トップページ  サイトマップ  運営者情報  リンク集

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 季節の花ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンクをひと押し、応援いただけるとうれしいです。(^o^)
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ



●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。 当サイトに掲載している野花の写真(画像)は、すべてフリー素材写真(画像)として自由にお持ち帰りいただけます。お持ち帰り方法は、写真(画像)のご使用についてのページをご覧ください。
  トップページ  サイトマップ  運営者情報  リンク集

ヒメオドリコソウ(姫踊子草)

2008年03月12日 01:20

ヒメオドリコソウ

写真の撮影地 京都市伏見区日野 (写真をクリックすると、800×599 pixelでご覧頂けます)

 今日は、全国的に暖かい日だったようで、ニュースでは、すでに桜が咲いたところもあったとか。

 そんな日の午後の陽差しの中、自宅近くの雑木林をすこしゆくと、地元の方が所有する山林の中に、突然木立がとぎれて、暖かい陽差しが降り注ぐ、ぽっかりと開けたところがあります。それほど広くはないのですが、ここは季節ごとの野の花の群生地のような場所になっています。

 今は、ヒメオドリコソウ姫踊子草が草丈をのばして、もう薄い紅紫色の花がいっぱいです。本当の最盛期はもう少し先ですが、今年はいつもの年よりも早いかもしれません。

ヒメオドリコソウ

写真の撮影地 京都市伏見区日野 (写真をクリックすると、800×599 pixelでご覧頂けます)

 じつはこのヒメオドリコソウ姫踊子草)、明るい昼間ならそれほどでもないのですが、夕暮れ近くになると、ちょっと異様な感じに見えることがあります。ヒメオドリコソウ姫踊子草の群生が、コートを羽織った小人の集団が無言で立っているみたいに見えてくるのです。(ちょっとこわい感じです)

ヒメオドリコソウ

写真の撮影地 京都市伏見区日野 (写真をクリックすると、800×599 pixelでご覧頂けます)

 こんな角度から見ると、葉の間から首を突き出すようにしてあたりの様子をうかがっている、ピンク色をした動物のようにも見えてきます。

hotokenoza_03

写真の撮影地 京都市伏見区日野 (写真をクリックすると、800×599 pixelでご覧頂けます)

 この写真は、ヒメオドリコソウ(姫踊子草)の仲間、ホトケノザ(仏の座)です。昨年の11月にご覧いただいたものですが、同じ仲間なだけあって花の形はとてもよく似ています。けれど、葉の形やつきかたに特徴的な違いがあるので簡単に見分けることができます。

 ヒメオドリコソウ(姫踊子草やホトケノザ(仏の座)の花は、長い耳をしたアニメのキャラクターのようにも見えてきますね。

 そうそう、ヒメオドリコソウ(姫踊子草)もホトケノザ(仏の座)もシソ科の植物です。

 ”シソ”はもうご存じですよね。梅干しを漬けるときにいっしょ入れる、あの緑色や赤紫色の葉をした”シソ”です。ヒメオドリコソウ(姫踊子草)は、このシソの葉の特徴をホトケノザ(仏の座)よりも色濃く受け継いでいるせいか、シソの葉によく似た色と形をしています。(毛深いところは違いますが)

オオイヌノフグリ

写真の撮影地 京都市伏見区日野 (写真をクリックすると、800×599 pixelでご覧頂けます)

 ヒメオドリコソウ(姫踊子草)の足下には、オオイヌノフグリ大犬のふぐり)がコバルトブルーの星を散らしたように咲いています。オオイヌノフグリ大犬のふぐり)のもう一つの名前は”星の瞳”というそうです。

 もう少し季節が進むと、ヒメオドリコソウ(姫踊子草)オオイヌノフグリ大犬のふぐり)が脇にさがって、別の野の花がいっせいに咲き始めます。私のお気に入りのこの場所は、さながら、ちょっとした野の花のステージのようです。
 この山林を所有されている方のお話では、かつてはここに”フジバカマ”の群生も見ることができたそうです。

 ヒメオドリコソウ(姫踊り子草) シソ科オドリコソウ属の一年草(越年草) Lamium purpureum

 生育地   道端、畦、草地
 分 布   ヨーロッパ原産で、関東を中心とした本州、四国、九州)
 花 期   4月~6月

 ヨーロッパ原産の帰化植物で、明治時代に東京で確認されたのが最初だと言われています。オドリコソウと同属で、やや小振りなことから”ヒメ”オドリコソウと呼ばれるようになりました。もともと、東京を中心とした関東地域のみに生育していましたが、最近では日本中至る所で見ることができます。




オオイヌノフグリ大犬のふぐり ゴマノハグサ科クワガタソウ属の一年草(越年草) Voronica persica

 生育地   道端、空き地、田畑の畦など
 分 布   ヨーロッパ原産で、日本全国に分布
 花 期   2月~6月

 元々はヨーロッパ原産の帰化植物ですが、いまではすっかり日本の野花として定着しました。朝開く花は、その日の夕方には散ってしまいます。朝開いた直後でも、うかつに触るとぽろり、と落ちてしまう”あやうさ”を持った野の花です。

 名前のオオイヌノ”フグリ”とは、犬の陰嚢のことです。近縁種の”イヌノフグリ”という植物の実の形が犬の陰嚢に似ていることからつけられたのですが、そのイヌノフグリ”よりも大型だということで”オオイヌノフグリ”と呼ばれるようになりました。

 瑠璃唐草(るりからくさ)、天人唐草(てんにんからくさ)、星の瞳という美しい別名でよばれることもあります。


当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 季節の花ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンクをひと押し、応援いただけるとうれしいです。(^o^)
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ



●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。 当サイトに掲載している野花の写真(画像)は、すべてフリー素材写真(画像)として自由にお持ち帰りいただけます。お持ち帰り方法は、写真(画像)のご使用についてのページをご覧ください。
  トップページ   サイトマップ   運営者情報   リンク集


コメント

  1. さざなみさん、ありがとうございます。 | URL | -

     さざなみさん、こんばんは。コメントありがとうございます


     この季節、花粉症を抱えている方にとっては、本当に複雑な季節ですね。花粉になどびくともしなかったはずの田舎者の私も、数年前からひどい鼻づまりと、のどの炎症で声まで変わってしまいます。(”ホクナリンテープ”のお世話になっています。気管支ぜんそくともお友達です)

     梨の木や自然に囲まれたお医者様ですか。そこだけ伺うと、とてもすてきな感じがしますが、花粉症がピークということなら、そうもいってられませんよね。

     星の瞳、星野瞳、ほしのひとみ……、ほんとですね。なんで気がつかなかったんだろ。

     ありがとうございました。(お体に気をつけてくださいね)

  2. さざなみ | URL | LtMzB4og

    春めいてきました((b´∀`))ネ♪

    すっかり春めいて来て、もちろん花粉症の症状もピークで、嬉しいやら悲しいやら(笑)。。。
    先日、その花粉症の薬を処方してもらうためにお医者へ向かう時、ホトケノザのピンクの絨毯を見ました♪
    (お医者は梨の木とか自然が溢れる中にあります)
    写真は撮れませんでしたが、そういう季節になったのね、と思いました。
    「星の瞳」という別名のオオイヌノフグリ。
    星野ひとみちゃん(笑)、そんなお友だちがいそうです(*'ー'*)ふふっ♪

  3. かげさん、ありがとうございます。 | URL | -

     かげさん、こんばんは。

     やはり、かげさんのお気に入りの場所にも同じようなところがあったのですね。これから山へ入る折りには、”かげさんところにもこんな場所がきっとあるんだろうな”なんてことを思いめぐらしながら歩くと、また違った楽しさがありそうです。

     山間でウグイスカグラのサーモンピンクのような花色を見かけると、つい立ち止まってしげしげと見入ってしまいます。こちらでは、あまり見かけることが少ないような気がしますし。

     昔九州で暮らしていた頃のことですが、ウグイスカグラの、赤く熟した実をとって食べようとしたとき傍にいた祖父があわてて、”そりゃならん!”と怒鳴られたことがあります。

     その時の実はウグイスカグラではなく同じスイカズラ科の”ヒョウタン木”の実でした。猛毒の実ですよね。

     野山には、知らないと怖いことがある、とそのとき知りました。

     ありがとうございました。

  4. かげ | URL | h8SlrcxY

    まさに春ですねぇ・・・
    よく行くフィールドにも似たような場所があります。
    群生しているところは華やかでいいですよね。
    先日、別な場所で観察会をしましたが、コースには何故かヒメオドリコソウも、ホトケノザもオオイヌノフグリも少なかったです。
    ウグイスカグラも蕾でした。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://linghum.blog119.fc2.com/tb.php/91-02058f17
この記事へのトラックバック


最新記事


BBS7.COM
MENURNDNEXT
Flower Explorer資格取得支援情報室美容室・サロン設計ならビューティーデザインショップ無料ブログパーツ ブロパ.jp相互リンク.com相互リンク検索エンジン:暮らしと趣味婚礼のしきたりとマナー相互リンク集ブログ足の臭いの悩み・原因と対策・解消法 暮らしと資格の情報室 金魚の飼い方・育て方
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。