トップページ  サイトマップ  運営者情報  リンク集

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 季節の花ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンクをひと押し、応援いただけるとうれしいです。(^o^)
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ



●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。 当サイトに掲載している野花の写真(画像)は、すべてフリー素材写真(画像)として自由にお持ち帰りいただけます。お持ち帰り方法は、写真(画像)のご使用についてのページをご覧ください。
  トップページ  サイトマップ  運営者情報  リンク集

タンポポ(蒲公英)の花のフリー写真(画像)素材

2012年01月07日 06:52

 このページでは、タンポポ(蒲公英)の花のフリー写真(画像)素材を掲載しています。

 気に入っていただけるタンポポ(蒲公英)の花の写真(画像)がありましたら、どうぞご自由にお持ち帰りください。



タンポポ(蒲公英)

写真の撮影地 京都市伏見区日野 (タンポポ(蒲公英)の写真をクリックすると大きな写真でご覧頂けます)


 タンポポ(蒲公英は、キク科タンポポ属 (Taraxacum) の多年草で、舌状花(ぜつじょうか)と呼ばれる小さな花弁(はなびら)が円盤状に折り重なるように咲く草花です。


 よく知られているように、日本のタンポポ(蒲公英)には、古くから日本に自生していた日本固有のタンポポ(蒲公英)と、比較的新しい時代に日本に持ち込まれた外来種のタンポポ(蒲公英)とが共存しています。


タンポポ(蒲公英)

写真の撮影地 京都市伏見区日野 (タンポポ(蒲公英)の写真をクリックすると大きな写真でご覧頂けます)


 数の上から言えば、”セイヨウタンポポ(西洋蒲公英)”とも呼ばれる外来種が圧倒的に多いと言われ、日本固有の”二ホンタンポポ(日本蒲公英)”は、次第にその姿を消しつつあると言われています。


タンポポ(蒲公英)

写真の撮影地 京都市伏見区日野 (タンポポ(蒲公英)の写真をクリックすると大きな写真でご覧頂けます)


 一般に、花の総苞片(そうぼうへん)と呼ばれる部分が反り返っているのが”セイヨウタンポポ(西洋蒲公英)”、反り返っていないのが日本固有の”二ホンタンポポ(日本蒲公英)”という見分け方が知られていますが、”セイヨウタンポポ(西洋蒲公英)”と”二ホンタンポポ(日本蒲公英)”の交配種(交雑種)もあり、必ずしも明確に区別できる、というわけではないようです。


タンポポ(蒲公英)

写真の撮影地 京都市伏見区日野 (タンポポ(蒲公英)の写真をクリックすると大きな写真でご覧頂けます)


当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 季節の花ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンクをひと押し、応援いただけるとうれしいです。(^o^)
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ



●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。 当サイトに掲載している野花の写真(画像)は、すべてフリー素材写真(画像)として自由にお持ち帰りいただけます。お持ち帰り方法は、写真(画像)のご使用についてのページをご覧ください。
  トップページ   サイトマップ   運営者情報   リンク集


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://linghum.blog119.fc2.com/tb.php/294-7d832779
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    BBS7.COM
    MENURNDNEXT
    Flower Explorer資格取得支援情報室美容室・サロン設計ならビューティーデザインショップ無料ブログパーツ ブロパ.jp相互リンク.com相互リンク検索エンジン:暮らしと趣味婚礼のしきたりとマナー相互リンク集ブログ足の臭いの悩み・原因と対策・解消法 暮らしと資格の情報室 金魚の飼い方・育て方
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。