トップページ  サイトマップ  運営者情報  リンク集

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 季節の花ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンクをひと押し、応援いただけるとうれしいです。(^o^)
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ



●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。 当サイトに掲載している野花の写真(画像)は、すべてフリー素材写真(画像)として自由にお持ち帰りいただけます。お持ち帰り方法は、写真(画像)のご使用についてのページをご覧ください。
  トップページ  サイトマップ  運営者情報  リンク集

土筆 (つくし)とオオイヌノフグリ

2015年03月16日 11:12

 このページでは、オオイヌノフグリと土筆 (つくし)のフリー素材写真(画像)をご紹介しています。写真をクリックすると、大きな画像でご覧頂けます。

 掲載写真(画像)は無料のフリー素材としてご利用いただけます。気に入っていただけるオオイヌノフグリと土筆 (つくし)の写真がありましたら、どうぞご自由にお持ち帰りください。


オオイヌノフグリ

写真の撮影地 京都府八幡市 オオイヌノフグリの写真をクリックすると、大きな画像でご覧頂けます。

 朝早く、わが家のシーズー犬”たく”を連れて、近くの農道を歩いている時に見つけたオオイヌノフグリです。咲いている時の姿もいいものですが、こうして、あともう少しで開こうとしている蕾もいいものです。


オオイヌノフグリ(星の瞳)

写真の撮影地 京都府八幡市 オオイヌノフグリの写真をクリックすると、大きな画像でご覧頂けます。

 これが花が開いている時のオオイヌノフグリです。昨年の2月28日に撮りました。オオイヌノフグリは。「星の瞳」「天人唐草」といった別名で呼ばれることもあります。


オオイヌノフグリ

写真の撮影地 京都府八幡市 オオイヌノフグリの写真をクリックすると、大きな画像でご覧頂けます。

 こちらは、昨年(2014年)の今日と同じ、3月16日に撮ったオオイヌノフグリ。みんなでいっしょに空を見上げるように咲いている姿に、いろんな表情があって、けっこう気に入っていたりします。



土筆(つくし)

写真の撮影地 京都府八幡市 土筆 (つくし)の写真をクリックすると、大きな画像でご覧頂けます。

 今朝の散歩で見つけた土筆(つくし)です。

 ”つくし誰の子スギナの子…” 

 土筆は土の中でスギナと根がつながっていて、スギナにさきがけて顔を出します。それぞれに役割があり、土筆は胞子をだすことから”胞子茎”と呼ばれています。それに対して、スギナは栄養茎と呼ばれています。

 
土筆(つくし)とオオイヌノフグリ

写真の撮影地 京都府八幡市 土筆 (つくし)の写真をクリックすると、大きな画像でご覧頂けます。

 こちらは、昨年の3月16日に撮った土筆です。

 胞子を出した土筆は、このあと枯れて姿を消し、そのあとスギナが背丈を伸ばします。その頃には、春爛漫の空の下、あたり一面が鮮やかな緑のスギナでおおいつくされます。


当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 季節の花ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンクをひと押し、応援いただけるとうれしいです。(^o^)
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ



●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。 当サイトに掲載している野花の写真(画像)は、すべてフリー素材写真(画像)として自由にお持ち帰りいただけます。お持ち帰り方法は、写真(画像)のご使用についてのページをご覧ください。
  トップページ   サイトマップ   運営者情報   リンク集


コメント

  1. 風と桃さん、おはようございます。 | URL | Gp06xE7A

    Re:土筆 (つくし)とオオイヌノフグリ

    風と桃さん、おはようございます。

    そうですか…。もう、一年になるのですね。
    月並みな言い方だけれど、月日が経つのは早いものですね。

    ”地球が存続する限り咲きつづけて欲しい”

    ほんとにそうですね。
    博物館の標本貸出カードに
    ”オオイヌノ…”
    なんて書かないとその姿を見ることができないなんて、
    嫌ですものね。σ(^_^;)

  2. 風と桃 | URL | -

    Re:土筆 (つくし)とオオイヌノフグリ

    こんにちは 昨年、フグリのアップに惹かれお邪魔をして1年です。
    小さい頃から絶えないフグリは地球が存続する限り咲きつづけて欲しいです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://linghum.blog119.fc2.com/tb.php/355-f2210643
この記事へのトラックバック


最新記事


BBS7.COM
MENURNDNEXT
Flower Explorer資格取得支援情報室美容室・サロン設計ならビューティーデザインショップ無料ブログパーツ ブロパ.jp相互リンク.com相互リンク検索エンジン:暮らしと趣味婚礼のしきたりとマナー相互リンク集ブログ足の臭いの悩み・原因と対策・解消法 暮らしと資格の情報室 金魚の飼い方・育て方
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。