トップページ  サイトマップ  運営者情報  リンク集

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 季節の花ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンクをひと押し、応援いただけるとうれしいです。(^o^)
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ



●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。 当サイトに掲載している野花の写真(画像)は、すべてフリー素材写真(画像)として自由にお持ち帰りいただけます。お持ち帰り方法は、写真(画像)のご使用についてのページをご覧ください。
  トップページ  サイトマップ  運営者情報  リンク集

秋空に背伸びするニラ(韮)の花

2014年09月04日 12:23

秋空に背伸びするニラ(韮)の花

写真の撮影地 京都府八幡市 秋空に背伸びするニラ(韮)の花の写真をクリックすると、大きな画像でご覧頂けます。

 空に向かってのびやかに背伸びをしているような、初秋のニラ(韮)の花です。私の住んでいるご町内は、広い田園地帯のすぐそばということもあってのことなのか、あちこちでニラ(韮)の花を見かけます。

 ニラ(韮、韭、Allium tuberosum)はヒガンバナ科ネギ属の多年草で、我が家の食卓でも、何かと重宝する緑黄色野菜

 調べてみると、天皇を中心とする日本の統一の由来を物語る日本最古の歴史書(712年(和銅5)献上 出典:広辞苑第五版)として知られる古事記には、加美良(かみら)という名前で呼ばれていたことが記されているのだとか。

 さらに、現存する最古の歌集である万葉集では久々美良(くくみら)、正倉院文書という記録には、彌良(みら)という名前で記述があるのだそうです。(出典:ウィキペディア)

 古代の日本の食卓でも、ニラは、何かと重宝するお野菜のひとつであったということなのでしょうか。

 古代では”みら”と呼ばれていたニラですが、白河上皇の専政的な政治で知られる院政期頃から現在の”にら”という呼び名が一般化するようになり、それがそのまま現在に至るということのようです。

 ちなみに、ウィキペディアのニラのページによると、ニラには地域によって様々な呼び名があるようで、これがけっこう面白いので、引用してご紹介してみたいと思います。

(ここから引用)
ふたもじ(二文字。千葉県上総地方)、じゃま(新潟県中越地方)、にらねぎ(韮葱。静岡県、鳥取県などの一部)、こじきねぶか(乞食根深。愛知県、岐阜県の一部)、とち(奈良県山辺郡、磯城郡)、へんどねぶか(遍路根深。徳島県の一部)、きりびら(沖縄県島尻郡)、ちりびら(沖縄県那覇市)、きんぴら(沖縄県那覇市)、んーだー(沖縄県与那国島)(引用おわり)

 千葉県上総地方のふたもじ(二文字)というのは、どこかしら知的というか文学的な、それでいてちょとえち(?)な雰囲気もあって素敵だなと思うのですが、愛知県、岐阜県の一部へ行くと、同じものが”こじきねぶか”(乞食根深)とよばれているのだそうな。なんだか、ふつうにかわいそう。

 きっと私だけなのでしょうけれど、それに比べると、沖縄県与那国島の”んーだー”のほうが、のどかな響きがあって、いいなと思えてきます。

 でもほんとに今でも、こんなふうにニラのことを呼んでいるのでしょうか。たとえば、岐阜県の八百屋さんに行って、”こじきねぶかください!”って言ったら、”はいはい!”とか朗らかな返事とともに、ふつうにちゃんとニラが買えるのでしょうか?


 とても興味あるところです。


 掲載写真は、無料のフリー素材としてご利用いただけます。気に入っていただけましたら、どうぞご自由にお持ち帰りください。写真のお持ち帰り方法につきましては、写真(画像)のご使用についてのページをご覧ください。


当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 季節の花ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンクをひと押し、応援いただけるとうれしいです。(^o^)
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ



●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。 当サイトに掲載している野花の写真(画像)は、すべてフリー素材写真(画像)として自由にお持ち帰りいただけます。お持ち帰り方法は、写真(画像)のご使用についてのページをご覧ください。
  トップページ   サイトマップ   運営者情報   リンク集


コメント

  1. 風と桃さん、おはようございます。 | URL | Gp06xE7A

    Re:秋空に背伸びするニラ(韮)の花

    風と桃さん、おはようございます。

    こちらでは、まるで春を思わせるような、
    背伸びする萌黄色と白のニラの花をあちこちで見かけます。

    ちなみに、こちらのスーパーでもやっぱり”にら”です。


    自然災害、ほんとに多いですね。

    何も所有しない野の花たちは、立ち直りも早いですが、
    人はそうもいきませんものね。心が痛みます。

    コメントありがとうございました。

  2. 風と桃 | URL | -

    Re:秋空に背伸びするニラ(韮)の花

    てんとう虫は春だけと思っていたのは私だけですね。韮の花なつかしくみとれました。呼び方がたくさんあるんですね。近辺のスーパーでは韮で販売です。自然災害が多く野の花たちも気の毒ですね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://linghum.blog119.fc2.com/tb.php/348-20108d7c
この記事へのトラックバック


最新記事


BBS7.COM
MENURNDNEXT
Flower Explorer資格取得支援情報室美容室・サロン設計ならビューティーデザインショップ無料ブログパーツ ブロパ.jp相互リンク.com相互リンク検索エンジン:暮らしと趣味婚礼のしきたりとマナー相互リンク集ブログ足の臭いの悩み・原因と対策・解消法 暮らしと資格の情報室 金魚の飼い方・育て方
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。