トップページ  サイトマップ  運営者情報  リンク集

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 季節の花ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンクをひと押し、応援いただけるとうれしいです。(^o^)
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ



●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。 当サイトに掲載している野花の写真(画像)は、すべてフリー素材写真(画像)として自由にお持ち帰りいただけます。お持ち帰り方法は、写真(画像)のご使用についてのページをご覧ください。
  トップページ  サイトマップ  運営者情報  リンク集

アスファルトに咲くミドリハコベ

2008年03月16日 10:50

ミドリハコベ

写真の撮影地 京都市伏見区醍醐 (写真をクリックすると、800×599 pixelでご覧頂けます)

 醍醐寺へ向かう裏通りのアスファルトの間から、ミドリハコベ緑繁縷が草丈をのばし、白い花を咲かせています。

 今更の事ですが、野に咲く花たちのたくましさに励まされることがあります。十分な土もないはずの石垣の隙間から、割れたアスファルトの間から、むしられても踏まれてもあきらめもせず背丈を伸ばし、花を咲かせ実を結ぶ。

ミドリハコベ

写真の撮影地 京都市伏見区醍醐 (写真をクリックすると、800×599 pixelでご覧頂けます)

 陽射しが心地よさそうですね。もうすこし近づいてみましょう。

 この世界に生まれ落ちる場所や環境を自分で選べない事は私たちも野の花も同じですが、一度生まれ落ちた後、私たちはそのときどきに応じて生き方や生きる場所を選ぶことができます。極端なことを言えば、自分の好き勝手に生きることができる。

ミドリハコベ

写真の撮影地 京都市伏見区醍醐 (写真をクリックすると、800×599 pixelでご覧頂けます)

 けれど、野の花はそれができません。種がどこに落ちるのか、どこに運ばれるのか、風まかせ、虫まかせ、鳥まかせ、運まかせです。
 芽を出した後で、”これままずった、しくじった!”、そう思っても私たちのように他所に移るということができません。そこで生きるしかない。

 突然の環境の変化にも耐えるしかない。自分を環境に適応させるしかない。そこに野の花たちの生きる知恵が生まれる。

ミドリハコベ

写真の撮影地 京都市伏見区醍醐 (写真をクリックすると、800×599 pixelでご覧頂けます)

 こんな小さく可憐なミドリハコベ(緑繁縷などの野の花たちも、そんな”いちかばちか”の厳しい世界で生きているのだ思うと無性にいとおしくなります。自分はこんな年になってもまだまだ”甘えてるな”、そう思います。

 余談ですが、このミドリハコベ(緑繁縷や同じ仲間のコハコベ(小繁縷)には、”アサシラゲ”という別名があります。この名前の由来を調べてみると、遠い昔このハコベを歯磨きに使っていた事からそう呼ばれるようになったらしい、ということがわかりました。

 もう少し詳しく言うと、ハコベからとった青汁に塩を加え、アワビの貝殻で煮詰める、乾いたらまた青汁を加え煮詰める、を繰り返してできたものを歯磨きとしていたとのことです。”朝(アサ)”に歯を”白くする(シラゲる)”で、”アサシラゲ”ということだそうです。

 ハコベたちはずっと遠い昔から、私たちの生活と深い縁があったのですね。


 ミドリハコベ(緑繁縷 ナデシコ科ハコベ属の越年草  Stellaria neglecta

 生育地   畑、田んぼの畦、道端
 分 布   日本全国
 花 期   3月~10月
 花 色   白
 草 丈   10cm~30cm 

 通常ハコベ(繁縷)と云うとこのミドリハコベ(緑繁縷と、同じ仲間のコハコベ(小繁縷)のことを指します。春の七草のひとつで、”ハコベラ”、”アサシラゲ”と呼ばれたりもします。(スーパーで売っている”七草セット”なるものには、同じ仲間の”ウシハコベ”が入っている場合もあります)

 それほどおいしいというわけではないのですが、新春の瑞々しいハコベの若芽を見ると昔の人たちが七草に選んだ理由がわかるような気がします。

 ウシハコベ(牛繁縷)との違いは雌しべの数が3本であることと、草丈が低いこと。
 ミドリハコベは、名前のとおり、茎が緑色で、コハコベ(小繁縷)のように赤紫になることはないようです。

 有史以前に麦類の栽培が始まった頃に日本にやってきた帰化植物とする説と、大正時代頃にヨーロッパからやってきたとする意見があります。

 一般には、10月くらいまでが花期の限界とされていますが、地域や気候によっては、冬のさなかでも普通に咲いていたりします。


当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 季節の花ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンクをひと押し、応援いただけるとうれしいです。(^o^)
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ



●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。 当サイトに掲載している野花の写真(画像)は、すべてフリー素材写真(画像)として自由にお持ち帰りいただけます。お持ち帰り方法は、写真(画像)のご使用についてのページをご覧ください。
  トップページ   サイトマップ   運営者情報   リンク集


コメント

  1. オサさん、ありがとうございます。 | URL | -

     オサさん、コメントありがとうございます。

     オサさんのように、すてきな写真が私にも撮れるといいのですが。

     拙い写真ながら、すこしでも春の陽射しの暖かさを感じていただけたのなら、もうそれだけでうれしいです。

     ありがとうございました。

  2. オサ | URL | -

    ハコベの写真にもう春は確実に来ているんだなあ、と感じました。

    暖かな日差しが良いですね。

  3. 霧の中のあなたさん、ありがとうございます。 | URL | -

     霧の中のあなたさん、こんばんは。

     こちらこそ、ご無沙汰してごめんなさい。もう、すっかり大丈夫ですが、おもいっきり風邪をひいたりしていました。

     そうかと思うと、いま花粉症で鼻は詰まるわ、ぜんそくで声はかれるわでたいへんです。でも、慣れました。

     ご卒業、ほんとうにおめでとうございます。

     ”自らの運命に負けないで真っ直ぐ生きていく”力強い言葉、とてもうれしく思います。”風に立つライオン”の姿が心に浮かびます。

     気分転換のお役に立てるなら、いつでもお越し下さい。待ってます。

     ありがとうございました。


     

  4. 花音さん、ありがとうございます。 | URL | -

     花音さん、こんばんは。

     ハコベの仲間は、みんなこんな花弁をしているんですよ。一見すると、10枚のように見えますが、実は5枚で、一枚づつ深く切れ込んでいます。花音さんの言われるとおり”ハート型”になっていて、なかなかでしょ。

     そちらでももうホトケノザが咲いているとのこと、春はやっぱり、いいものですね。

     すてきと言えば、花音さんのブログ、リニューアルしたんですね。びっくりしました。とってもすてきです。(さすが!)

     ありがとうございました。

  5. 霧の中のあなた | URL | uMeLkLfQ

    お久しぶりです。長いことご無沙汰しとりました><;

    無事受験にも合格し、卒業できまして……

    植物は何処に生まれようともそこで生きるしかない。それは私たちも一緒ですね。自らの運命に負けないで真っ直ぐ生きていくしかありません。

    またちょくちょくお邪魔させていただきます。
    今後ともよろしくお願いいたします。

  6. 花音 | URL | -

    ハート

    花びらの付き方が面白いですね。
    ハートが集まってて可愛い♪
    じっくり見たことが無かったので見逃してました。

    こちらもいつの間にかあちこちに、仏の座のピンクの絨毯が広がっていました。
    やっぱり春はわくわく♪します。

  7. かげさん、ありがとうございます。 | URL | -

     かげさん、おはようございます。

     ”ヤドリギ”拝見いたしました。名前くらいは聞いたことがあったのですが……。不思議な植物ですね。

     これは知恵というよりも、むしろ綿密にプログラムされた戦略といったほうがいいのかもしれませんね。

     ちゃんと木の枝に着床させるための戦略。鳥の消化器官を通過する際により発芽を促す”しかけ”。どれをとっても、すごいの一言です。

     とても良い勉強をさせていただきました。

     ありがとうございました。

  8. かげ | URL | h8SlrcxY

    種子だけを見ても、たくさん作ったり、遠くへ飛ばしたり、土の中で長い年月耐えたり・・・
    挙げていったらきりが無いくらい、いろんな技を持っていますよね。
    日曜日は久しぶりに野山を散策しましたが、まだ少し早かったようです。
    先日、変わった植物の話をエントリーしたので、よろしければご覧くださいませ。(http://coppicenote.blog89.fc2.com/blog-entry-137.html

  9. さざなみさん、ありがとうございます。 | URL | -

     さざなみさん、こんばんは。

     私も花屋さんにはよく行きますよ。宇治市の”COUNTRY LIFE”というところです。

     園芸品種の花、特に栽培農家の方たちが苦労をして、長い時間をかけて育てられた花を見に行きます。ときどきため息が出るほどすてきな花に出会います。まさに人の力と植物の力の結晶ですね。

     最近、ある園芸農家の方の育てられる”サイネリア”がとても気に入ってます。最新作をサイドバーにのせておきますので、よろしければご覧になってみてください。

     ハイブリッドティーローズ……。薔薇はほんとにすてきですね。私も自宅の玄関脇で、”チャールストン”という薔薇を育てています。花の色が変化する薔薇です。でも、私の思いやりが足りないせいか、なかなかうまく咲いてくれません。

     人もそうであるように、園芸品種であれ野に咲く花であれ、花それぞれにほかのものではけっして代わることができない魅力があるものですね。

     さざなみさんのおっしゃる通りだと思います。ほんとうにそのとおりだと思います。

     ありがとうございました。

  10. さざなみ | URL | LtMzB4og

    可憐。

    ハコベってこんなに可憐で、でも決して弱々しくなくて、凛とした強ささえ感じる花だったんですねぇ。
    昨日、今日とスッカリ春爛漫、気温もかなり上がってます。
    そういえばホトケノザが2・3本咲いていたのを見つけ、ケータイカメラですが撮って見ました。
    ホトケノザ、オオイヌノフグリ、そしてハコベやナズナ。
    可憐なのに強く生きている。
    花屋さんのお花は確かに鮮やかで綺麗ですし、ハイブリッドティローズなんかが好きだったりするクセして、野の花のそんな美しさも負けないと思ってます。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://linghum.blog119.fc2.com/tb.php/92-1829c650
この記事へのトラックバック


最新記事


BBS7.COM
MENURNDNEXT
Flower Explorer資格取得支援情報室美容室・サロン設計ならビューティーデザインショップ無料ブログパーツ ブロパ.jp相互リンク.com相互リンク検索エンジン:暮らしと趣味婚礼のしきたりとマナー相互リンク集ブログ足の臭いの悩み・原因と対策・解消法 暮らしと資格の情報室 金魚の飼い方・育て方
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。