トップページ  サイトマップ  運営者情報  リンク集

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 季節の花ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンクをひと押し、応援いただけるとうれしいです。(^o^)
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ



●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。 当サイトに掲載している野花の写真(画像)は、すべてフリー素材写真(画像)として自由にお持ち帰りいただけます。お持ち帰り方法は、写真(画像)のご使用についてのページをご覧ください。
  トップページ  サイトマップ  運営者情報  リンク集

フユイチゴ(冬苺)早春の赤 。

2008年01月25日 01:09

冬苺_03

 写真の撮影地 京都市伏見区日野 (写真をクリックすると、800×599 pixelでご覧頂けます)

 自宅近くの雑木林を歩いてみました。そこは、地元の方が所有されている山林ですが、特に人の立ち入りを制限されているわけではないので、遠慮しながらも時々出かける私のお気に入りの場所です。

 ふと思い立って、いつもの散策コースを外れて歩いてゆくと、フユイチゴ冬苺の赤い実がいっぱいの場所に行き当たりました。この季節に実を結ぶ植物はけっして多くはありません。まして、安心して食べられる実となるとさらに少なくなります。そうした中での、フユイチゴ冬苺の赤い実は貴重です。

冬苺_04

 写真の撮影地 京都市伏見区日野 (写真をクリックすると、800×599 pixelでご覧頂けます)

 なるだけ大きな実をひとつつまんで食べてみると、ほどよい酸味にほのかな甘さがあって、私にとってはとても懐かしい味がしました。

冬苺_05

 写真の撮影地 京都市伏見区日野 (写真をクリックすると、800×599 pixelでご覧頂けます)

 ちいさな赤い粒のひとつひとつにはさらにちいさな種が入っていて、前歯で噛みつぶすときの”ぷちっ”という感触が子供の頃から好きでした。別においしいとか、何かの味がするとかではなく、”くせ”みたいなものです。

冬苺_06

 写真の撮影地 京都市伏見区日野 (写真をクリックすると、800×599 pixelでご覧頂けます)

 いい大人になった今でもこの”くせ”は治りそうにありません。もっとも、フユイチゴ(冬苺)にとっては、”子孫を残すための大切な種を、なんちゅうことすんねん!”とか、おもっているのかもしれませんが。

フユイチゴ(冬苺)バラ科キイチゴ属の常緑(蔓性)小低木 Rubus buergeri

生育地   山地、雑木林と草地の境界付近、
分 布   関東地方から九州、四国。
開花期   9~10月頃


 山地、特に日当たりのよい雑木林と草地の境界付近などで、地面を這うように蔓を伸ばし、時には低木に絡まるようにして群落を形成します。

 蔓や葉など、全体に短い毛に覆われていて、よく見ると小さくまばらな刺があります。このあたりはもともとフユイチゴ(冬苺)がバラ科であることを思わせる特徴といえます。

 匍匐する蔓から生える葉は、長さ5~10cmの葉先の丸いハート形で、葉の周辺は小さくギザギザ(鋸歯、きょし、といいます)があり、裏面はやはり蔓と同じ白く短い毛に覆われています。

 夏の終わりから秋口にかけて枝先や葉の腋に、どちらかといえば目立たない地味な白い花を5~10個ほど咲かせます。冬の初めの11月から2月頃までに鮮やかな赤い実をつけます。冬に実を結ぶ植物が少ない中、フユイチゴ(冬苺)の赤い実はやや酸味があるものの、おいしく食べることができる貴重な存在といえます。

 よく似た仲間に、ミヤマフユイチゴというのがありますが、こちらは葉の先がとがっていることや、葉の裏、葉柄や茎に棘が多いこと。萼の外面がほとんど無毛に近い事などから見分けることができます。


当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 季節の花ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンクをひと押し、応援いただけるとうれしいです。(^o^)
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ



●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。 当サイトに掲載している野花の写真(画像)は、すべてフリー素材写真(画像)として自由にお持ち帰りいただけます。お持ち帰り方法は、写真(画像)のご使用についてのページをご覧ください。
  トップページ   サイトマップ   運営者情報   リンク集


コメント

  1. Re:さざなみさん | URL | -

     さざなみさん、ありがとうございます。

     今の季節に、この透き通るように赤い実はほんとに貴重です。おっしゃるように、ほんとうに宝石のようですね。

     自然の作り出す色や形は、私たち人間が作り出すものとはやはりどこ違って、”穢れのない必然”を感じます。

     私たちは自分たちの目に美しく映るように意図しすぎるあまり、ひとつ間違うと”媚び”に似たあざとさがでてしまい興ざめしてしまうことがありますが、自然の作り出すものには、うすっぺらな”媚び”がありません。

     応援ありがとうございます。今私の背中に羽根が生えました。(舞い上がってます。うれしくて)

     ありがとうございました。


     

  2. Re:優さん | URL | -

     優さん、ありがとうございます。

     ブローチ。そうですね、こんなブローチがあったら、私も欲しい気がします。赤い実には、ルビーなんかがいいかもしれませんね。

     ひょっとしたら、ほんとにあるかもしれませんね。探してみようか、なんて思ったりしています。

     ありがとうございました。


     ありがとうございました。

  3. Re:かげさん | URL | -

     かげさん、ありがとうございます。

     子供の頃に、このフユイチゴを探して野山を歩いた経験があるので、”このあたりにありそうだな”というカンが働くせいかそれなりに見つけることができますが、そうでなければなかなか目につきにくい。かげさんのおっしゃるとおりだと思います。

     写真では鮮やかな赤色が目を引きますが、実際はかなり小さな実ですからなおさらですね。

     ありがとうございました。

  4. さざなみ | URL | LtMzB4og

    宝石のよう。。。

    こんな季節に赤い実なんて宝石のような輝きです((b´∀`))ネ♪
    秋のものが、冬まで残っているんじゃなくて、冬の実なんですよね?
    自然って不思議ですね。

    応援ポチッ♪

  5. 優 | URL | -

    こんばんは
    赤くって つやつや可愛いですね。
    ブローチに なりそう^^ 

  6. かげ | URL | h8SlrcxY

    おいしそうな実ですね。
    葉っぱがイチゴのイメージと違うから面白いですよね。
    うちの近くのところの物も食べられる実が少ないみたいで、探すのが大変でした。
    日陰の谷間なんかに多いから知らない人も多いでしょうね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://linghum.blog119.fc2.com/tb.php/71-a2b4616e
この記事へのトラックバック


最新記事


BBS7.COM
MENURNDNEXT
Flower Explorer資格取得支援情報室美容室・サロン設計ならビューティーデザインショップ無料ブログパーツ ブロパ.jp相互リンク.com相互リンク検索エンジン:暮らしと趣味婚礼のしきたりとマナー相互リンク集ブログ足の臭いの悩み・原因と対策・解消法 暮らしと資格の情報室 金魚の飼い方・育て方
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。