トップページ  サイトマップ  運営者情報  リンク集

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 季節の花ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンクをひと押し、応援いただけるとうれしいです。(^o^)
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ



●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。 当サイトに掲載している野花の写真(画像)は、すべてフリー素材写真(画像)として自由にお持ち帰りいただけます。お持ち帰り方法は、写真(画像)のご使用についてのページをご覧ください。
  トップページ  サイトマップ  運営者情報  リンク集

蜜集めに忙しいミツバチ(蜜蜂)さんと、コマツナギ(駒繋ぎ)の花

2015年07月21日 08:04

 このページでは、蜜集めに忙しいミツバチ(蜜蜂)さんと、コマツナギ(駒繋ぎ)の花をご紹介しています。

 掲載写真(画像)は無料のフリー素材としてご利用いただけます。気に入っていただけるミツバチ(蜜蜂)さんとコマツナギ(駒繋ぎ)の花の写真(画像)がありましたら、どうぞご自由にお持ち帰りください。


コマツナギ(駒繋ぎ)の花


 写真の撮影地 京都府八幡市 コマツナギ(駒繋ぎ)の花の写真をクリックすると、大きな画像でご覧頂けます。


 近くの河原で咲いているマメ科のコマツナギ(駒繋ぎ)です。

 一見すると、つる性の草花のようにも思えるのですが、調べてみると、分類上は草本性の小低木、つまり「木」なのだそうです。こちらでは今、川沿いの道のあちらこちらで、淡いピンクの花を咲かせています。


コマツナギの花とミツバチ(蜜蜂)さん


 写真の撮影地 京都府八幡市 コマツナギの花とミツバチ(蜜蜂)さんの写真をクリックすると、大きな画像でご覧頂けます。

 よく見ると、花から花へと飛び回っている虫がいます。


コマツナギの花とミツバチ(蜜蜂)さん


 写真の撮影地 京都府八幡市 コマツナギの花とミツバチ(蜜蜂)さんの写真をクリックすると、大きな画像でご覧頂けます。

 どうやらミツバチ(蜜蜂)さんのようですね。写真では、ちょっと見にくいかもしれませんが、よく見ると、後ろ足に集めた蜜をくっつけています。


コマツナギの花とミツバチ(蜜蜂)さん


 写真の撮影地 京都府八幡市 コマツナギの花とミツバチ(蜜蜂)さんの写真をクリックすると、大きな画像でご覧頂けます。

  この写真だと、後ろ足に蜜をくっつけているのがお分かりいただけるのではないでしょうか。ミツバチ(蜜蜂)さんたちは、こんなふうに、集めた蜜を後ろ足にくっつけて巣まで持って帰るのだそうです。おもしろいですね。


コマツナギの花とミツバチ(蜜蜂)さん


 写真の撮影地 京都府八幡市 コマツナギの花とミツバチ(蜜蜂)さんの写真をクリックすると、大きな画像でご覧頂けます。

 それにしてもミツバチ(蜜蜂)さん、ほんとに忙しそうです。

 ちなみに、コマツナギ(駒繋ぎ)という名前は、枝や茎が馬(駒)をつなぎとめられるほど丈夫、ということで名付けられたのだそうです。


 コマツナギ(駒繋ぎ)のプロフィール(ウィキペディアより引用)

「引用ここから……」

 コナツナギ(学名 : Indigofera pseudotinctoria)は、マメ科の被子植物である。日本の本州から九州、朝鮮半島、中国に分布する。コマツナギは、日当たりの良い、原野、道端などに生える草本状の小型の低木である。根は、硬くて丈夫である。幹は高さ60 - 90cmで、径1.5cmぐらいになる。

 夏から秋にかけて葉腋から花柄を出し、長さ3cmばかりの総状花序をつけ、紅紫色の美しいチョウ状の花を開く。花は長さ5mm、小花柄は萼よりも短い。和名は「駒繋ぎ」という意味で、茎が丈夫で、馬をつなぎとめることができることから名付けられた。

「……引用ここまで」

 今回は、河原に咲くコマツナギの淡いピンクの花。そして花から花へと忙しく飛び回って蜜を集めるミツバチさんの様子をご紹介しました。

 掲載写真(画像)は無料のフリー素材としてご利用いただけます。気に入っていただけるミツバチ(蜜蜂)さんとコマツナギ(駒繋ぎ)の花の写真(画像)がありましたら、どうぞご自由にお持ち帰りください。


当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 季節の花ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンクをひと押し、応援いただけるとうれしいです。(^o^)
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ



●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。 当サイトに掲載している野花の写真(画像)は、すべてフリー素材写真(画像)として自由にお持ち帰りいただけます。お持ち帰り方法は、写真(画像)のご使用についてのページをご覧ください。
  トップページ   サイトマップ   運営者情報   リンク集


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://linghum.blog119.fc2.com/tb.php/364-e90dfaad
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    BBS7.COM
    MENURNDNEXT
    Flower Explorer資格取得支援情報室美容室・サロン設計ならビューティーデザインショップ無料ブログパーツ ブロパ.jp相互リンク.com相互リンク検索エンジン:暮らしと趣味婚礼のしきたりとマナー相互リンク集ブログ足の臭いの悩み・原因と対策・解消法 暮らしと資格の情報室 金魚の飼い方・育て方
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。