トップページ  サイトマップ  運営者情報  リンク集

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 季節の花ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンクをひと押し、応援いただけるとうれしいです。(^o^)
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ



●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。 当サイトに掲載している野花の写真(画像)は、すべてフリー素材写真(画像)として自由にお持ち帰りいただけます。お持ち帰り方法は、写真(画像)のご使用についてのページをご覧ください。
  トップページ  サイトマップ  運営者情報  リンク集

花曇りの空とナノハナ(菜の花)と

2008年03月23日 19:02

菜の花

写真の撮影地 京都市伏見区久我 (写真をクリックすると、800×599 pixelでご覧頂けます)

 ここ最近の夜更かしが祟ったのか、あるいは春のせいなのか、いつもの時間に起きることもできず、昼をすぎるころまでどこかしらぼんやりしていました。

 外に出てみると、空が曇っています。暗いという程でもないこんな空をきっと”花曇り”というのでしょうね。

 午後からでかけた買い物の帰りに、伏見の桂川沿いをゆるゆると車を走らせていると、ナノハナ菜の花の黄色が見えてきました。川幅の狭くなったところにしばらく車を止めて、写真に撮ってきました。まだちらほら咲きといったところですが、やっぱり”春がきた”かんじです。

菜の花

写真の撮影地 京都市伏見区久我 (写真をクリックすると、800×599 pixelでご覧頂けます)

 ここ桂川周辺には、伏見の酒で有名な黄桜酒造(キザクラ・カッパカントリー資料館)や月桂冠・大倉記念館などがあります。桜の花を愛でながらのお酒もいいですが、ふと菜の花が飲みたくなりました。

菜の花

写真の撮影地 京都市伏見区久我 (写真をクリックすると、800×599 pixelでご覧頂けます)

 菜の花酒というのは、私が勝手につけた名前で作り方は簡単です。シェーカーに日本酒を入れてしばらく”シャカシャカ…シャカシャカ”。ちょっと泡だった日本酒に摘んできたナノハナ(菜の花)を落としてできあがりです。

菜の花

写真の撮影地 京都市伏見区久我 (写真をクリックすると、800×599 pixelでご覧頂けます)

 日本酒の通の方には、”せっかく丹精した酒を泡立ててどないしまんねん。そりゃ邪道でっせ”とか言われそうですが、口当たりが軽くまろやかになって飲みやすくなります。外で日本酒をいただくときには、けっこうおいしく感じられますよ。

 ちなみに、、黄桜酒造(キザクラ・カッパカントリー資料館)や月桂冠・大倉記念館の敷地内には、”伏水”、”さかみず”という名水をいただくこともできます。

菜の花

写真の撮影地 京都市伏見区久我 (写真をクリックすると、800×599 pixelでご覧頂けます)

 うちに帰ってから、”花曇(り)”を広辞苑で調べてみると、”桜の咲く頃、空が薄く曇っていること。春の季語”とありました。

 東京や熊本では桜が咲いたとか。いよいよ春なんですね。


当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 季節の花ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンクをひと押し、応援いただけるとうれしいです。(^o^)
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ



●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。 当サイトに掲載している野花の写真(画像)は、すべてフリー素材写真(画像)として自由にお持ち帰りいただけます。お持ち帰り方法は、写真(画像)のご使用についてのページをご覧ください。
  トップページ   サイトマップ   運営者情報   リンク集


コメント

  1. さざなみさん、ありがとうございます。 | URL | -

     さざなみさん、こんばんは。

     昔の日本人の”移ろいゆくもの”を見つめる繊細な感性というのでしょうか、季節や色や匂いや音や、静けさや雪や雨の降る様子にさえ幾通りもの表現を残してくれています。

     そのどれもが、西洋の言葉にあるストレートで”写実的な美しさ”だけではない、”心のありよう”をも写すところに日本語のすばらしさがあると感じています。

     さざなみさんのお言葉にある”季節の香りや吹く風の色”という、たおやかな表現もとてもすてきです。

     ほんとに、”日本人でよかった”です。 なんだかうれしいですね。

     ひまわりの”ついておいでよ”、っていうのもなるほどです。
     同じようにお日様に向かってしゃんと咲いているひまわりと菜の花の趣の違いが、短い言葉ですが、よく伝わってきます。それこそ、きっとさざなみさんの”感性”なのでしょうね。

     実を言うと、今日の菜の花の写真は、思いっきり黄色がかぶっています。
     ほんとはカラーバランスをいじるべきなのでしょうけれど、そのままにしました。偶然にもさざなみさんがおっしゃった”風(空気)の色”を残したい気分でしたから。

     ありがとうございました。


     

  2. さざなみ | URL | LtMzB4og

    朧月夜~♪

    ~( ´∀`)ノ☆ おはよぉ♪
    花曇り、日本人特有の言葉ですよね。
    なんてその季節の香りまで表現しているんでしょう。言葉からその季節の香りや吹く風の色まで伝わってくる、そしてそれを感じられる日本人で良かったです。
    菜の花は、可憐というよりはたくましささえ感じます。人の生活を支えた植物だからでしょうか?
    その黄色には元気が溢れているけれど、向日葵のような「ついておいでよ」な感じではなく、優しく包んでくれるように思います。
    本当に綺麗です。

  3. かげさん、ありがとうございます。 | URL | -

     かげさん、おはようございます。

     菜の花、おいしそうですね。それにかんたんそうですし、こんどいただいてみますね。

     ”蒼空”がおすきなんですか。今町にある藤岡酒造さんところでは、蔵を見ながらお酒をいただけるバーカウンターなんてのもありますよ。機会があれば、ぜひいちどおこしください。

     ありがとうございました。

  4. かげ | URL | h8SlrcxY

    菜の花は愛でてよし、食べてよしですね。
    茹でた菜葉に鰹節と海苔をたっぷり散らして、醤油を回しがけ、さらに熱したごま油をじゅ~とかけたのをよく食べます。
    これ、簡単で美味しいんですよ。
    そうそう伏見といえば藤岡酒造の蒼空が好きです。
    一度はのぞいてみたい酒蔵なんですよ。

  5. 優さん、ありがとうございます。 | URL | -

     優さん、こんにちは。

     からりと晴れ渡った空の青と菜の花の黄色というのもすてきですが、こんな日の菜の花もいいものですね。優さんのおっしゃるように、”おしとやか”なかんじがします。

     これから日ごとに暖かくなって、やっぱり春っていいものですね。

     ありがとうございました。

  6. 優 | URL | -

    おはようございます。
    菜の花 可愛いですよね。
    曇りの日の菜の花は 少しおしとやかな感じかな^^

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://linghum.blog119.fc2.com/tb.php/95-527f48c7
この記事へのトラックバック


最新記事


BBS7.COM
MENURNDNEXT
Flower Explorer資格取得支援情報室美容室・サロン設計ならビューティーデザインショップ無料ブログパーツ ブロパ.jp相互リンク.com相互リンク検索エンジン:暮らしと趣味婚礼のしきたりとマナー相互リンク集ブログ足の臭いの悩み・原因と対策・解消法 暮らしと資格の情報室 金魚の飼い方・育て方
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。