トップページ  サイトマップ  運営者情報  リンク集

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 季節の花ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンクをひと押し、応援いただけるとうれしいです。(^o^)
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ



●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。 当サイトに掲載している野花の写真(画像)は、すべてフリー素材写真(画像)として自由にお持ち帰りいただけます。お持ち帰り方法は、写真(画像)のご使用についてのページをご覧ください。
  トップページ  サイトマップ  運営者情報  リンク集

コハコベ(小繁縷)”たく”の散歩の道すがら。

2008年02月14日 01:34

コハコベ

写真の撮影地 京都市伏見区日野 (写真をクリックすると、800×599 pixelでご覧頂けます)

 朝早く仕事に出かける前に、我が家の愛犬”たく”を連れて散歩をしている時に見つけました。

 木の切り株に添うように茎を伸ばしています。もう何度かご紹介しているハコベの仲間で、がく片が花弁よりもやや長い(もしくはほぼ同じ)ことや、茎が赤紫がかっていること(写真にもぼんやりと写っているのがご覧頂けると思います)などから、コハコベ小繁縷のようです。

 通常ハコベ(繁縷)と云うとこのコハコベ小繁縷と、同じ仲間のミドリハコベのことを指します。春の七草のひとつで、”ハコベラ”と呼ばれたりもします。(スーパーで売っている”七草セット”なるものには、同じ仲間の”ウシハコベ”が入っている場合もあります)

 それほどおいしいというわけではないのですが、新春の瑞々しいハコベの若芽を見ると昔の人たちが七草に選んだ理由がわかるような気がします。

 ウシハコベ(牛繁縷)との違いは雌しべの数が3本であることと、草丈が低いこと。
 ミドリハコベは、名前のとおり、茎が緑色で、コハコベ小繁縷のように赤紫になることはないようです。

 有史以前に麦類の栽培が始まった頃に日本にやってきた帰化植物とする説と、大正時代頃にヨーロッパからやってきたとする意見があります。

 一般には、10月くらいまでが花期の限界とされていますが、地域や気候によっては、冬のさなかでも普通に咲いていたりします。


コハコベ小繁縷)ナデシコ科ハコベ属の一年草 Stellaria neglecta(ステラリア ネグレクタ)

 名前の由来

  ハコベ(繁縷)が初めて史書に登場するのは平安時代で、日本最古の本草書と言われる『本草和名』に波久倍良(はくべら)という記述が見られます。この波久倍良(はくべら)が、ハコベラに転化し、やがて、現在のハコベとなったといわれています。

 もともと日本固有のミドリハコベ(緑繁縷)に対して、コハコベ小繁縷は、明治時代に日本にやってきた帰化植物とされ、ミドリハコベ(緑繁縷)よりも小型であることから、”コハコベ(小繁縷”と呼ばれるようになったとされています。


 生育地    田んぼ、畑、道ばた、草地
 分 布    北海道~九州

 花 期    3月~9月
 花 色    白
 花弁の数   5枚
 花の大きさ  およそ5mm~7mm

 葉の形    卵形、鋸歯はなく葉の縁はなめらか
 葉のつきかた 対生(向かい合って生える)、茎の上部の葉は柄がない。

 別 名    十姉妹(ジュウシマツ)などの小鳥が好んで食べることから、ヒヨコグサとも呼ばれています。

 薬 効    主な成分はサポニン、フラボノイド、カロチノイド、ミネラルなどにより、止血、抗菌、解毒、美肌、また、産後、鼻血、打ち身などにも効果があるとされています。  

 花言葉    愛らしい ランデブー 追憶


 特徴と違い

 コハコベ(小繁縷)ミドリハコベ(緑繁縷)ウシハコベ(牛繁縷)共に、一見すると10枚の花弁(花びら)を持っているように見えますが、一枚一枚の花弁(花びら)が先端から深く切れ込んでいるために、そう見えるだけで、実際の花弁(花びら)は、5枚です。
 ウシハコベ(牛繁縷)との違いは、雌しべの数が3本であることと、草丈が低いこと。ミドリハコベ(緑繁縷)との違いは、共に雌しべは3本ですが、雄しべも3本であること、ミドリハコベ(緑繁縷)の茎が緑色なのに対して、コハコベ(小繁縷)の茎は赤紫がかっていること。


当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 季節の花ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンクをひと押し、応援いただけるとうれしいです。(^o^)
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ



●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。 当サイトに掲載している野花の写真(画像)は、すべてフリー素材写真(画像)として自由にお持ち帰りいただけます。お持ち帰り方法は、写真(画像)のご使用についてのページをご覧ください。
  トップページ   サイトマップ   運営者情報   リンク集


コメント

  1. Re:優さん、ありがとうございます。 | URL | -

     優さん、こんばんは。

     かわいいでしょ。でも、ほんとうはもっときらきら光るところを撮ったつもりだったんですよ。

     せっかくもらった特別な瞬間をちゃんと生かせる写真が撮れるようになりたい。がんばりますです。

     ありがとうございました。


     

     

  2. 優 | URL | -

    おはようございます。
    ちっちゃくて 可愛いですね♪
    背伸びした可愛い花を 
    切り株は 優しく抱っこしてるみたいです。

  3. Re:かげさん、ありがとうございます。 | URL | -

     かげさん、こんばんは。

     切り株が灰色だったせいで、確かに岩場に咲いてるみたいに見えますね。高山植物みたいなかんじです。

     花弁のない外来種ですか……、いろんなのがやってきてるんですね。

     暖かかったり寒かったりで、風邪を引きやすい頃ですから、お体には気をつけてくださいね。

     ありがとうございました。


     

  4. かげ | URL | h8SlrcxY

    なんだか岩場に咲いている花みたいですね。
    そういえば花弁の無い外来種が入ってきている話を聞いたことがあります。

    暖かくなったかなと思ったら、とても寒くなったり・・・
    春はまだまだ先ですね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://linghum.blog119.fc2.com/tb.php/78-eeb94d84
この記事へのトラックバック


最新記事


BBS7.COM
MENURNDNEXT
Flower Explorer資格取得支援情報室美容室・サロン設計ならビューティーデザインショップ無料ブログパーツ ブロパ.jp相互リンク.com相互リンク検索エンジン:暮らしと趣味婚礼のしきたりとマナー相互リンク集ブログ足の臭いの悩み・原因と対策・解消法 暮らしと資格の情報室 金魚の飼い方・育て方
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。