トップページ  サイトマップ  運営者情報  リンク集

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 季節の花ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンクをひと押し、応援いただけるとうれしいです。(^o^)
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ



●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。 当サイトに掲載している野花の写真(画像)は、すべてフリー素材写真(画像)として自由にお持ち帰りいただけます。お持ち帰り方法は、写真(画像)のご使用についてのページをご覧ください。
  トップページ  サイトマップ  運営者情報  リンク集

セリ(芹)の花言葉と青汁と

2010年06月27日 21:30

 梅雨空から舞い降りる霧雨のなか、また”日野の森”へ出かけてみました。

”セリ(芹)の花咲く日野の森”

写真の撮影地 京都市伏見区日野 (日野の森の写真をクリックすると大きな写真でご覧頂けます)

 京都の伏見区にある日野は、外環状線沿いに広がる市街からすこし山の方にあるせいか、いわゆる里山といった雰囲気の場所がたくさんあります。

 新旧立ち並ぶ住宅地を離れて、ほんの少し歩くだけで、こんな風景がごくあたりまえに広がっています。


”セリ(芹)の花咲く日野の森”

写真の撮影地 京都市伏見区日野 (日野の森の写真をクリックすると大きな写真でご覧頂けます)

 バルブが使える一眼レフなら、長時間露光を使ったこんな写真も、たやすいことなのですけれど、シャッター速度が直接制御できない私の古いコンデジでは、ちょっとした裏技を使わないとなかなか思い通りにはゆきません。

 せめて雰囲気だけでもお伝えできてたらいいな、なんて思ったりしています。


 木々の間を縫うように続くけもの道を抜けると、ちいさな渓流はすこし川幅も広くなって、流れもゆるやかになります。その流れの傍らで、こぼれるように咲くちいさな花を見つけました。


セリ(芹)の花

写真の撮影地 京都市伏見区日野 (セリ(芹)の花の写真をクリックすると大きな写真でご覧頂けます)


 ”セリ(芹)”です。

 セリ(芹)と聞くと、春の七草の、”せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ”を思い出される方もきっと多ことでしょうね。

 どちらかと言えば、早春の草花といった印象が強いセリ(芹)ですが、初夏から夏のさなかにかけて、こんなふうにちいさな白い花をいっぱい咲かせます。


セリ(芹)の花

写真の撮影地 京都市伏見区日野 (セリ(芹)の花の写真をクリックすると大きな写真でご覧頂けます)

 ひとつひとつの花は、その直径も、およそ5mmほどですから、かなり近寄ってごらんになったことのある方でなければ、その繊細で可憐な花の姿をご存知ないかもしれません。


 セリ(芹)の花言葉は、”清廉・高潔”なのだそうです。セリ(芹)のちいさな花は、そのひとつひとつが、花言葉にふさわしい美しい姿をしています。


セリ(芹)の花

写真の撮影地 京都市伏見区日野 (セリ(芹)の花の写真をクリックすると大きな写真でご覧頂けます)


  なんとか、そのあたりをお伝えできないかな。そこで、精一杯近寄ってみました。


 精一杯とはいっても、さすがに、古いコンデジのマクロですから、セリ(芹)の花の持つ雰囲気と繊細さがちゃんとお伝えできているか、心許ないかぎりですけれど。


 ちなみに、セリ(芹)は古くから日本の水辺近くに自生していたということもあって、8世紀頃の奈良時代から薬草としてもよく知られた草花です。


 古事記や万葉集にもそのまま、”せり”という名前で登場したりしています。


セリ(芹)の花

写真の撮影地 京都市伏見区日野 (セリ(芹)の花の写真をクリックすると大きな写真でご覧頂けます)

 私事ですが、まだ幼かった頃を過ごした故郷の村では、生のセリ(芹)の茎や葉を絞った汁を解熱剤として使っていました。

 雰囲気としては、今で言う”青汁”のようなものですが、さすがに野生種のセリは、スーパーなどで買える栽培品種とちがって、お世辞にもおいしいものではありません。


 もちろん、春先のセリの若葉はとてもおいしいですし、薬草としても、折り紙付きの一級品なのですけれど、さすがに青汁は、いけません。


当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 季節の花ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンクをひと押し、応援いただけるとうれしいです。(^o^)
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ



●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。 当サイトに掲載している野花の写真(画像)は、すべてフリー素材写真(画像)として自由にお持ち帰りいただけます。お持ち帰り方法は、写真(画像)のご使用についてのページをご覧ください。
  トップページ   サイトマップ   運営者情報   リンク集


コメント

  1. ミシャさん、ようこそいらっしゃいませ | URL | Gp06xE7A

    ミシャさん、はじめまして。

    ミシャさん、コメントありがとうございます。

    なにしろ、花がちいさいものですから、
    かなり知名度は低いですが、
    せりの花も、こうして近くで見ると、なかなかでしょ?


    私の故郷は、とんでもない山奥のちいさな村ですから、
    今でも、コンビニすらありません。

    いちばん近い町へゆこうにも、
    車で30分以上かかります。

    ですから、お薬といえば、決まって
    山道や谷沿いに生えている
    草や木の皮を煎じたりしたものだったりします。

    でも、けっこう効くんですよ、これが。
    せりもそんなお薬のひとつでした。

    よろしければ、またお越しくださいね。

    ありがとうございました。

  2. ミシャ | URL | JalddpaA

    Re: セリ(芹)の花言葉と青汁と

    せりって、七草粥のイメージしかなくて、まともに見たことがなかったんですが、こんなに綺麗な植物だったんですね!
    解熱剤にもなるなんて、勉強になりました^^

  3. ちびたさん、ようこそいらっしゃいませ | URL | Gp06xE7A

    ちびたさんのはぐれもの写真、とってもすてきです。

    ちびたさん、おひさしぶりです。

    セリの花も、なかなかいいものでしょう?

    言われてみると、
    たしかにガクアジサイに似た雰囲気もありますね。

    ちびたさんのはぐれもの写真、いいですね~。
    ついつい見入ってしまいました。

  4. ちびた | URL | tHX44QXM

    Re: セリ(芹)の花言葉と青汁と

    こんにちは、お久しぶりです!

    京都の日野は緑豊かでいいですね。
    写真からは梅雨時のうっとおしさではなく、水が豊かな森のイメージが伝わります。

    セリの花、初夏を感じさせるかわいい花ですね。
    このところアジサイばかり撮っていたので、ついつい額アジサイの花の
    部分だけを撮ったように見えてしまいます(^^;)

  5. popoさん、ようこそいらっしゃいませ | URL | Gp06xE7A

    芹のサラダ、おいしそうですね。

    お店で売っている栽培品種の芹は、
    程よい苦みとシャキシャキ感があって
    とてもおいしいですね。

    根は、保水性の良い土を入れた
    鉢植えで育てるとうまくいくと思いますよ。

    芹の花って、遠目に見ると
    なんだかホコリをかぶったみたいなかんじですが、
    思いっきり近寄ると、けっこうきれいでしょ。

    そうそう、軽い一眼なら、
    オリンパスのE-620(本体475g)とか、
    ペンタックスの*ist DS(本体505g)
    なんかがいいんじゃないかな。

    普通のデジタル一眼の半分の重さだし、
    サイズも小さめだから、
    手のちいさなpopoさんにいいかも、です。

    もちろん性能は十分ですし。
    お店で触らせてもらえるなら
    試してみるといいですよ。


    それからお体、大事にしてくださいね
    無理しないでくださいね。
    くれぐれも。

    それでは、また。
    ありがとうございました。

  6. popo | URL | DMUUwyv6

    Re: セリ(芹)の花と花言葉

    こんばんは~りんさん★

    先程夕食に偶然ですが、芹のサラダを食べました(ノ´▽`)ノ
    閉店間際に下がっていて、飛びついて買ってしまいました。
    偶然とはいえ、とても嬉しくなりました。
    初めてサラダで食べたの。
    そのように説明に書いてあったので、そうしてみました。
    ほろ苦さが何ともいえず、特別に美味しかったです。
    根がついてたので、ダメもとでも植えてみようかな~(笑)
    三つ葉のようにはいかないでしょうね。


    こんな綺麗な花が咲くんですね~
    日野の森の水が綺麗な所に咲いているんですね。

    初めてみました。可憐な姿~とっても素敵ですね~!
    随分沢山の花をつけるんですね~
    自然の中で咲いている姿、私も見てみたいです。

    花言葉が清廉高潔・・・そんな感じが伝わってきました。
    りんさんが撮ると花が活き活きしてて、ホントに綺麗です。

    森の雰囲気もよくわかります♪

    私も一眼が欲しいなぁ~て思っています。
    重くないものがあったらいいなって。
    でもコンデジでも、りんさんはこんなに綺麗に撮れるんですね~


    このところ変わり易い天気が続いています。
    ここ2日ほど体調を崩していました。
    りんさんも体調に気をつけて、元気で過ごされることを祈っていますね~v-22


コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://linghum.blog119.fc2.com/tb.php/262-0953c932
この記事へのトラックバック


最新記事


BBS7.COM
MENURNDNEXT
Flower Explorer資格取得支援情報室美容室・サロン設計ならビューティーデザインショップ無料ブログパーツ ブロパ.jp相互リンク.com相互リンク検索エンジン:暮らしと趣味婚礼のしきたりとマナー相互リンク集ブログ足の臭いの悩み・原因と対策・解消法 暮らしと資格の情報室 金魚の飼い方・育て方
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。