トップページ  サイトマップ  運営者情報  リンク集

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 季節の花ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンクをひと押し、応援いただけるとうれしいです。(^o^)
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ



●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。 当サイトに掲載している野花の写真(画像)は、すべてフリー素材写真(画像)として自由にお持ち帰りいただけます。お持ち帰り方法は、写真(画像)のご使用についてのページをご覧ください。
  トップページ  サイトマップ  運営者情報  リンク集

オランダミミナグサ(阿蘭陀耳菜草)早春の白

2008年01月20日 17:43

阿蘭陀耳菜草_01

 写真の撮影地 京都市伏見区日野 (写真をクリックすると、800×599 pixelでご覧頂けます)

 時折小雨とも小雪ともつかないものが降るどんよりとした空の下、近くの神社の境内周辺に、今にも咲きそうなオランダミミナグサ阿蘭陀耳菜草を見つけました。

 もともとこの辺りは、ヒメオドリコソウ(姫踊り子草)の群生地で、最近ではオランダミミナグサ阿蘭陀耳菜草の群生も見られるようになりました。

阿蘭陀耳菜草_02

 写真の撮影地 京都市伏見区日野 (写真をクリックすると、800×599 pixelでご覧頂けます)

 とはいえ、私は(日頃の行いが悪いせいか)、このオランダミミナグサ阿蘭陀耳菜草がきちんと花を咲かせているところを、ほんの数えるほどしか見たことがありません。

オランダミミナグサ阿蘭陀耳菜草じたいは、特別な野花ではありません。ごく普通にどこででも見ることができます。それなのに、ちゃんと咲いているところをなかなか見ることができないでいます。この日も、見ることはできませんでした。

阿蘭陀耳菜草_03

 写真の撮影地 京都市伏見区日野 (写真をクリックすると、800×599 pixelでご覧頂けます)

 オランダミミナグサ(阿蘭陀耳菜草)は明治時代の末頃に日本にやってきた、比較的新しい野花です。現在では、在来種のミミナグサ(耳菜草)よりも生育範囲を広げて、至るところで繁殖しています。

 ミミナグサ(耳菜草)の名前の由来は、葉がネズミの耳に似ているということからこの名前で呼ばれるようになったといわれています。全体が細かい毛で覆われていて、オランダミミナグサ(阿蘭陀耳菜草)の方が、在来種のミミナグサ(耳菜草)よりも毛深い感じです。

阿蘭陀耳菜草_04

 写真の撮影地 京都市伏見区日野 (写真をクリックすると、800×599 pixelでご覧頂けます)

 残念ながら写真ではご覧いただくことができませんが、5枚の真っ白い花びらの先端に深い切れ込みのある、とても端正で美しい野花です。


オランダミミナグサ(阿蘭陀耳菜草) ナデシコ科ミミナグサ属の越年草 Cerastium glomeratum

生育地   道端、畑、神社の境内など。
分 布   本州から南の地域。
開花期   3月~5月頃

 明治時代の末頃、ヨーロッパから日本にやってきた帰化植物です。

 元々日本に生育していたミミナグサ(耳菜草)の仲間であることから、”オランダ”ミミナグサと呼ばれるようになりました。”オランダ”という国名がついてはいますが、必ずしもオランダ原産というわけではないようです。

 在来種のミミナグサと姿形はほぼ同じですが、主な違いは、

 ミミナグサ(耳菜草)は茎や蕾が暗い紫色をしていることが多のに対して、オランダミミナグサ((阿蘭陀耳菜草)は、緑色であること。

 ミミナグサ(耳菜草)は、全体を覆う毛が目立たないのに対して、オランダミミナグサ((阿蘭陀耳菜草)は、細かい毛に覆われていて毛深い事。

  ミミナグサ(耳菜草)は、花柄が蕾の大きさの倍ほどに長いのに対して、オランダミミナグサ((阿蘭陀耳菜草)は申しわけ程度の長さしかない事、

 などが、挙げられています。

 真っ白い5枚の花びらが、V字型に枝分かれした茎の先にひとかたまりになって咲きます。

互いに向き合って生える柄のない2枚の葉が交互に十文字を描くように伸びるオランダミミナグサ((阿蘭陀耳菜草)の背丈は、大きなもので約50cmくらいにまで生長します。


当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 季節の花ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンクをひと押し、応援いただけるとうれしいです。(^o^)
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ



●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。 当サイトに掲載している野花の写真(画像)は、すべてフリー素材写真(画像)として自由にお持ち帰りいただけます。お持ち帰り方法は、写真(画像)のご使用についてのページをご覧ください。
  トップページ   サイトマップ   運営者情報   リンク集


コメント

  1. Re:かげさん | URL | -

     かげさん、お忙しい中ありがとうございます。

     ニュースで東京では今年初めての積雪があったとのこと。ニュース映像でも雪の降る東京の様子がながされていました。

     オランダミミナグサという名前に、私はいつも郷愁を感じます。ふるさとの佐賀が、長崎に近いせいか”オランダ”という言葉の響きに惹かれます。

     とはいえ、おっしゃるように写真に撮る際にはなかなか難しいものがありますね。特にマクロではなおさらです。

     こんなとき、昔使っていた一眼レフのNikonF3に三脚を立てて、PKR(コダクローム64PRO)でかっちりとした白い花を撮ってみたくなります。

     忙しくされていることはよいことですが、寒い中どうぞお体に気をつけてくださいますよう。

     ありがとうございました。

  2. かげ | URL | h8SlrcxY

    出張で新潟の方に行っていましたのでコメント遅くなりました。
    東京の方でも蕾が結構大きくなっているのを見かけました。
    この植物も写真を撮るのが難しく感じるんですよね。
    ひょろっとしていて的を絞りにくいのかなぁ・・・
    もう少しで咲きそうですね。

  3. Re:霧の中のあなたさん | URL | -

    霧の中のあなたさん、お忙しい中コメントありがとうございます。

     わりとどこにでもある草花なのですが、ことさら人の目を引くという存在でもないせいでしょうね。きっと。

     草むしりなどをしていると、毛深いせいか手袋(軍手)にまとわりつくというか、引っかかる感じがしてよく見るとこのオランダミミナグサだったりします。
     
     花はとても美しいのですが、それもこっそりと咲くようなところがありますので、なおさらといったところでしょうか。

     がんばってくださいね。

     ありがとうございました。

  4. 霧の中のあなた | URL | uMeLkLfQ

    お久しぶりです。

    始めてみる花です。見たこと無いですね~。
    こんぺいとうに見えなくも無いですね。いや、それはこじつけすぎかな……

    それでは失礼しますヾ(;´▽`A``アセアセ

  5. Re:優さん | URL | -

     優さん、ありがとうございます。

     どうしてなんでしょうね。なかなか思いっきり花が咲いたところを見せてくれないなんて。

     恥じらいなのか、ケチなのか……。

     たぶんオランダミミナグサの”時間”にじっくりつきあう余裕が私にないせいなのかもしれませんね。けっこうせっかちだから。

     優さんになら、見せてくれるかもしれませんね。

     ありがとうございました。

  6. 優 | URL | -

    こんばんは^^
    このお花 今年はまだ見てないですが
    たまに 見かけることがあります。

    そういえば 花が開いたところを 
    見たことないです^^;

    今度見つけたら 花が開くまで 
    時々観察してみようかなぁ^^




  7. Re:nanahusiさん | URL | -

     nanahusiさん、ありがとうございます。

     オランダミミナグサは、本州までが北限とされていますので、絶対とは言えませんが北海道では見ることができないと思います。(見せてあげたいけれど)

     外来種のすべてが強いわけではなく、在来種が太刀打ちできない能力を持った種が生き残り、勢力を拡大している、という事かもしれません。だから、注目を集めやすい。勢力を拡大できなかった弱い外来種は私たちに気づかれることもなく、滅ぶか片隅でひっそり生きているのかもしれません。

     それにしても、生き物の世界は不思議で複雑ですね。

     ありがとうございました。

  8. nanahusi | URL | -

    知らない花ばかり

     こんばんは。
     いつも、知らない花ばかり登場します。
    オランダミミナグサ、名前も姿も初めてです。
    自分が知らないだけかも知れませんが、非常に詳しいので勉強になります。
     それにしても、外から入ってきた草花は、ずいぶん強い生命力を持っていますね。昆虫などでも外来種は、生態系を脅かす存在になっていますし、なぜ広がっていくのでしょうか?

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://linghum.blog119.fc2.com/tb.php/69-41542d18
この記事へのトラックバック


最新記事


BBS7.COM
MENURNDNEXT
Flower Explorer資格取得支援情報室美容室・サロン設計ならビューティーデザインショップ無料ブログパーツ ブロパ.jp相互リンク.com相互リンク検索エンジン:暮らしと趣味婚礼のしきたりとマナー相互リンク集ブログ足の臭いの悩み・原因と対策・解消法 暮らしと資格の情報室 金魚の飼い方・育て方
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。