女苑ハルジョオン)”というのがあります。





 植物の名前としては、”春紫苑(ハルジオン)”が正しいのですが、”姫女苑(ヒメジョオン)”に呼応する呼び名として、また”ハルジョオン”という響きと詩の内容から、あえて”春女苑ハルジョオン)”という名前を使われたのではないかな、と思っています。


 とてもすてきな曲です。(お遣いのパソコンのボリューム設定によっては、大きな音が出ますのでご注意くださいね)


当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 季節の花ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンクをひと押し、応援いただけるとうれしいです。(^o^)
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ



●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。 当サイトに掲載している野花の写真(画像)は、すべてフリー素材写真(画像)として自由にお持ち帰りいただけます。お持ち帰り方法は、写真(画像)のご使用についてのページをご覧ください。
  トップページ   サイトマップ   運営者情報   リンク集


コメント

  1. popoさん、ようこそいらっしゃいませ | URL | Gp06xE7A

    辛いことも哀しいことも、それを乗り越えられる人のところに訪れるものです。

    popoさんをお連れするのなら、
    もっとすてきな場所を選べばよかったかな、なんて。

    鼻の奥がツンとするかんじ、よくわかります。
    popoさんは、いろんなことを乗り越えて、
    がんばってこられましたものね。

    何かを頑張っているとき、
    まるでそれを試すかのように、
    つぎつぎと辛いことや、
    哀しいことが続くことがあります。

    でもね、辛いことも哀しいことも、
    それを乗り越えられる人のところに訪れるものだと、
    昔私に教えてくれた人がいました。

    力強く前に向かって歩いているからこそ、
    空気が自分を押し戻そうとする向かい風になる。

    早く歩けばそれだけ向かい風は強くなる。

    疲れて立ち止まれば、向かい風は止むけれど、
    夢には一歩も近づけない。

    辛いことも哀しいことも、
    それを乗り越えられる人のところに訪れるものです。

    よく頑張ったねって。
    自分を褒めてあげてください。

    popoさんとこの庭は、いいですね。

    風や鳥がたくさんの種を運んできて、
    温かな陽射しと、土と水とpopoさんのまなざしが、
    それを育て、花を結び、popoさんに勇気を注いでいる。

    うちにもそんな庭があったら、いいのにな。

  2. popo | URL | DMUUwyv6

    Re: 梅雨入りと、ヒメジョオン(姫女苑)、それから”春女苑”

    りんさん、ブログ更新してたのですね~
    前日に自分も更新してて、バタバタしておりました。
    遅くなってごめんないね~

    雨の日も楽しみがありますね~e-343
    同じ景色でも違う何かがね~それを見つける楽しみもあります。e-77

    日野の森、拡大したらそこにいるような錯覚を起こしそうでした(笑)
    ホントに素敵な場所ですね~♪

    りんさんの記事にはドラマがあって、家を出る時から森の中、途中の景色、そして萱尾神社へと連れて行ってもらってる感じがします。
    そして出会ったのはヒメジョオンe-420

    そしてハルジオンの曲、この曲は大好きです。
    今6~7回聴きましたが、鼻の奥がつんときてしまって、
    涙が出てしまいました。
    何度聴いても、いい曲はいい曲・・ですね♪

    1年半位前にやはりとても辛い時がありました。
    その時にこの曲を聴いて、どんなにか心の支えとなりました。
    乗り越えることができた・・そんな曲です。

    今年から我が家の庭にも、ハルジオンが・・・可愛かったです。

    そしてトップ画像のノビルが我が家にも初めて登場しました(笑)
    この先どんな庭になっていくのでしょうね~
    ニワゼキショウも頑張ってまだ咲いています。


    野の花は愛おしいですけど、とても強いですょね。
    その強さを・・・分けてもらいたいです

    素敵な記事ありがとうですv-22

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://linghum.blog119.fc2.com/tb.php/261-f7ec1aec
この記事へのトラックバック


最新記事


BBS7.COM
MENURNDNEXT
Flower Explorer資格取得支援情報室美容室・サロン設計ならビューティーデザインショップ無料ブログパーツ ブロパ.jp相互リンク.com相互リンク検索エンジン:暮らしと趣味婚礼のしきたりとマナー相互リンク集ブログ足の臭いの悩み・原因と対策・解消法 暮らしと資格の情報室 金魚の飼い方・育て方
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。