トップページ  サイトマップ  運営者情報  リンク集

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 季節の花ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンクをひと押し、応援いただけるとうれしいです。(^o^)
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ



●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。 当サイトに掲載している野花の写真(画像)は、すべてフリー素材写真(画像)として自由にお持ち帰りいただけます。お持ち帰り方法は、写真(画像)のご使用についてのページをご覧ください。
  トップページ  サイトマップ  運営者情報  リンク集

白花曼殊沙華と彼岸花

2014年10月03日 02:31

シロバナマンジュシャゲ(白花曼殊沙華)

写真の撮影地 京都府八幡市 シロバナマンジュシャゲ(白花曼殊沙華)の写真をクリックすると、大きな画像でご覧頂けます。


 9月も過ぎて、はや10月。近くの農道のあちらこちらで咲いていたヒガンバナの姿も、どこへやら。少々時期を逸した感もあるのですが、9月の終わりごろに撮ったシロバナマンジュシャゲ(白花曼殊沙華)です。

 シロバナマンジュシャゲの雄しべは6本あり、写真でもご覧いただけるかと思いますが、先端に花粉がないのが雌しべです。その日は、ちょうど雨が上がった後ということもあり、透き通るようなシロバナマンジュシャゲについた雫が、ひときわ美しい朝でした。


シロバナマンジュシャゲ(白花曼殊沙華)

写真の撮影地 京都府八幡市 シロバナマンジュシャゲ(白花曼殊沙華)の写真をクリックすると、大きな画像でご覧頂けます。


 こちらは別の日に撮ったシロバナマンジュシャゲです。場所は、水田に水を供給する大谷川の桜並木の下。水面に映る青空と白い雲を背にして咲く様子がとてもすてきだったのですが…。まだまだ未熟者です。


 まあ、それはそれとして。


 岡山県倉敷市にある重井薬用植物園のホームページによると、シロバナマンジュシャゲ(白花曼殊沙華)は、黄色い花色のショウキズイセン(鍾馗水仙)と赤い花色のヒガンバナ(彼岸花・曼殊沙華)との自然交配による雑種なのだそうで、”白花”マンジュシャゲとはいうものの、その花色は真っ白というよりはやや黄色がかったクリーム色のものや、薄紅色のぼかしが入るものが多いようです。

 重井薬用植物園によると、6枚の花びら(花被片)が大きく反り返るヒガンバナに対して、シロバナマンジュシャゲは反り返り方が穏やか…とあるのですが、自宅近くの農道のあちこちで咲いているのを見ると、ヒガンバナに負けないくらい花が反り返っているものもあって、やはり個体差ということなのでしょうね。


ヒガンバナ(彼岸花・曼殊沙華)

写真の撮影地 京都市伏見区日野 ヒガンバナ(彼岸花・曼殊沙華)の写真をクリックすると、大きな画像でご覧頂けます。


 写真は2007年の10月17日に、伏見区の日野というところで撮ったヒガンバナです。広辞苑によると、ヒガンバナは別名、カミソリバナ、シビトバナ、トウロウバナ、マンジュシャゲ、捨子花、天蓋花ともいうのだそうです。

 ちなみに、ヒガンバナとシロバナマンジュシャゲは、薬用植物という顔も持っていて、イー薬草ドット・コムによると、石蒜(せきさん)という生薬名で呼ばれ、むくみやインキン・タムシに効能があるのだとか。ただし、土の下の鱗茎はアルカロイド系の猛毒(塩基性有機化合物)なので、掘り出して食べたりしないようにご注意を…。


 たぶんいないでしょうけれどね。…… そんな人。


収穫を待つ稲穂

写真の撮影地 京都府八幡市 収穫を待つ稲穂の写真をクリックすると、大きな画像でご覧頂けます。


 そうそう、こちらでは近くの田んぼで稲刈りが始まりました。いよいよ秋本番といったところです。


 天高く馬肥ゆる秋の空…

写真の撮影地 京都府八幡市 天高く馬肥ゆる秋の空…の写真をクリックすると、大きな画像でご覧頂けます。


 掲載写真は、無料のフリー素材としてご利用いただけます。気に入っていただけましたら、どうぞご自由にお持ち帰りください。写真のお持ち帰り方法につきましては、写真(画像)のご使用についてのページをご覧ください。
当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 季節の花ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンクをひと押し、応援いただけるとうれしいです。(^o^)
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ



●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。 当サイトに掲載している野花の写真(画像)は、すべてフリー素材写真(画像)として自由にお持ち帰りいただけます。お持ち帰り方法は、写真(画像)のご使用についてのページをご覧ください。
  トップページ   サイトマップ   運営者情報   リンク集


コメント

  1. popoさん、こんにちは。 | URL | Gp06xE7A

    こちらこそありがとうございます。

    popoさん、こんにちは。
    ほんとうはもう少し早くUPする予定だったのですが…。σ(^_^;)

    ❤の形…、ほんとうですね!
    たしかに見えます!見えます!
    大きいのやらちいさいのやら、たくさんありますね。
    さすが、popoさんらしい、すてきな発見です。

    曼殊沙華という呼び名もいいですね。
    ちなみに沙は、うす絹という意味で、曼殊沙華は、
    見る者の心を優しくする天上に咲く花の名前なのだそうです。

    ぜんぶ広辞苑からの受け売りですけれどね…。σ(^_^;)

    コメントありがとうございました。
    お体に気をつけて…。それでは、また。

  2. popo | URL | DMUUwyv6

    Re:白花曼殊沙華と彼岸花

    おはようございます~りんさんお疲れさまです♪

    私の大好きな白花曼珠沙華UPしてくださってい嬉しいです。

    青い水田に映った空に白花曼珠沙華が映えて素敵な光景!

    そうそう赤い花とはそり方が違うんです。

    よくみると白い曼珠沙華、❤の形が見えてきませんか?
    上からみるともっとはっきりするのですが、
    この❤の形を見るのも秘かな楽しみなんです。

    黄色い花と赤い花との自然交配でできたものなんですね^^*

    なるほど、ですからピンクやクリームの色がが混ざっているんですね♪
    なかなか数が赤に比べて少ないので、探すのが大変です。

    彼岸花をあえて曼珠沙華と呼ぶのも好きです。

    稲穂も今の季節でしか見られない素敵な宝物!

    りんさんいつもありがとうですv-22




コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://linghum.blog119.fc2.com/tb.php/351-ba4bad33
この記事へのトラックバック


最新記事


BBS7.COM
MENURNDNEXT
Flower Explorer資格取得支援情報室美容室・サロン設計ならビューティーデザインショップ無料ブログパーツ ブロパ.jp相互リンク.com相互リンク検索エンジン:暮らしと趣味婚礼のしきたりとマナー相互リンク集ブログ足の臭いの悩み・原因と対策・解消法 暮らしと資格の情報室 金魚の飼い方・育て方
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。