トップページ  サイトマップ  運営者情報  リンク集

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 季節の花ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンクをひと押し、応援いただけるとうれしいです。(^o^)
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ



●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。 当サイトに掲載している野花の写真(画像)は、すべてフリー素材写真(画像)として自由にお持ち帰りいただけます。お持ち帰り方法は、写真(画像)のご使用についてのページをご覧ください。
  トップページ  サイトマップ  運営者情報  リンク集

カタバミ(方喰)と妖精の住む国

2010年10月31日 12:17

 秋深まる伏見の野に、カタバミ(方喰)の花が咲いています。


カタバミ(方喰)

写真の撮影地 京都市伏見区日野 (カタバミ(方喰)の写真をクリックすると大きな写真でご覧頂けます)


 カタバミ(方喰)は、カタバミ科カタバミ属の多年草で、漢字で書くと”片喰”。片一方が食べられちゃったというような意味の名前なのですが、実はこの名前、夜になると葉を閉じる”就眠運動”のことを指しているのですね。


カタバミ(方喰)

写真の撮影地 京都市伏見区日野 (カタバミ(方喰)の写真をクリックすると大きな写真でご覧頂けます)


 写真でもご覧いただけると思うのですが、カタバミの葉は、ハートマークの形をしています。この葉が夕方以降になると、真ん中からふたつに折れて閉じる、という動作をします。

 すると、ハートマークが半分になりますね。それが、まるで片一方が食べられたように見える。それで”方喰”というわけです。

 カタバミの葉は、このハートマークの葉が一本の葉柄に3つ集まってひとつの葉を形成しています。こういう構造の葉を”シャムロック”と呼んだりします。クローバー(白詰草)もそうですね。

 シャムロックは、デザイン的にもバランスが良いせいか、いろんな企業のシンボルマークにも使われていますので、見たことがある方もきっと多いことでしょうね。日本史がお好きな方は、土佐の戦国大名、長宗我部元親の家紋もこのカタバミの葉をモチーフにしていることをご存知かも知れません。


カタバミ(方喰)

写真の撮影地 京都市伏見区日野 (カタバミ(方喰)の写真をクリックすると大きな写真でご覧頂けます)


 ”シャムロック”というと、私はいつも決まってある聖人のお話が心に浮かびます。


 その聖人のお名前は、”聖パトリック(セント・パトリキウス St.Patricius)” アイルランド最大のお祭りとして知られるセント・パトリクス・ディの主役(?)で、アイルランドの守護聖人として称えられているカトリックの宣教師さんです。


カタバミ(方喰)

写真の撮影地 京都市伏見区日野 (カタバミ(方喰)の写真をクリックすると大きな写真でご覧頂けます)


 この聖パトリックは、アイルランドにたくさん生育していたカタバミの葉を人々の前にかざして、父と子と聖霊が一体であるという、カトリックの”三位一体”の根本的な教理を教え広めた、といわれています。


 ”この葉をみてごらん。一見すると三つに分かれているように見えるだろう。でも、よく見ると一枚の葉なんだよ” そう言ってアイルランドの人々にキリストの教えを広めていったのだそうです。


 そして、この聖パトリックが他のどんな宣教師とも違うところ、それはアイルランドの人々に、その厳格さで知られるカトリックの教義を押しつけなかったこと。

カタバミ(方喰)

写真の撮影地 京都市伏見区日野 (カタバミ(方喰)の写真をクリックすると大きな写真でご覧頂けます)


 もともとアイルランドにはケルト神話に基づく土着の宗教がありました。ドルイド教ですね。誤解を恐れずに言えば”すべてのものには精霊が宿る”という考え方です。そこには、たくさんの妖精たちもいます。これは、すべてのものに神様が宿るという私たち日本の宗教観ととてもよく似ています。


 往々にして宗教というものは、人々を救済するという大義名分とは裏腹に、とても攻撃的で排他的な側面を持っています。本来その土地に古くから根付いている土着の神々を否定し、場合によっては土着の神々を悪魔にまでおとしめ、邪教と決めつけたがります。


 そして妖精たちは人々の心から消え去り、滅びてゆきます。


 ところが、聖パトリックはそれをしなかった。アイルランド土着の神々や妖精を受け入れたのです。こうしてアイルランドは、カトリックの世界で唯一、妖精がのびのびと生きられる国となりました。


 森の木々や、川のせせらぎや、野の花に囲まれて暮らすたくさんの神様や妖精たちは、きっと大喜びしたことでしょうね。


カタバミ(方喰)

写真の撮影地 京都市伏見区日野 (カタバミ(方喰)の写真をクリックすると大きな写真でご覧頂けます)

当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 季節の花ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンクをひと押し、応援いただけるとうれしいです。(^o^)
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ



●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。 当サイトに掲載している野花の写真(画像)は、すべてフリー素材写真(画像)として自由にお持ち帰りいただけます。お持ち帰り方法は、写真(画像)のご使用についてのページをご覧ください。
  トップページ   サイトマップ   運営者情報   リンク集


コメント

  1. popoさん、ようこそいらっしゃいませ。 | URL | Gp06xE7A

    寒くなってきましたね。

    popoさん、こんばんは。

    伏見では、朝夕の冷え込みも増し、
    あったかいベッドから
    なかな抜け出せなくなってきた、今日この頃です。

    シャムロックのお話、すてきでしょ。

    アイルランドの妖精になったpopoさんていうのも、
    すてきですね。

    これから、どんどん寒くなります。
    あったかくしてお過ごしくださいね。

    それでは、また。
    ありがとうございました。

  2. popo | URL | DMUUwyv6

    Re: カタバミ(方喰)と妖精の住む国

    おはようございます~りんさん★
    カタバミって真上からよく見ると奥がグリーンになっていて、新発見です♪
    シベの並び方がとても綺麗ですね~^^

    3枚目のお写真は特に気にいっています♪
    咲いてる姿が美しいですね♪

    就眠運動するところを毎日見て、陽がが昇ると起きて陽が沈むとしぼんでいく姿、何だか羨ましいなぁ~と感じることがあります(笑)

    カタバミのシャムロックのお話・・・興味深く拝見しましたよ~♪

    その背景を知ることによって、今度カタバミを見たらきっと楽しくなると思います~

    アイルランドの妖精になりたいです(笑)

    お忙しい中での更新どうもありがとぉ~v-22

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://linghum.blog119.fc2.com/tb.php/271-2913839e
この記事へのトラックバック


最新記事


BBS7.COM
MENURNDNEXT
Flower Explorer資格取得支援情報室美容室・サロン設計ならビューティーデザインショップ無料ブログパーツ ブロパ.jp相互リンク.com相互リンク検索エンジン:暮らしと趣味婚礼のしきたりとマナー相互リンク集ブログ足の臭いの悩み・原因と対策・解消法 暮らしと資格の情報室 金魚の飼い方・育て方
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。